「明るさ」と「開放感」の方程式

多くの方が

リビングダイニングに求めることが、

「明るさ」と「開放感」だと思います。

 

そして、その手段として、

大きな窓をつくり、

天井を高くするのですが、

実はこの2つを採用しただけで、

充分な「明るさ」と「開放感」を

得ることが出来るとは限りません。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

まず、なぜ大きな窓をつくるだけで

充分な明るさが得られないのかと言うと、

基本的にほぼすべての窓が

カーテンありきの設計になっている

からです。

 

つまり、光を採りこむために

窓をつくったにもかかわらず、

カーテンで光を遮っているから

家の中が薄暗くなってしまう

というわけですね。

 

そして、大きな窓がある

リビングはまだしも、

北に追いやられがちなキッチンや、

北に追いやられつつ、

窓のサイズまで小さい

洗面などの水回りは、

照明なしでは居られないぐらい

暗くなってしまいます。

 

また、天井だけ高くしても、

窓や室内ドアが低いままでは、

天井付近まで光が拡散しないため、

かえって天井付近が

薄暗くなってしまいます。

 

となると、南向きでつくった

リビングやダイニングでさえも、

朝から照明に頼らざるを得なくなる

というわけですね。

 

では、開放感についてはどうでしょうか?

朝から夜までずっと

照明に頼り続けないといけない家は、

果たして開放感あふれる

住まいなのでしょうか?

 

視線を遮るために、

閉じた状態となったカーテンによって、

全く外が見えなくなってしまうとしたら、

果たしてその空間から開放感を

感じることが出来るでしょうか?

 

カーテンが閉まっているということは、

一面壁に囲まれているのと

何ら変りないってことですからね。

 

✔︎「明るさ」と「開放感」の方程式

 

家全体に満遍なく

自然光を届けるためには、

まず窓から入ってくる光を遮らないこと、

そして、その光が全体に届くように

してやらなければいけません。

 

では、そうするためには、

一体どうすればいいのか?

 

まず、大前提として、

窓は基本的に視線を遮るための

カーテンがいらないように

つくらないといけません。

 

そして、その上で、

窓から入ってきた光を

家全体に拡散する工夫を

施さなければいけません。

 

その一つが、

窓と室内ドアと天井の高さを

全て揃えるということです。

 

こうすることによって、

室内に入ってくる光量が増えるし、

天井付近まで

光が拡散しやすくなるからです。

 

また、天井とドアの高さを

揃えることによって、

空間に奥行きが感じられる

視覚効果が得られるので、

窓の高さも相見えて

開放感を感じてもらいやすくなります。

 

そして、光を拡散させる

もう1つの工夫が、

内装を白やアイボリーを

基調とすることです。

 

また、床や家具の色なども、

ダークトーンのものではなく、

ライトトーンのものを

(オークやメープルなど)

選んでいただくと

さらに明るさが増すと思います。

 

✔︎そんなこんなでまとめると、、

 

リビングダイニングに

「明るさ」と「開放感」を出すためには、

一般的には、

大きな窓」+「天井を高くする」

と考えられていますが、

隣近所が100mぐらい離れているような

めちゃくちゃ田舎に家を建てない限り、

これだけでこの2つは実現出来ません。

 

一方で、

「カーテンがいらない窓」+

「窓とドアと天井の高さを揃える」+

「内装を白基調とする」

を全て実現していただくと、

たとえ隣近所が全て

家に囲まれていたとしても、

100%明るくて開放的な住まいを

実現することが出来ます。

 

なので、これから50年以上

住み続けていくであろう住まいを

より良いものにするために、

間違えた方程式ではなく

この正しい方程式を

覚えておいてくださいね。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。