光の種類と間取りの可能性

前回、土地に合わせて家を建て

無駄な余白をつくらないことが、

外溝工事の予算を

大幅に狂わせないために必要だと

お伝えさせていただきましたが、

とはいえ、これを実行するのは、

実はそう簡単なことではありません。

 

なぜなら、出来るだけ敷地いっぱいに

家を建てようと思えば、

土地の日当たりの良し悪しに関係なく

建物を配置せざるを得ないからです。

 

つまり、日当たりが悪い場所にも

部屋をつくってもいいですよ

とならなければ、

この実現は難しいということですね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

例えば、

すぐ南に家が建っている土地に

家を建てる場合、真夏以外の季節

その敷地には日陰が出来ることになります。

 

それゆえ、一般的には

日陰となる部分を避け、

直射日光が入る位置に家を配置します。

そして、出来るだけ全ての部屋を

南向きでつくります。

 

これが、ごく一般的な

家づくりの考え方ですが、

この考え方のもと

家づくりを進めていくと、

確実に2階建ての家が完成します。

そして、その結果、

敷地に余白がたくさん出来ます。

 

しかし、ここで立ち止まって

考えてもらいたいことが、

「全ての部屋の日当たりを

本当に良くする必要があるのか?」

ということです。

 

まずは「寝室」です。

なぜなら、寝室は文字通り

寝るだけの部屋なので、

太陽が昇っている時間に

使うことがないからです。

 

それゆえ、それなりに

明るくはしたいものの、

そのためにわざわざ

直射日光が入り続ける南に

位置させる必要はない

のではないでしょうか。

 

また「子供部屋」に関しても、

同じことが言える

のではないでしょうか。

 

子供たちは、平日の昼間は

学校に行っているし、

休日も自分の部屋ではなく、

広々としたリビングで

あなたと共に過ごすことでしょう。

 

そして、やがて受験を迎え、

日中部屋で過ごすことが

多くなったとしても、

直射日光がガンガン射し込む

強烈に日当たりがいい部屋は、

かえって勉強に集中しにくい

のではないでしょうか。

 

実際、僕がブログを書く

アトリエだって、

直射日光が入ってこない位置に

窓を設置しているんですが、

そのおかげでカーテンもいらないし、

窓から外の景色も見れるため、

気分転換しながら

快適に仕事が出来ていますしね。

 

✔︎光は直射日光だけじゃない?

 

家づくりをする時に、

知っておくべきことが

光=直射日光だけじゃない

ということです。

 

例えば、北の窓からは

1日を通してずっと直射日光が

入ってきませんが、かといって

北窓は暗いわけでもなければ、

むしろ日中ずっと安定した

光を室内に採り込んでくれます。

 

また、基本的に、

家の中の壁を白くする理由は、

室内に入ってきた光を反射させ

家全体に拡散するためです。

 

この2つのことから言えることは、

光は何かに反射して拡散していく

ということなのですが、

この反射光をうまく使えば、

家全体に満遍なく

光を届けることが出来ます。

 

とはいえ、

カーテンで光を遮ってしまうと、

光が入ってくることもなければ、

光が拡散していくこともないので、

そもそも論として、

いかにカーテンがいらない窓を

つくることが出来るかが

鍵にはなってくるんですけどね。

 

しかし、光にはこの2種類があると

建てる前に理解しておけば、

どの部屋にどちらの光が

必要なのかが分かるため、

部屋の配置に柔軟性を

持たせることが出来ます。

 

また、日陰にも部屋を

配置することが出来るため、

わざわざ直射日光のために、

部屋を2階につくる必要もなくなり、

敷地をより有効活用

出来るようになります。

 

そして、外構工事のコストを

落とすことが出来ます。

同時に、1階が大きなれば、

家の使い勝手もいいでしょうし、

将来的にもその方がいいでしょうしね。

 

ということで、

家を建てる前に、

「光は直射日光だけじゃないよ」

ということを、

覚えておいてもらえたらと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。