不動産屋と建築屋の領域

土地を決める時は、

自分たちだけで判断したり、

身内に相談して決めるべきではないし、

また、不動産屋さんに相談して

決めるべきでもありません。

 

理由は、あなたにせよ、

あなたの身内にせよ、

不動産屋さんにせよ、

建築のプロじゃないため、

本当にその土地が、

予算的にも建築的にも

いい土地かどうかなのかが、

ハッキリと分からないからです。

 

つまり、土地の良し悪しは、

土地単体で判断するのでなはく、

建築とセットで考えないと

いけないというわけですね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、建築屋さんに相談しないまま

素人判断で土地を決めてしまった場合、

一体どういうことが起こってしまうのか、

具体的にお伝えしていきたいと思います。

 

✔︎無茶苦茶予算オーバーする!?

 

まず、一番みんながやってしまう失敗が、

土地にお金を使い過ぎてしまうことです。

 

結果、肝心の建築代の予算が減り、

あなた自身も困るし、

建てる側の建築屋さんも困ります。

 

あるいは、

ノリノリで建築代にまで

予算をかけ過ぎてしまったら、

ただただ住宅ローンに

そのしわ寄せが来てしまいます。

 

なので、予算的にも

冷静に判断するためにも、

土地をフラットな目線で見てくれる

建築屋さんに必ず相談すべきです。

 

建築屋さんは、基本、

南向きの土地だけがいいなんて

全く思ってませんし、

その理由がまさにこれなんですが、

南向きの土地は土地代はおろか、

建築代や外構工事代まで

割高になりやすく、

あなたの負担を

一番増やしやすい土地ですからね。

 

覚えておいていただきたいことは、

設計とは、

『土地が抱える問題を解決する手段』

だということです。

 

言い換えるなら、

家は土地の環境に合わせて

間取りや外観をつくっていくものである

ということですね。

 

そして、それは

日当たりの良し悪しに関しても、

例外ではありません。

 

つまり、

日当たりが良さそうな土地だから

日当たりがいい家が

建つわけでもないし、

日当たりが悪そうな土地だから

日当たりが悪い家が

建つわけでもないので、

それが分かる建築屋さんに

土地を見てもらい、

土地の良し悪しを

アドバイスしてもらってください。

 

予算という観点でも見ても、

住みやすさという観点で見ても、

土地と建物はセットなので、

まずはこの2つを分離して

考えないことが大事だと

覚えておいてくださいね。

 

✔︎予期せぬ費用が発生するリスクがある!?

 

続いて、起こりがちなことが、

『そんなの聞いてなかったよ・・・』的な

予期せぬ出来事が発生してしまうことです。

 

例えば、土地の値段が安かったとしても、

境界が不明解な場合、

境界確定をしないといけないのですが、

契約上その費用負担を

あなたがしなければいけないとしたら、

予期せぬ出費に頭を悩ませることに

なるかもしれません。

 

あるいは、水道が引き込まれておらず、

その工事費用が別で

必要だと分かっていたとしても、

前の道路にも水道がなかった場合、

途方もない費用が発生してしまい、

予期せぬ出費に頭を悩ませることに

なるかもしれません。

 

あるいは、土地が低いため

土地を高くしたいと思っていても、

現状の土地の高さより

30cmを超えて土を盛ろうとしたら、

開発許可申請が必要になるし、

それを超えてもっと高くしようとすれば、

土がはみ出ないようにするために、

擁壁をたくさんつくらざるを得なくなり、

さらなる出費を生むし、

それに加えて盛り土費用まで発生するので、

ウン百万単位の費用が発生することに

なってしまうかもしれません。

 

なので、個人的な意見を

お伝えさせていただくと、

土地を決める前に

先に建築屋さんを決定しておくことを

オススメしています。

 

理由は、任せてくれるかどうか

分からない状態では、

建築屋サイドも、

こういった土地に関しての

細かい調査をしてくれる専門業者さんに

仕事(調査)を依頼しにくいからです。

 

建築を任せてくれることが

決定していれば、

きっと具体的なプランに入る前に

綿密に土地について調査し、

その費用も考慮した上で、

建築予算を導き出してくれるでしょうし、

その予算に合わせた聞き取りや

プラン提案をしてくれるでしょう。

 

とにかく、家づくりで大事な

予算で失敗しないためにも、

土地と建物を分離して考えないこと、

そして、建築屋に

土地を見てもらってない状態で、

土地を決定しないように

してもらえたらと思います。

 

それでは、、、

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。