窓は少ない方がいい理由

「窓を増やせば増やすほど

家の中は明るくなる!!」

 

実に多くの方が、

このような思い込みをお持ちですが、

残念ながら、

窓の多さと家の中の明るさには、

全くと言っていいほど

相関関係はありません。

 

つまり、やみくもに窓を増やしたとて

それだけで家の中が明るくなる

わけではないということなのですが、

この行為は、実は様々な

デメリットを生むことになります。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

例えば、窓が増えれば、

その分、窓掃除をする場所が増えます。

ガラスを拭いたり、網戸を拭いたり、

サッシそのものを拭く場所が

増えるということですね。

 

また、それらの窓の多くに、

カーテンが必要だとしたら、

窓が増えればその分、

カーテン代が高くなってしまいます

 

しかも、カーテンがあることによって、

ガラスやサッシの結露に気付きにくなり、

これがカビを増やす原因になることも

決して少なくないのではないでしょうか。

 

窓が増えれば、その分

家の断熱性能も悪くなってしまいますしね。

いくら以前に比べて、

ガラスやサッシの性能が良くなったとはいえ、

壁に入っている断熱材よりも、

断熱性能が良いわけじゃありませんからね。

 

そして、断熱性能同様に、

窓が増えることによって

悪くなるのは家の耐震性です。

 

窓があるところは、

耐力壁に出来なくなるので、

窓が増え、逆に壁が減れば、

その分耐震性が悪くなる

ということですね。

 

さらに、窓は外壁を汚す

一番の原因でもあるため、

窓を増やせば、その分

外壁の汚れも目立ちやすくなります

 

とりわけ、家の正面に

窓をたくさんつくってしまうと、

家の正面が汚れやすくなるので、

外壁のメンテ周期が早まったり、

訪問販売のリフォーム会社の

格好のターゲットとなり、

出費が増えることになりかねません

 

この他、窓が増え壁が減ることによって

収納が減ってしまうという

隠れデメリットもあるので、

出来る限り窓が少なくなるように

設計しないといけません。

 

もちろん、明るさや開放感を

一切犠牲にすることなく、です。

 

✔︎窓が少なくていい家の条件

 

では、窓を最小限にするためには、

どのようにすればいいのか?

 

この答えは、

「カーテンありきの窓を

つくらないようにする」

ということです。

 

視線の遮断と共に

光まで遮断してしまうのが

カーテンだからです。

 

視線を遮るためのカーテンが

必要ない窓をつくることが出来れば、

その窓からは

ふんだんに光が入ってきます。

 

そして、壁や天井に反射して、

家全体に光が拡散されていき、

家全体が満遍なく

自然光だけで明るくなります。

 

つまり、カーテンありきの

窓にしなければ、

やみくもに窓を沢山つくらずとも

家の中が明るくなるというわけです。

 

なので、設計をする時には、

方位や環境に配慮しながら、

それぞれに適した

窓の形やガラスの種類を

選んでいただければと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。