合理的に考えるべき子ども部屋

子ども部屋の広さは

6帖がスタンダードですが、

ここ最近は4帖半へと

変わりつつあるようです。

 

実際、弊社も

4帖半で提案させていただく

ことが多いのですが、

2.6m×2.6mのこの空間に

置こうと思っているものが

シングルベッドと学習机だとしたら

これでも全く問題ありません。

 

また、子どもたちの多くは、

高校卒業とともに

家を出ていくでしょうし、

となると、そのまま

帰ってこないかもしれないので、

その点も考慮すると、

そこにかけるコストを

最小限にしておくことは、

賢明な選択ではないでしょうか。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

ということで、

前回の寝室に引き続き、

今回は子ども部屋について

お伝えしていきたいと思います。

 

主な論点としては、

子ども部屋の広さではなく、

2階につくるべきなのか、

それとも1階につくるべきなのか、

ということです。

 

✔︎子どもが小さいうち

 

まず、子どもが未就学の時に

家を建てる方が

ほとんどだと思いますが、

では、子ども部屋を

2階につくった場合、

果たして子どもたちは

自分の部屋を使いやすいのでしょうか。

 

もちろん、答えは「No」ですよね。

子どもたちは、お母さんの姿が

見える場所でずっといますからね。

 

つまり、子どもたちは

ずっとリビングやダイニング付近で

過ごすため、そこに子どもたちの

絵本やおもちゃなどを

集中して置くことになるし、

いつもリビングダイニングが

散らかった状態になってしまいます。

 

全く使われてもなく

散らかってもいない

2階の子供部屋とは裏腹に、です。

 

一方で、子ども部屋が1階にあると、

絵本やおもちゃを

すべて子どもの部屋に

置いておきやすくなるし、

母親の気配が感じられたり、

母親の姿が見える部屋であれば、

自分の部屋で遊びやすくなります。

 

結果、リビングやダイニングを

入居した時に状態のまま

保ちやすくなります。

 

どうせ子どもたちは、

片付けてもすぐに

散らかすでしょうから、

それが自分の部屋であるなら、

少々散らかっていても

全く気にならないし、

来客時もそのドアさえ締めておけば、

片付けにあたふたすることも

ないですしね。

 

✔︎子どもが思春期に入ってから

 

多くの方が、

主に思春期のことを想定して

子ども部屋をつくろうとします。

 

十分なプライバシーを

担保してやるために、

親が居るリビングやキッチンとは

階層を隔てた2階にすべきだと。

 

もちろん、

思春期の子どもたちにとって

これは嬉しいことかもしれませんが、

この時期を重視すると、

2階に子ども部屋をつくってしまう

可能性がグンと高くなります。

 

結果、先程お伝えした通り、

子どもが思春期に入るまでの間

リビングやダイニングが散らかりやすく、

10年余りもの長期間

片付けや掃除に悩みながら

過ごし続けることになります。

 

なので、子どもの思春期の時を

重視してやりたいという方は、

必要な時、子どものプライバシーが

確保してあげられるように、

1階に子ども部屋をつくることを

オススメしています。

 

✔︎子どもが出て行った後

 

悲しい現実かもしれませんが、

進学や就職、結婚などを機に

やがて子どもたちは

家を出て行きます。

 

となると、子どもたちの部屋は

空き部屋となるのですが、

家を建てる時は、

そうなることを想定した上で、

間取りを考えておくべきです。

 

と考えると、子ども部屋が

2階にあるよりは1階にある方が、

使い勝手がいいような気がしませんか?

 

自分たちの部屋として使うにせよ、

収納部屋として使うにせよ、

客間として使うにせよ、

いずれにせよ、です。

 

また、もっと長い目で考えると、

歳をとり足腰が悪くなったとしても、

1階だけで過ごせるようにしておけば、

生活に困ることもなければ、

1階に部屋や収納が足りないことによる

無駄な増築工事を

する必要もなくなりますしね。

 

いかがですか?

 

子ども部屋に関しては、

ずっとその用途で使い続ける

空間ではないため、

この部屋をライフスタイルに応じて、

上手く活用出来れば、

より使いやすく、利便性に富み、

暮らしやすい住まいを

つくることが出来ます。

 

なので、

この子ども部屋に関してもまた

固定概念に縛られず、

柔軟に考えてみてもらえたらと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。