家と土地と固定概念と

家は、たとえ同じ面積でも、

形によって価格が異なります。

また、縦横のバランスによっても

価格が異なります。

 

例えば、工事面積が120㎡の

平屋を建てる場合でも、

縦12m×横10mの家と

縦15m×横8mの家と

縦20m×横6mの家とでは、

壁の施工面積が異なることから、

建築コストも違ってきます。

 

縦12mの場合、

外周の長さは44mですが、

縦が15mになると、

外周の長さは46mになり、

縦が20mになると、

外周の長さは52mになるからです。

 

つまり、縦横の比率が崩れるほど

家のコストは高くなる

というわけですね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

それゆえ、

建築コストを抑えるためには、

縦横の比率を限りなく同じに出来る

土地を選べばいいのですが、

では、あなたが建てたい家が、

12m×10mの平屋だとしたら、

一体どんな土地を

選べばいいのでしょうか?

 

✔︎必要な土地の広さの求め方

 

この場合、

間口が10mの家を建てるとしたら、

車置き場に奥行き約5.5m、

それ以外の建物の周囲に

それぞれ通路として1m確保したとして、

間口12m(通路1m+家10m+通路1m)

奥行き18.5m(通路1m+家12m+車5.5m)

が必要となります。

 

つまり12m×18.5m=222㎡

(約67坪)の土地が必要だ

ということですね。

 

また、建物の間口を12mにした場合、

土地の間口が14mで奥行きが16.5mとなり、

231㎡(約70坪)の土地が必要だ

ということになります。

 

なので、あなたが120㎡の平屋を

建てたいとお考えだとしたら、

67〜70坪あたりの広さで

土地を探せば、

なんの問題もなく建てられる

ということになります。

 

✔︎土地の向きはどの方向がいいのか?

 

では続いて、土地の向きは

一体どれがいいのでしょうか?

南向きがいいのか?

あるいはそれ以外でもいいのか?

という話です。

 

先程、土地の面積を試算した時に、

車を置くところ以外の方向は全て

ほぼ敷地いっぱいに配置しました。

 

となると、

車を置く方向が南であれば、

問題なく家の中に

光を採り込めそうですが、

それ以外の方向の場合、

隣接して家が建っているとしたら、

家が暗くなってしまいそうな

気がしますよね?

 

それゆえ、みんな

安定した日当たりを求めて

南向きの土地を選ぼうとします。

 

ですが、南向きの土地で、

南面に採光のための大きな窓を

つけてしまったら、

一体どうなるでしょうか?

 

家の中が丸見えになってしまうので、

カーテンが開けられない

家になりそうだと思いませんか?

 

結果、家の中は

場所によって明るさにムラが出来るし、

南向きであるにもかかわらず、

朝から照明なしでは

過ごせなくなってしまいます。

 

でも、南以外の方向を選んだ場合、

そもそも南の窓から

光を採り込めなさそうなので、

そうなるよりは全然マシだと

感じる方も少なくないと思います。

 

あるいは、

南以外の方向を選ぶとしたら、

平屋ではなく2階建てにし、

日陰となる部分を避けて家を建てる

という選択にされるのではないでしょうか。

 

そうすれば、すべての部屋を

南向きでつくることが出来るため、

すべての部屋の日当たりが

より良くなりそうな気がするからです。

 

とはいえ、そもそも

平屋を建てることを前提として、

その広さの土地を選んだのに、

本当にそれでいいのでしょうか?

 

敷地に無駄な余白を残してまで、

2階建てにしてしまえば、

庭の工事費用は高くなるし、

2階建ては、平屋に比べて

圧倒的に使い勝手が悪いからです。

 

2階につくる寝室や子供部屋は、

日中ほとんど使ってないので、

そもそも日当たりを追求しても

あまり意味がありませんしね。

 

✔︎解決策。というか持つべき思考

 

この問題を解決するためには、

以下の3つの固定概念を

振り払わなければいけません。

 

→南向きの土地が一番いい

→リビングは南につくるべきだ

→そして南に窓をつくるべきだ

 

これらの固定概念は、

日常生活において

朝昼晩3食ご飯を食べるかのごとく、

家づくりにおいて

ごく当たり前とされていることです。

 

しかし、これらに縛られたまま

家づくりをしても、

たとえ南向きの土地を選んだとしても、

決して住み心地のいい家に

なるわけではありません。

 

南向きのデメリットにも着目し、

それを解決するように家をつくらないと、

先程ご説明したような状態の

住まいになってしまうからです。

 

一方で、

この3つの固定概念に縛られず、

土地の環境に合わせて

間取りをつくることさえ出来れば、

土地の日当たりに関係なく、

明るく気持ちいい家を

建てることが出来ます。

 

また、プライバシーも担保された

住み心地抜群の住まいに

することも出来ます。

 

なので、土地探しをする際は、

この3つの固定概念に縛られず、

また土地の日当たりにも

こだわらないようにしてくださいね。

 

家の良し悪しは、

土地の良し悪しとは

一切関係ありませんから!

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。