変動型ローンの2つの条件

ここ最近

お会いさせていただく方の多くが、

iDeCoやつみたてNISAに

加入していたり、

あるいは加入のために

情報を集めていたりするんですが、

これから家づくりをする方は、

例外なく、この2つに加入することを

前向きに検討すべきだと思います。

 

そして、その原資がつくれるよう

家計の収支を見直すべきなのですが、

もちろん、住宅ローンの返済額を

どれくらいにするのかも

建てる前によく考えておくべき

ことの1つです。

 

つまり、住宅ローンの負担が

大きくなることによって

家計が圧迫され、

iDeCoやつみたてNISAの積み立てが

出来なくなってしまわないよう、

家にかける予算は考えるべきだ

ということですね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

また、家の予算をよく考えるとともに、

家づくりのお金のことに関して

もう1つ大切なことが、

住宅ローン商品を変動型と固定型の

どちらにするのかということです。

 

まー、この2つのどっちが良いのかは

終わってみないと分からないので、

絶対にこっちにした方がいいとは

言い切れないんですが、

個人的には、現在の金利水準からして、

固定にしておいた方が良いんじゃないか

とは思ってるんですけどね。

 

理由は、

そもそもの金利が末端状態であるから、

そしてこのデフレがずっと続くかどうか

誰にも分からないから、

といったところですかね。

 

とはいえ、固定を選ぶより

変動を選んだ方が、

さらに金利も安く、

返済金額をさらに抑えることが

出来るのも事実なので、

今回は、固定よりもやっぱ変動かなー?

と思っている方に、

その場合に考えておくべきことについて

お伝えしていきたいと思います。

 

✔︎変動金利のリスク

 

変動金利のリスクは、

金利が景気に連動して変わることです。

それゆえ、もし金利が上昇しても

あたふたしないように、

計画的に貯金をしていかないといけません。

 

また、それと同時に、

当初の固定期間が終わる時に、

金利の交渉をするか、

あるいは借り換えすることを、

視野に入れておかないといけないんですが、

もしあなたが、借り換えをすることを

前提として考えているとしたら、

以下のことに注意しておくべきです。

 

・健康状態を維持すること

 

住宅ローンを借りる時には、

団体信用生命保険に

加入しなければならないのですが、

となると、健康でいることが

借り換えの前提条件となります。

 

なので、適度に運動したり、

日頃から食事や生活習慣に

気をつけておくことが大事だし、

病気の傾向は、

血筋も関わってくるかもしれないので、

主債務者となる方の身内の病気の傾向も

頭に入れた上で、

住宅ローン選びをしていただくことも

大切かと思います。

 

・常にスキルアップしていくこと

 

住宅ローンは、長期で組むのが

当たり前となっていますが、

あなたの職場やあなたの仕事が、

ローンの返済期間中

ずっと存在するという

保証はあるでしょうか?

 

また、途中で業績が悪くなり、

給料が減額されたり、

ボーナスがなくなったり、

最悪クビになる可能性だって

全くないとは言い切れないと思います。

 

なので、職場に依存せず、

何が起こってもいいように、

常にスキルアップしていくことも大切です。

 

借り換えするとしたら、

再び銀行に審査されることになるので、

それなりの収入をがないと

話になりませんからね。

 

また、出来るだけ長い間

働き続けられるようにするためには、

かつ、高いパフォーマンスで

働き続けれらるようにするためには、

やはり健康でいることが大切になります。

 

そんなこんなで、この話は、

変動型を選ぼうと思っている方に

限った話ではないんですが、

特に変動型を選ぼうと思っている方は、

健康で居ることと、

常にスキルアップすること、

この2つに関して、

より高い意識を持つように

してもらえたらと思います。

 

そして再び話は元に戻りますが、

そもそも論として、

家づくりは絶対に無理のない

予算でしてくださいね。

 

不動産屋や住宅会社が

これからのあなたの暮らしに

責任を持ってくれる

わけじゃないですからね。

 

結局、全て自己責任なんで、

自分に合った予算設定と

自分に合ったローン選びをしてください。

 

他人は他人、自分は自分、です。

他人の言動に振り回されないよう

雑音を気にせず、

あくまで自分に合った

家づくりをすることに

集中してくださいね。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。