暮らしを差別化する家づくり

「家」は、

それそのものが収益を生まないし、

とてつもなく長い期間、

ずっとその返済に縛られることから、

「絶対に建てない方がいい」

とお考えになる方も

いらっしゃると思います。

 

しかし、個人的には、

出来ることならばみんな

家を建てた方がいいと考えています。

 

理由は2つ。

1つは、家を建てた時点で、

家族への保障が手厚くなるから。

そして、もう1つは、

家を建てることによって、

暮らしの基盤が整うからです。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、この2つを

もう少し掘り下げてご説明します。

 

1つ目の話は、

ちょっとシュールな話になりますが、

大切な話なので

このままお付き合いください。

 

✔︎「家族への保障が手厚くなる」とは?

 

家を建てる時、

大半の方が住宅ローンを組みますが、

住宅ローン金利の中には、

団体信用生命保険という

生命保険の掛け金も含まれてます。

 

なので、ローンの債務者に

もしものことが起こった場合、

その保険が実行され、

住宅ローン残額はゼロ円になります。

 

となると、毎月の返済が

ゼロになるのですが、

とはいえ、もしものことがあれば、

当然、収入も丸々減るわけなので、

そんなの屁のツッパリにもならないでしょ!

と思ってしまうかもしれません。

 

しかし、債務者に

もしものことが起これば、

収入と同時に

出費もその分なくなります。

車の維持費とか生活費全般です。

 

つまり、住宅ローンも含めると、

かなりの出費が軽減出来る

というわけですね。

 

また、これに加えて、

未亡人となったあなたには、

遺族年金が国から支給されるし、

小さいお子さんがいるとしたら、

さらに上乗せ分た年金が支給されます。

 

となると、実は経済的には、

今までとそう変わらず

暮らしていくことが出来ます。

 

もちろん、ずっと家族一緒に

居られるのが一番だし、

どんどん長寿化しつつある現在は、

こんな可能性は

限りなくゼロに近いと思いますが、

とはいえ、ゼロ%ではないので、

一応知っておいてもらえたらと思います。

 

✔︎「暮らしの基盤が整う」とは?

 

こちらに関しては言わずもがなですが、

まず第一に、

自らの資産である持ち家で暮らすのと、

他人の資産である

賃貸アパートで暮らすのとでは、

気持ちの持ちようが違うと思います。

 

そして、ご夫婦ともに、

資産とともに家族を守っていくために、

仕事を頑張る活力になるでしょうし、

たっぷりと思いを込めて

つくった理想の住まいだからこそ、

愛情を込めて使うようになるでしょう。

子供たちには、

実家をつくってやるわけですしね。

 

子供たちだって、

自分だけの部屋があることを

喜ぶでしょうし、

心おきなく遊べる庭があることを

喜ぶでしょう。

 

アパートの時のように、

音や隣近所に頭を悩ますこともなければ、

気を使いながら暮らす必要がなく、

のびのびと暮らしていただけますしね。

 

そんなこんなで個人的には、

絶対に家を持った方がいいと

思っているんでんすが、

僕が考える問題点はその持ち方です。

 

つまり、持った方がいいとはいえ、

そこにかける予算を

もっと注意深く考えるべきだ、

ということです。

 

✔︎将来に大きな差を生む予算設定

 

例えば35年ローンを組んだとして、

毎月の返済が10万円の人と、

毎月の返済が7万円の人では、

家にかける総支払額が

3万円×35年×12ヶ月=1260万円

違ってきます。

 

しかし、これに加えて、

その3万円を年利3%で

35年間ずっと運用していったとしたら?

 

1年目:360,000円×3%=370,800円

2年目:(370,800円+360,000円)×3%

=752,724円

3年目:(752,724円+360,000円)×3%

=1,146,106円

4年目:(1,146,106円+360,000円)×3%

=1,551,289円

5年目:(1,551,289円+360,000円)×3%

=1,968,628円

ー以下、割愛ー

 

35年目=22,429,340円となり、

さらに1000万円弱、

手元に残るお金が

違ってくることになります。

これがいわゆる複利によるマジックです。

 

それゆえ、個人的には、

家にかける費用を出来るだけ減らし、

リスクを恐れず、その余剰金で

資産運用していってほしい

と思っています。

 

これは、先行きが見通せない

これからの時代には

問答無用で必要な考え方だと思います。

 

なので、

家は絶対に建てるべきだと思いますが、

それと同時に、不透明な将来にも

備えていっていただきたいので、

まずは運用に回すお金を

少しでも多くつくるために、

家づくりかけるコストを夫婦で

よく話し合っていただければと思います。

 

あなたの資産や家族は、

あなたの知識と力で

しっかり守っていってください!

住宅会社や不動産屋は、

こんなところまで考えて

提案してくれませんからね。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。