家づくり予算の合理的圧縮方法

家は持つべきだが

そこにかけるコストは、

よく考える必要があります。

 

理由は、目下の暮らしに

ゆとりを持たせるためではなく、

不透明な将来に向けて

十分な準備をしていくためです。

 

前々回、リアルな数字を当てはめて

お伝えしたように、

家づくりへのお金のかけ方次第で、

老後資金が2000万円以上

変わってくるかもしれませんからね。

 

なので、今回は家づくり予算の

合理的な圧縮方法について

ダイジェスト的に

お伝えしていきたいと思います。

 

それぞれの具体的なやり方については、

また別の記事でお伝えするつもりなので、

まずは、大枠を掴んでもらえたらと思います。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

家づくり予算を圧縮する方法は

大きく分けて4つあり、

この4つを全て実践しなければいけません。

 

✔︎家をコンパクトにする

 

これは最も基本的なことです。

家のコストは面積に比例するし、

そもそも家のコストを

カットしないことには、

予算圧縮なんて夢のまた夢ですからね。

 

とはいえ、これの難しいところは、

面積カットのやり方を間違えると、

とんでもないぐらい狭っ苦しくて、

とんでもないぐらい住みにくい

家になってしまうところです。

 

なので、面積カットを実現するためには、

いらないものだけを抽出し、

省くようにしないといけないのですが、

実は、これさえ出来れば、

実はあなたが考えているよりも

10坪近い小さい面積で、

充分暮らしやすい家を

建てることが出来ます。

 

✔︎土地もミニマムにする

 

2つ目が、これです。

当たり前っちゃあ当たり前のことです。

 

理由は2つ。

そもそも土地が広いと、

その分土地代が高くなってしまうから。

 

そして、もう1つの理由が、

土地が無駄に広いと

その分余白が出来てしまうから。

つまり、外構工事が

必要以上に高くなってしまうからです。

 

また、土地が広くなると、

外構工事という

イニシャルコストとともに、

固定資産税という生涯必要な

ランニングコストも

高くなってしまいます。

 

つまり、これは老後資金を

さらに圧迫する原因となってしまう

というわけですね。

 

✔︎敷地に余白をつくり過ぎない

 

3つ目は、

2つ目と若干似ているんですが、

少し意味合いが違うので、

別々に記載することにしました。

 

先程は、

そもそも土地を広く買い過ぎない

という意味合いでしたが、

これは、土地をミニマムにした上で、

さらに、余白を最小限にする

という意味合いです。

 

簡単に例を挙げるとするなら、

平屋が充分建てられるにもかかわらず、

わざわざ2階建てを建てない

といった感じでしょうか。

 

だって、99.9999%

2階建てより平屋が住みやすいし、

敷地に余白がなくなれば、

その分、庭の維持管理も楽になるし、

なにより、外構工事費用を

圧縮することが出来ますからね。

 

そんなこんなで、

敷地を有効活用することは

予算面においても、

とっても大事だということですね。

 

✔︎土地の向きにこだわらない

 

そして最後がこれです。

みんな南向きの土地に

やたらと固執しますが、

南向きだって100%の土地

ってわけじゃないんですよね。

 

理由は、南向きの土地に建っている

家をご覧いただくと一目瞭然です。

カーテンがずっと閉まってるし、

間取りもすぐ分かるし、

洗濯物は丸見えだし、

外観はダサいし、

って感じじゃありません?

 

つまり、防犯、プライバシー、デザイン、

この3つ全てが、

とてつもなく悪くなりやすいのが

この南向きの土地なんですよね。

(カーテン閉めっぱなんで、

家の中だって薄暗いでしょうしね)

 

そして、この3つを

少しでも良くするために、

外構工事により多くのお金を

かけざるを得なくなってしまいます。

そもそも土地代も高いのにね。

 

つまり、土地の選び方によって、

土地代だけじゃなく、

外構代も変わってくるという話です。

 

では、話をまとめますね。

 

これまでお伝えしてきたように、

家づくり予算を

合理的に圧縮するためには、

単純に家を安くするだけじゃダメで、

土地、外構費用も同時に

安くしないといけません。

 

そして、そのためには、

まずは自分にとって適切な家の広さと

その概算予算を知らなければいけません。

 

それが分かれば、

それに必要な土地に広さが分かるし、

そうなれば自ずと、

土地にかけるべき予算も明確になります。

 

ってことなんで、

家づくりをする時には、

まずはそれを知ることから始めてください。

 

そして、合理的に

家づくりの予算を圧縮し、

そこで浮いた費用を

将来に向けてコツコツと

投資していってもらえたらと思います。

 

それでは、、、

 

(追伸)

過剰に家にこだわり過ぎるのも

コストを暴騰させる

大きな要因となるので、

その点についても、

よく考えて冷静に判断することも

同じぐらい大切です!

 

(追々伸)

そして、今後家計を揺るがす

支出となりかねないのが

電気料金なので、

次回は、この電気料金について。

知ってると知らないとでは、

将来的に毎月の支出が

ビビるほど違ってくるかもしれないので。

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。