お金の不安がなくなるたった1つの秘訣

お金を増やすためには、

収入を増やし、

支出を減らさなくてはいけません。

 

そして、収入を増やすためには、

共働きで働くと共に、

給料が上がるように

能力を高めていかないといけないし、

支出を減らすためには、

日々の暮らしの中で

無駄遣いをなくすと同時に、

決まって出ていくお金(固定費)を

極力抑えなければいけません。

 

それゆえ、

お金を増やしたい・・

そしてお金の不安なく暮らしたい・・

とお考えだとしたら、

まずは保険や車にかかる費用を

出来るだけ抑えると共に、

家づくりにかける費用も

出来るだけ抑えることをオススメします。

 

そして、家計の中にゆとりをつくり、

そのゆとり資金を、

天引きにて積立投資に回してください。

 

天引きにする理由は、

手元にお金を置いておくと、

よっぽど変人でもない限り、

気が緩んで使ってしまうからです。

 

なので、社会保険のように、

ハナから手元に残らないような

取り扱いにするというわけですね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

さて、今回は、

『お金の不安がなくなるたった1つの秘訣』

である『積立投資』について

お伝えしていきたいと思います。

 

時々お話ししている

銀行に預けても増えないから、

積立投資に回した方がいい

という話ではなく、

お金を増やす手段として

なぜ積立投資を選択すべきなのか?

ということについてです。

 

今回は、家の話は一切しませんが、

家の話以上に大事な話なので、

全員スルーせずに

ご覧いただけたらと思います。

 

では、その理由について。

 

✔️成功者の恩恵を受けられるから

 

積立投資をするということは、

世界中にある色んな会社に

分散して投資を行い続ける

ということなのですが、

それはつまり、

世界中の素晴らしい経営者たちが

革新的なイノベーションによって

もたらした多大な利益の一部を

分けてもらうということです。

 

一方で、積立投資をしなかった場合、

お金を増やす手段は、

自分自身が彼らに代わって、

革新的なことを

成し遂げないといけないのですが、

さて、普通に考えてどちらの方が

いったい確率が高いのでしょうか?

 

そら、もちろん前者の方ですよね。

 

そして、1つの会社に集中するのではなく、

分散してたくさんの会社に投資することも

とっても大事な要素です。

どこの誰が成功するかなんて、

僕たちには全く読めないですからです。

 

これが個別で株を買うのが危険だとか

博打だとか言われている理由ですね。

いわば増える可能性と減る可能性が

半々って感じなわけですからね。

 

そんなこんなで、

分散して投資をすることが

とっても大事なのですが、

ちなみに、過去150年間の

アメリカのS&P500という

超優良企業500社の平均的な株価は

毎年ずっと平均7〜8%ずつ

増えていっているので、

ここに投資するということは、

この利率でお金が増えていく

ということなんですよね。

 

✔️安い時にたくさん買い、

高い時はあまり買わないような

仕組みになっているから

 

続いて、積立にする理由、

つまり毎月(毎日の方がなお良い)

決まった金額で買っていく理由

についてです。

 

この理由は、

株価は毎日変動するからです。

つまり、高くなる日もあれば

逆に安くなる日もあり、

その動きなんてプロでも

完全には読めないからです。

 

そして、この安くなるというのが

お金が増える大きなミソとなるんですよね。

分かりやすく金額にしてみますね。

 

例えば、毎月30000円

積み立てていくとして、

一口3000円の投資信託を買うとしたら、

毎月10口ずつ買っていくことになりますよね?

 

ところが、

株価は上下の変動を繰り返しながら、

徐々に上がっていくものなので、

ある月は3000円という価格が

2700円になることもあるし、

逆に3300円になることもあります。

 

では、2700円になった月は

どうなるのかというと、

10口ではなく11口買うことになるし、

逆に、3300円になった月は、

9口しか買わないということになります。

 

つまり、

毎月決まってお金を投じていれば、

高くなれば必然的に

あまり買わないようになるし、

逆に、安くなれば必然的に

より多く買うようになる

ということなんですが、

実は、これがお金が増えるスピードを

加速させる大きな要因なんですよね。

 

安い時に多く買い、

高い時は買い控えるわけですからね。

 

そんなこんなで、

投資はまとまったお金を

一気に何かに突っ込むのではなく、

コツコツと積立投資をしていった方がいい

というわけなんですよね。

 

これが『ドルコスト平均法』

という考え方です。

 

いかがでしたか?

こうやって人に言うぐらいなので、

もちろん僕自身も

積立投資をやっています。

 

つみたてNISAとiDeCoの枠は

いっぱいいっぱいまでやると同時に、

それとは別で、でもです。

 

そして、コロナショックで

大きなマイナスになったタイミングでも

変わらず自動的に積み立て続けていたので、

予想以上にお金が増えています。

 

ということで、

僕の話はさておいたとして、

これから家づくりをする方は、

家づくりに取り掛かる前に、

まずは積立投資のための口座を開き、

積み立てを始めてもらえたらと思います。

 

これが家を持った後も

お金の不安を感じることなく暮らしていく

たった一つの秘訣だと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。