電気代は生涯ローンだという認識

脱炭素の流れが加速することによって、

今後、確実に電気料金は上がっていく

と言われています。

 

二酸化炭素の排出を下げるためには、

火力発電の比率を減らし、

再生可能エネルギーの比率を

増やさないといけないのですが、

そうなれば電気の製造コストが

高くなってしまうからです。

 

そして、その上昇率たるや

毎年3%ぐらいだと

言われているのですが、

この数字で試算してみると

なんと!?24年後には

電気料金が2倍になるという

恐ろしい結果が導き出されます・・・

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

そんなこんなで、私たちは、

その煽りをモロに受けないためにも、

家を建てる時に、

その防御策を企てておかないと

いけないわけなんですが、

では、具体的には、

どのようにすればいいのでしょうか?

 

✔︎断熱機能に優れた家にする

 

まずやるべきことはコレです。

断熱を強化することで、

外気の影響を受けにくくし、

かつ、中の熱を外に逃がしにくくする

ということですね。

 

とはいえ、これに関しては、

国も明確な指針を出しており、

今やどの住宅会社でも

多少の差異はあるものの、

必須で取り組んでいることなので、

これに関しては、さらっと流して

次のコトをお伝えしていきますね。

 

✔︎家をコンパクトにする

 

断熱機能に優れた家にした上で、

セットでやるべきことがこれです。

つまり、いらない場所を削ることで

面積を最小化し、

結果、体積を最小化するということです。

 

理由は簡単。

体積が小さくなれば、

その分さらに冷暖房効果が高くなり、

結果、部屋ごとに出来る温度差を

最小化しやすくなるからです。

 

中でも、高断熱化された家に

もっとも不必要な場所が

「廊下」ではないでしょうか。

廊下があると、そこが断熱層となり、

空気の循環を止めてしまうからです。

 

なんせ、廊下のドアは、

閉めなきゃいけないって

思っちゃいますからねー(笑)

寒ーい、実家暮らしの

癖とでも言いましょうか。。

 

この他、部屋数や

それぞれの部屋の広さなども

よく考えてつくることが大切です。

自分たちがそうしたように、

子供たちだって、

やがて家を出て行くわけですからね。

 

というわけで、

そんな合理的なことを考えつつ、

頑張って面積を削っていただくと、

なおのこと無駄な電気料金を

防ぎやすいんじゃないかと

思っている次第です。

 

✔︎太陽光発電をつける

 

そして、高騰する電気料金を防御する

3つ目の対策がこれです。

理由は、先ほどの2つの対策は、

あくまで冷暖房コストを

抑えることしか出来ないため、

それだけでは全然不十分だからです。

 

実は、冷暖房費が

全電気の中で占める割合は、

わずか約28%しかないという

データが国から発表されています。

 

まっ、言われてみれば、

当たり前っちゃ当たり前なんですけどね。

冷暖房を1年中ずっと

使っているわけじゃないですもんね。

 

じゃあ、電気代は

一体何にかかっているのかと言うと、

冷暖房と同じぐらいの比率で

かかっているのが「給湯器」で、

冷暖房や給湯器以上にかかっているのが、

「家電製品」です。

 

まっ、これも

当たり前っちゃあ当たり前で、

「給湯器」も「家電製品」も

1年中使ってるわけですもんね。

 

なので、電気料金を抑えるためには、

これらの電気を買わないように

しなければいけない

というわけです。

以前に比べて、べらぼうに

高くなっちゃってる昼間の電気を。

 

そして、それが出来る唯一の手段が

太陽光パネルを設置する

というわけですね。

かつ、エコキュートの焚き出しも

深夜にするんじゃなく昼間にする、

といった感じでしょうかね。

 

ちなみに、蓄電池を一緒に買えば、

夜の電気も買わなくてよくなるんですが、

蓄電池に関しては

出立ちの太陽光パネルよろしく、

まだまだお高いので、

もっと値段がこなれてくるまでは・・

って感じです。

 

✔︎そんなこんなで結論

 

これが僕なりに考えている

電気料金という死ぬまでかかり続ける

厄介なランニングコストを

最小限に抑えるための工夫です。

 

もちろん、もしかしたら、

とんでもないウルトラCが現れて、

電気料金が上がっていくどころか

下がっていくかもしれないし、

思った以上に上がらないかもしれません。

つまり、絶対にこうなる!

と言い切れるわけじゃありません。

 

また、この太陽光パネルに関しては、

僕は絶対につけた方がいいと思っていて、

自分自身も設置して

その経済的恩恵を受けているのですが、

否定的な意見があるのも事実で、

もしかしたらそっちの方が

正しいのかもしれません。

 

なので、あくまであなた自身で

社会ニュースや経済ニュースを見た上で、

この提案を受け入れるかどうかを

ご判断いただければと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。