現地での土地の見方

新しく造られた分譲地の利点は、

・基本的に土地の形が整っていること

・道路幅がゆったりしていること

・水道が整っていること

・排水も整っていること

・隣地との境界が明確なこと

・親子ともに同世代の人たちが

ご近所さんになること

ですが、それゆえ基本的に

価格が高めに設定されています。

 

他方、新しく造られた

分譲地じゃない場合、

それらの利点の幾つかが

欠けていることもあって、

新規分譲地に比べると

価格が安いことが多いのですが、

予算的な都合で

あなたがこっちの土地を

選ばないといけないとしたら、

現地での土地の見方を

知っておく必要があります。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では今回は、

こういった土地を選ぶ時に

現地で確認しておくことについて

お伝えしていきたいと思います。

 

おそらく

・土地の日当たりの良し悪し

・土地の形の良し悪し

・浸水しそうな場所かどうか

・近隣の雰囲気や環境

・道路の広さや車の止めやすさ

・学校や職場へのアクセス

などは、みんなチェックすると思うので、

それらは割愛して、

コストに直結する部分に絞って

お伝えしていきたいと思います。

 

✔︎境界がどうなっているか?

 

まず1つ目が「境界」の状況です。

隣地との間に境界がない場合、

境界をつくらないといけないため、

その費用が土地代と別に掛かるからです。

 

また、境界があったとしても、

塀が古く傾いている場合や

壊れてしまっている場合は、

一旦それらを壊して、

つくり替えないといけません。

 

それゆえ、土地を見に行った時に、

境界がどんな状況なのかまで

チェックしておく必要があります。

 

そして、不動産屋さんに、

これらを売主負担でやってくれるのか、

あるいは、自己負担で

やらなければいけないのかを

確認しなければいけません。

 

そもそも境界が明確じゃない場合、

境界を明確にするための境界確定を

売主負担でやってくれるかどうかも、

買う意思表示をする前に

確認しておかないといけないですしね。

 

✔︎水道があるかどうか?

 

次に見ておくことが、

水道が敷地内に入っているかどうかです。

過去に入っていた場合は、

水道メーターボックスがあるか、

ここに引き込まれてますよという目印が、

現地にあるかもしれないのですが、

これも見落とさず

不動産屋さんに確認すべきです。

 

もし入っていなければ、

前の道から引き込まないといけないし、

そうなれば、けっこうな工事代が

別で掛かることになります。

 

あるいは、敷地内に引き込まれていても、

現在の基準を満たしていない場合は、

基準を満たした太さに

新たに引き込み直さないといけなく、

この場合も同じだけの費用が掛かります。

 

なので、これも現地にて

チェックすることを忘れないでください。

ちなみに、これは確実に

自己負担でやらないといけない工事です。

 

✔︎道路に側溝があるかどうか?

 

そして、水道ついでに

見ておくべきことが、

道路の端に蓋がされた

溝があるかどうかです。

つまり、排水先があるかどうかですね。

 

自分が検討している土地に沿って

溝があるなら問題ないのですが、

もし自分側ではなく、

道路の反対側にある場合は、

そっちに排水を

接続しないといけないので、

その分水道工事が余分にかかるし、

もし、排水先が見当たらないとなれば、

そもそも建築することが出来ません。

 

なので、これも水道とともに

しっかり現地でチェックし、

排水先がある場合、

排水のために別で費用が

掛からないかまで不動産屋さんに

確認するようにしてくださいね。

 

多くの地域で、溝を管理している

水利組合という組織があり、

そこに支払う費用が

必要だったりしますからね。

 

✔︎見えない費用に注意が必要!

 

ここまで、境界・水道・排水の

3つについてお伝えしてきたのですが、

分譲地とそうじゃない土地の

一番大きな違いは、

この3つが整っていることが

当たり前か否かです。

 

そして、これらが整っていない場合、

たとえ土地価格が安かったとしても、

場合によっては、

これらの工事代によって

土地にかかる総額が

新規分譲地より高くなる可能性だって

十分あり得たりします。

 

それゆえ、この3つを確認し、

これらの工事が

もし別途で必要そうなのであれば、

これらの費用を算出した上で、

土地の価格が妥当なのかどうなのかを

見極める必要があります。

 

かつ、これらを踏まえた上で、

土地の価格交渉を行う必要があります。

 

ということで、

見える価格だけじゃなく、

見えない費用まで知った上で、

価格も含めた土地の良し悪しを

判断していただければと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。