土地を安く買う秘訣

仮に、あなたの実家に

家が建てられる土地があるとしたら、

そこに建てるという選択肢を

前向きに考えるべきだと

前回の記事でお伝えしました。

 

そして、その一番の理由が

経済的な負担が減らせることですが、

(詳しくは前回の記事をご覧ください)

そう考えると、

あなたが家を建てるにあたって、

止むを得ず

土地を買わなければいけないとしたら、

出来るだけ土地価格を抑えるべきです。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、そのためには

現実的にどのようにすべきなのか、

お伝えしていきたいと思います。

 

まず、多くの方が、

新しく造られた分譲地を

好んで購入しようとしますが、

この場合、やってはいけないことが、

南向きの土地を買おうとすることです。

 

理由は簡単。

一番価格が高いからです。

かつ、値引き交渉も不可能だからです。

 

では、どうすればいいのか?

それは、南向き以外の

土地を狙うことであり、

出来ればその中でも一番

価格が安い土地を狙うことです。

 

これを言い換えるなら、

日当たりが良い土地は無視して、

日当たりが悪い土地に

焦点を絞るべきだ、ということですね。

 

✔︎日当たりがいい土地をスルーすべき理由

 

では、なぜ日当たりがいい土地を

無視すべきなのかというと、

日当たりがいい土地ほど、

想像とは程遠い家に

なってしまいやすいからです。

 

例えば、南向きの土地で、

南向きで部屋をつくり、

その南面に大きな窓をつくれば、

とっても明るい家の完成を

想像するでしょう。

 

しかし、いざ住みだすと、

そこに設置したカーテンを

開けることが出来ません。

中が丸見えになってしまうからです。

 

結果、室内に十分な光が採り込めず

奥の方に配置した部屋が

すべて暗くなってしまうし、

同時に、風を家の中に

入れることも出来ません。

 

また、リビングの外に設けた

ウッドデッキを使えるようにするために、

目隠しや塀や植栽などが必要となり、

外構工事(庭づくり)に、

とてつもないコストが必要となります。

 

つまり、土地を買う時の期待値と

実際得られる成果との間に、

大きな開きが出てしまう上、

土地に加えて、外構工事まで

価格が跳ね上がることによって、

経済的な負担をさらに押し上げてしまう

というわけですね。

 

他方、土地の日当たりの良さと

家の明るさや心地よさには

全く相関関係がなく、

むしろ一見条件が悪そうな土地の方が、

明るくて心地いい家を設計しやすいと

家づくりをする前に知っていれば、

土地の日当たりを全く無視して

土地選びをすることが出来ます。

 

そして、南向きの土地に建つ家より

はるかに明るくて心地いい家を

南向きの土地よりも

はるかに価格を抑えながら

建てることが出来ます。

 

売れにくそうな土地は、

そもそも価格が安く設定されている上、

さらに値引き交渉にも

応じてくれやすいからです。

 

そんなこんなで、

美しく整えられた分譲地がいい

という方には、

南向き以外の土地はもちろん、

一番価格が安い土地を

オススメしている次第です。

 

✔︎さらに土地価格を抑える秘訣

 

そして、ここからが

個人的に推奨している

土地の探し方なんですが、

それは、資金計画で出た

現実的な土地価格の範囲内で、

出来るだけ不動産屋に

情報を集めてもらい、

一つ一つ現地を見に行くことです。

 

これは、実際、

僕がやっている方法で、

とにかく良い悪いに関係なく

その予算の範囲内である土地の

情報をなるだけ送ってもらい、

予めそれを全て下見した上で、

良さそうな土地だけに厳選して

いつも提案させていただいています。

 

この方法で土地選びをすると、

リアルに同じ地域で買う分譲地よりも、

数百万円も価格を抑えながら、

(半値ぐらいもざらにあります)

土地を買うことが出来ます。

 

ただし、この方法をやるためには、

土地を探してもらう前に、

どんな家を建てたいのかを

ある程度決めておかないといけません。

 

あなたが家に掛けられる

予算がどれくらいなのか?

その予算で出来る家は

どれくらいの広さになりそうなのか?

平屋が良いのか?

それとも2階建でも良いのか?

などなど、です。

 

これが分かっていると、

そのために必要な土地の広さが

どれくらいなのかが分かるため、

土地探しの依頼をしやすくなります。

 

そして、集まってきた土地情報に対して、

どんな家になるのかをイメージしながら

下見に行くことが出来るため、

より土地選びがしやすくなります。

 

まー、ただ分譲地じゃない

土地を狙っていく場合、

境界や水道や排水などを

現地でチェックしておく必要があるので、

その点に注意しながら

土地を見なければいけないし、

それらに余分な費用がかかる場合が

多々あるので、

それらも考慮した上で、

土地の良し悪しや価格の良し悪しを

判断しないといけないんですけどね。

 

とはいえ、

大胆に土地価格を抑えるためには、

こういった分譲地じゃない土地も

視野に入れるべきだと思うので、

どうしても土地を買わないと

いけない状況の方は、

ぜひぜひこの記事を

参考にしてもらえたらと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。