「中庭がある平屋」の現実

「平屋にしただけでも

家が高くなると思うんですけど、

その上さらに中庭をつくるとなると、

外壁の面積が広がってしまって、

もっと高くなるんじゃないですか?」

 

時々、このようなご質問を

いただくことがありますが、

この質問は、

なかなか的を得ている

とってもいい質問です。

 

つまり、この質問に対する答えは、

基本的には「YES」であり、

そうなってしまうがゆえに、

平屋や中庭の提案が出来ない

住宅会社もあるのではないでしょうか。

(そもそもその発想さえない

会社の方が圧倒的に多いと思いますが)

 

しかし、

中庭をつくることによって

カット出来るモノもあれば、

平屋にすることによって

カット出来るモノもあり、

その2つを上手く組み合わせる

ことさえ出来れば、

コストを上げることなく

「中庭がある平屋」を

建てることが出来るので、

今回は、このことについて

お伝えしていきたいと思います。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、まずは

「中庭」をつくることによって

カット出来るモノについてからです。

 

✔︎そもそも中庭をつくる理由

 

弊社が建てる家に

なぜ中庭が多いのかと言うと、

本当に居心地のいい空間を

つくるためには、

採光の確保とプライバシーの担保を

両立させる必要があるからです。

 

例えば、多くの家が

周囲に向かって大きな窓を

たくさんつくっていますが、

そこからは光と共に視線も入ってきます。

 

となると、カーテンなしでは、

とっても居心地の悪い家に

なってしまいますよね?

いつも誰かから見られながら

暮らすことになるわけですからね。

 

そして、ほとんどの窓に

カーテンを設置するわけですが、

となると、当然光まで

遮ってしまうことになりますよね?

レースだけじゃあ

中は丸見え同然ですからね。

 

一方で、中庭をつくると

中庭につくった窓は、

外からの視線を

全く気にする必要がありません。

見えるのは、

自分の家の中のどこかの部屋か

自分の家の外壁のどちらかですからね。

 

それゆえ、その窓には、

視線を遮るために

カーテンをつける必要がなくなります。

(方位によっては陽射しを調整するために

必要かもしれませんが)

 

また、カーテンいらずの中庭の窓は、

日中ずっと安定的に

家の中に光を届けてくれることから

家の外周部に大きな窓を

設置する必要がなくなるし、

窓の数をやみくもに増やさずとも、

充分家の中を明るくすることが出来ます。

 

以上のような理由から、

「中庭」には、

窓にかかるコストを

カット出来るという効果と、

カーテンにかかるコストを

カット出来るという2つの効果が

あるというわけですね。

 

(窓に関しては20〜30%ぐらいで、

カーテンに関しては70%〜90%ぐらい

だと思われます(*注:高根調べ))

 

では、続いては、

平屋にすることによって

カット出来るモノですね。

 

✔︎圧倒的な住みやすさが平屋の特徴

 

平屋には、あなたが想像している以上に

多くのメリットが存在するのですが、

そのうちの一つが

「圧倒的な住みやすさ」です。

 

アパート暮らしの方なら

共感いただけると思いますが、

これまでと同様にワンフロアのまま

部屋や収納が増えるわけですからね。

 

例えば、2階建ての場合、

子供部屋を2階につくる方が

圧倒的に多いと思いますが、

実は、これがリビングを汚す

最大の理由なんですよね。

 

だって、小さな子供たちは、

親と離れた場所に居たがらないし、

いちいち2階まで自分のモノを

持っていくわけありませんからね。

 

なので、このような家には、

1階荷物置き場も兼ねた

和室をつくっている場合が多いんですが、

仮に子供部屋を

1階につくることが出来れば、

この部屋をつくる必要なんて

ないような気がしません?

 

となると、この部屋分、

丸々家を小さくすることが出来るので、

その分、建築コストを

縮めることが出来ますよね?

平屋だと階段だって必要ないし、

トイレも1つ減らすことが出来ますしね。

 

この他、設計のやり方によっては

ただ通るだけの廊下も省くことも出来るし、

それぞれの部屋(寝室・子供部屋)の広さも、

ただ寝るだけだと考えると、

最小限にしてもなんら支障もないですしね。

(寝る時間以外ずっとリビングで居ますよね?)

 

そんなこんなで、

「中庭がある平屋の家」を

こなれた価格で建てることが出来る

というわけですね。

 

ただし、後者の家をコンパクトにする

というアイデアには、

あなたの理解が必要不可欠

となりますけどね。

 

つまり、部屋の数や広さ、

配置を指定されたり、

坪数や坪単価で

家づくりを考えている人には、

不向きだということですね。

 

部屋数を少なくしたり、

部屋を小さくすれば、

当然面積は小さくなるし、

そうなれば坪単価は確実に

高くなりますからね。

 

ということで、

上記のような価値観にこだわらず

居心地が良くて住みやすく、

おまけにオシャレなデザインの家を

こなれた価格で建てたいなー

とお考えの方は、

ぜひぜひこのアイデアを

参考にしていただければと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。