寝室の適切な広さ

住宅展示場に行くと、

リビングはもちろんのこと

寝室もかなりゆったりと

つくられているし、

普通に建てられているお家でも、

寝室は、子供部屋よりも幾分

広めにつくられるのが一般的です。

 

それゆえ、

家を建てるにあたって

いくつか家を見て回っているうちに、

 

「どのお家も、

寝室は広めに設計されている」

「寝室は広めなのが普通なんだな」

「寝室は広めがいいんだな」

「我が家も寝室は広めにしておこう」

 

となり、自然とゆったりとした

寝室をつくってしまいます。

 

しかし、家の床面積が増えれば

家のコストも高くなってしまうので、

少しでもコストを省きたいのであれば、

ホントは大きくする必要がない場所は、

必要最小限度の大きさで

つくるべきではないでしょうか。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

例えば、寝室で多いのが

10帖という広さですが、

そもそもこの広さが

いったいどれくらいなのか

ご存知でしょうか?

 

感覚的にどれくらいとかじゃなく、

縦横それぞれ何cmずつあるのか

知っているかどうか?

ということです。

 

10帖という広さは、

長手方向の有効寸法が4m42cmで、

短手方向の有効寸法が3m51cm

なのですが、これを知った上で

考えていただきたいことが、

この部屋には一体何を置く予定なのか

ということです。

 

シングルベッドを2台並べるのか?

それとも、クイーンサイズの

ベッドが1台なのか?

それとも、ダブルベッドを

2台並べるのか?

それとも、ベッドは置かず、

布団を敷いて寝るのか?

 

そして、もしベッドを置くとしたら、

それぞれのベッドのサイズを

知っておくことも重要です。

 

一般的なサイズとしては、

シングルベッド=幅90cm、

セミダブルベッド=幅120cm、

ダブルベッド=幅140cm、

クイーンベッド=幅180cm、

といったところでしょうか。

(長さは全て2mぐらいです)

 

では、これらを踏まえた上で、

あなたは、どのベッドを

何台置く予定なのででしょうか?

そして、それをこの寸法の中に

配置してみてください。

 

ここで、仮にダブルベッドを

2台並べて置くとして考えてみると、

ベッドが占有するスペースは、

140cm×2台=2m80cmとなり、

どちらも長さは2mなので、

4m42cmー2m80cm=1m62cm、

3m51cmー2m=1m51cmとなり、

かなりの余白が

部屋に出来ることになります。

 

では、寝室に隣接して

広々したウォークインクローゼットを

つくっていると仮定して考え、

そこに衣類も布団も雑貨も全て

片付けられるとしたら、

あなたはベッド以外寝室に

置くものはあるのでしょうか?

 

タンス?

おそらく持ち込まない人が多いだろうし、

持ち込んだとしても、

ウォークインクローゼットの中に

納めるよう設計しますよね?

 

ドレッサー?

おそらく化粧も洗面かリビングで

するので、これもいらないですよね?

だとしたら、リビングや洗面に

それらを片付ける場所を

確保しておく方が大事ですよね?

 

テレビ?

スマホを持つのが当たり前の今、

テレビも寝室には必要ないですよね?

そして、仮に必要だとしても、

壁掛けにすれば、

ほぼほぼ場所をとらないですよね?

 

そんなこんなで、

実は、寝室は10帖も必要なく、

もっと削ることが出来るんですよね。

たとえダブルベッドを

2台並べて置くとしても、です。

 

この部屋は、文字通り

寝るだけの部屋なので、

寝ている時間以外ここで

過ごすことがないでしょうしね。

 

もし仮に、寝室を10帖ではなく

6帖にすることが出来れば、

4帖(=2坪)家を小さく

することが出来るため、

平屋なら約120万円、

2階建てなら約100万円、

これだけで建築コストを

カットすることが出来ます。

 

もちろん、

あなたが資金的にゆとりがあり、

どうしても寝室は広いほうがいい

とお考えなら、

そうする必要もありませんけどね。

 

でも、この浮いたお金分、

予算が削れるとしたら、

これを家以外の何かに

使うことが出来るし、

あるいは、この浮いたお金を

グレードアップや本当はやりたかったこと

(漆喰壁や塗り外壁、

ステンレスキッチンなど)

に使うことが出来ます。

 

なので、たとえ他のみんなが、

当たり前にように

広々と寝室をつくっていたとしても、

あなたにとって

それは必要ないと思ったら、

常識にとらわれず必要な広さで

つくってもらえたらと思います。

 

今回は、寝室に集中して

話をさせていただきました。

ぜひ、参考にしてください!

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。