家づくりでのお金の使い方

家を建てる時には、

例外なくすべての方が、

生命保険を見直すべきです。

 

というのも、

住宅ローンを利用すれば、

団体信用生命保険という

掛け捨ての定期保険に入ることになり、

基本的にその保険さえあれば、

その他の死亡保障は

全て必要なくなるからです。

 

なんと言っても、

残された家族にとっての

一番のリスクは、

住居費を支払っていくことですからね。

 

それがなくなれば、

固定費が一気に少なくなるし、

こんな話をするのもアレですが、

もしものことがあった場合、

遺族年金も支給されるし、

生活費も大幅に減りますしね。

 

要するに、

もしものことが起こった場合でも、

奥さんが働き続けている限りは、

暮らしがキツくなることがないので、

ぶっちゃけ、これ以上の保障を

余分なお金を払ってまで

つける必要はないっていう感じですね。

 

保険のかけ過ぎは、

ただただ保険屋を

儲けさせるだけですしね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

そんなこんなで、

家を建てる時には、

必ず今入っている生命保険は

一旦見直してみてほしいのですが、

とはいえ、見直したことによって

仮にお金が浮いたとしても、

絶対にやってはいけないのが、

それを家づくりに回してしまうことです。

 

保険を見直す理由は、

もっと効果的に

お金を増やすためだからなのですが、

そう考えると必然的に

家にお金を回すという選択肢は

消去されるからです。

 

基本、家は新築時が最も価値が高く

年を経るごとに

価値が目減りしていくものですしね。

 

✔︎家賃よりも増やすべきじゃない理由

 

家を建てるにあたって、

今の家賃よりも返済額を増やして

家を計画しようとする方がいますが、

これは絶対にやめた方がいいと思います。

 

理由は、家を持つと、

固定資産税が必要になるし、

家のメンテも自分で

やっていかないといけないからです。

 

つまり、税金とメンテ費用の合計が

毎月3万円必要だとしたら、

単純にローン返済より3万円

出費が増えるってことなので、

仮に、あなたが家賃より3万円増やして

家を建てようとしているとしたら

3万円ではなく6万円

今より負担が上がってしまう

というわけです。

 

それゆえ、個人的には、

返済額の上限を家賃ぐらいに設定し、

かつ、生命保険を見直すことによって、

今の負担と変わらない状態で

家を持つことをオススメしている

というわけです。

 

つまり、周りのみんなが

どんな風に家づくりをしようと

一切気にすることなく、

自分自身の身の丈に合わせた

家づくりの予算計画を立て、

その予算に合わせた

土地選びと家づくりをすべきだ

ということです。

 

そして、そこで出来たゆとり資金を

全て積立投資に全力投球していくべき

だと思っています。

 

✔︎驚異的な差を生む予算計画

 

では、保険も見直さず、

家づくりにも多大な予算を突っ込んだ人と

保険も家づくりの費用も見直すことで、

6万円ものゆとり資金が生まれた人とで、

ローン返済が終わる35年後

一体どれくらいの差が生まれるか

簡単に試算してみましょう。

 

まず、全て家に突っ込んだ人ですが、

この場合、貯蓄額は0ですね。

90%以上の確率で、

将来貧乏確定です。

 

では、この浮いた6万円を

銀行に貯金していった場合

どうなるでしょうか?

 

この場合、普通、定期にかかわらず、

ほぼ無金利に近い状態なので、

単純に6万円×12ヶ月×35年=

2520万円(+毛が生えた程度の利息)

といったところでしょうか。

 

面白みは全くありませんが、

家づくりのコストを抑えた分、

確実に手元にお金が

残っていっているので、

家に突っ込んだ人とは

大きな違いが生まれますよね?

 

では、このお金を35年に渡って

毎月コツコツと積立投資していった場合、

一体どうなるでしょうか?

 

この場合、毎年平均2%ずつ

コンスタントに上がっていく

投資信託にお金を預けていったとしたら、

35年後には預けたお金が、

ほぼ2倍ぐらいまで増えることになります。

 

つまり、2520万円の原資が、

5040万円近くまで増える

ということですね。

ただし、この場合、

増えたお金に対して

約20%の税金がかかるので、

実質は4536万円ぐらいですけどね。

 

税金で引かれるのは

勿体無い気もしますが、

ほったらかしにしておくだけで、

これだけお金が増えるとしたら、

めちゃくちゃ嬉しいと思いません?

 

そんなこんなで、

個人的には、保険を見直し、

かつ家づくりの予算を見直すことで、

こういう選択をして欲しい

と思っている次第です。

 

「iDeCo」や「つみたてNISA」

といった制度を利用すれば、

先程の約20%の税金も

大幅に抑えることが出来るし、

「iDeCo」に関しては、

掛け金に対して節税効果もあるので、

うまくいけば2520万円よりもっと

お金が増えるわけですからね。

 

✔︎貯蓄や投資を優先させる理由

 

最後に、なぜ僕が

積立投資を優先させた方がいい

と思っているかについて

お伝えさせていただきます。

 

その理由は、

これからは同じ会社でずっと

勤め続けられるような

時代じゃなくなるからです。

 

つまり、これからは、

勤め続けてさえいれば、

給料が増えていくという

これまでの常識が通用しなくなる

ということですね。

 

おそらく、公務員さんでさえ、

一定の職種を除けば、

解雇や雇用形態の変更、

そして減給なども

十分にあり得るのではないでしょうか。

 

そんなこんなで私たちは

余程の突出したスキルでもない限りは、

そう簡単に収入が増えることはないと

考えておいたほうが賢明だと思います。

(もちろん、常に自己投資することで、

スキルを磨いていく必要はありますが)

 

そして、どんな状況が

自分の身に起ころうとも

問題なく生活していけるように

今のうちから準備していくべき

ではないでしょうか。

 

家計の固定費、変動費ともに

最小限に抑えるように生活することで、

収入が減っても困らないように備えつつ、

今後ずっと積立投資していくことで、

お金にレバレッジをかけることによって。

 

もちろん、これは僕自身が

勝手に最悪のシナリオを想定して、

こうすべきだと思っているだけで、

実際は、こんなことには

ならないかもしれません。

 

ですが、99.9999%言えることは、

多くの方にとって

家づくりのお金の失敗というものは、

一生をかけたとしても

取り戻すことが出来ないものである

ということです。

 

つまり、家づくりの予算の失敗は、

イコール人生の失敗に等しいものである

ということです。

 

なので、たとえ不動産屋さんや

建築会社や周りの人たちが

楽観的なアドバイスをしようとも、

それを真に受けず、

将来をシビアに見積もった上で

家づくりの計画を

立てていただければと思います。

 

まさに、家づくりは

人生の大きな大きな岐路

と言っても過言ではありませんから。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。