美しい家を創るたった1つのルール

弊社が建てるお家の特徴の一つに

「窓がないフラットな外観」

がありますが、もちろん、

これにもきちんとした理由があります。

 

1つは、

間取りを分からないようにすることで、

防犯性とプライバシー性を高めるため。

 

つまり、より居住性の高い住まいを

実現するためですね。

 

そして2つ目が、

窓をはじめとした一切の部材を

正面からなくすことによって、

家を汚れにくくするため。

 

つまり、美しい状態が

維持しやすくなれば、

外壁のメンテサイクルが長くなり、

結果、ランニングコストが

抑えられるからですね。

 

最後に3つ目が、

俄然、家がカッコイイからですね。

表向きは言い難いことですけどね(笑)

 

なんせ、家に関しては、

「カッコ良さを優先した家=住み難い家」

的なレッテルがありますからね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

とはいえ、

弊社で建てるお施主さんはもちろん、

潜在的にかなり多くの方が、

どうせならカッコイイ家にしたいと

思っていると思うので、

今回は、カッコイイ家を

つくるためのルールについて

お伝えしていきたいと思います。

 

たった1つだけだし、

めちゃくちゃ簡単なルールなので、

ぜひ覚えておいてください!

では早速。

 

✔︎シンプルで簡単なルール

 

そのルールとは、

あなた自身が、

勝手に部屋の配置や動線を決めたり、

間取りを指定しないことです。

 

理由は簡単。

そんなことをしたら、

設計士はそれを優先して間取りを

つくらざるを得なくなるからです。

そもそもその要望が、その土地に

合致しているかどうかに関係なく。

 

例えば、南向きの土地を

買ったからといって、

リビングダイニングはもちろん、

寝室も子供部屋も全て

南向きでつくってくださいなどと

伝えてしまうと、

これだけで描く前からほぼ間取りが

決まったようなものになります。

 

1階だと、玄関・リビング・

ダイニングが南で、

2階だと寝室、子供部屋が南、

そして、北には水回りと階段が

来るといった感じですね。

 

で、この家がどうなるかというと、

まず、かなり高い確率で、

玄関の真横にリビングの

エアコンの室外機が来ることになります。

 

また、南向きの窓は、

全て大きな窓にするでしょうから、

窓を見ただけで、

一瞬で間取りが分かってしまいます。

 

さらに、洗濯物を

寝室のベランダに干すとなると、

いつも周りから洗濯物が丸見えになり、

生活臭が漂う住まいになってしまいます。

 

そして、この住まいは、

居住性も決して良いとは言えません。

というのも、

2階につくった子供部屋は、

子供が小さいうちは使わないため、

リビングが散らかりやすくなるし、

進学と共に子供が出て行った後、

別の用途として使いにくいからです。

 

洗濯だって上下を行ったり来たり

しないといけないわけですしね。

毎日ホント大変です・・

 

この他、玄関→土間収納→

ファミリークローゼット→洗面→

リビング(ダイニング)という風に、

通り抜け動線を指定したりするのも、

それだけで間取りを

固定してしまうことになるし、

これに関しては、

土地の向きによっては、

やるべきではない場合も多々あります。

 

そもそも通り抜けにすると、

それだけで収納力が

大きく低下してしまいますしね。

(収納スペースを

通路に持っていかれるからです)

 

そんなこんなで、

勝手に自分自身の中だけで

あれやこれやと

つくりあげておかないことが

大事だというわけですね。

 

カッコイイ外観にするためだけじゃなく、

居住性の高い住まいにするためにも。

 

✔︎後は設計士のセンス次第!

 

とはいえ、

じゃあ要望を全く伝えない方がいいか

というとそういうわけでもなく、

やりたいと思っていることは

しっかり伝えるべきです。

(それによって必然的に間取りが

決まってしまうような要望がNG

だということです)

 

あなたが一生暮らしていく

住まいですからね。

 

しかし、これから家を建てる方に

覚えておいて欲しいことは、

「間取りは環境によって決まる」

ということ、そして

「外観は環境と間取りによって決まる」

ということです。

 

つまり、間取りはあなたの

要望だけでつくるのではなく、

その土地に合わせて

つくるべきだということ、

そして、外観は

それによって出来上がった

間取りと環境を考慮しながら

つくりあげていくものだ、

ということですね。

 

これを覚えておいていただき、

かつ、必然的に間取りが

決まってしまうような

指定さえしなければ、

きっとカッコよくて居住性も高い住まいを

設計士さんが考えてくれることでしょう。

 

後は、設計士さんのセンス次第ですが、

これが美しい家をつくるための

たった1つのルールというわけです。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。