一戸建ての修繕積立金

分譲マンションを買った場合、

住宅ローンの返済とは別に、

エレベーターや階段、通路といった

共有スペースの維持管理費用として

「管理費」が必要になるのと、

やがて必要となる外壁の修繕や

エレベーターの故障などに備えて

「修繕積立金」が必要になります。

(駐車場代も別にかかります)

 

それゆえ、

分譲マンションの購入時には、

単純にマンションの価格だけを

見ればいいわけではなく、

これら別途費用のことも考慮した上で

検討しなければいけません。

 

一方で、一戸建てを買う場合は、

そもそも管理費も必要なければ、

駐車場代も必要ないし、

修繕費用の積立金も

分譲マンションのように

義務化されているわけではありません。

 

それゆえ、ついつい

修繕費用についての見立てが甘くなり、

その分、家に予算を

突っ込んでしまいがちなのですが、

これでは間違いなく

将来困ることになるので、

建てる前に、

これらの費用についてもある程度試算し、

コツコツと積み立てていく必要があります。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では今回は、

それらにどれくらいかかるのかと、

どれくらい積み立てしていくべきか

についてお伝えしていきたいと思います。

 

あくまで僕が個人的に推奨している

考え方であり、絶対こうすべきだ

というわけではないので、

参考程度に読んでいただければと思います。

 

✔︎60年住むことを前提として試算

 

家を建てる年齢も、

いつまで生きるのかも

人によって違うので、

平均的な数字として

35歳で家を建て95歳まで生きる

という前提のもとで

考えていってみましょう!

 

まず必要となるのが

外壁や屋根などの外部塗装費用です。

では、これが約15年に1回のペースで

必要になるとして、

毎回その費用に150万円かかるとしたら、

生涯で3回ほど、

この費用が必要となります。

つまり150万円×3回=450万円ですね。

 

また、30年〜35年後には、

キッチン・お風呂・洗面・トイレなどの

水周りもリニューアル

することになるでしょう。

 

それゆえ、これらのリフォーム費用も

計上しておかないといけないのですが、

おそらく、このタイミングで

床や壁なども大なり小なり

リフォームすると思うので

これらには360万円ぐらい

予算を取っておきましょう。

 

さらに、忘れてはいけないのが、

家電にかかるお金です。

電化製品は基本10年ごとに

故障すると言われているし、

製品のクオリティも、

どんどん進化していくでしょうしね。

 

なので、これらについても

拾い出しておく必要があります。

 

まずはエアコンですね。

子供たちが2人居るとして

考えてみましょう。

 

この場合、リビングと部屋を合わせると

合計4台のエアコンが必要ですが、

リビングと寝室は

ずっと部屋を使い続けるので、

5回買い換えが必要ですね。

 

一方で子供たちは

途中で家を出て行くので、

おそらく1回しか買い替える必要がない

可能性が高いのではないでしょうか。

 

となると、今後

エアコンにかかるトータル費用は、

リビング用の価格を

取付費も合わせて25万円、

それ以外の費用を10万円ずつと考えると、

20万円×5回+10万円×5回+10万円×2台×1回

=170万円ということになります。

 

では、続いては冷蔵庫と洗濯機です。

これらは、思っているより高いし、

間違いなくこれから先も

ずっと必要なモノなので、

しっかりと予算に組み込んでおくべきですね。

 

ということで、

冷蔵庫が25万円で洗濯機が15万円だとして、

(ドラム式 or 縦型+乾燥機の価格です)

10年ごとに買い換えるとしたら、

これらには合計で200万円ほど必要ですね。

 

このほか、テレビやパソコン、

レンジや掃除機、ジャーなどなど

細々した家電製品もありますが、

これらを合わせた分にも

10年ごとに20万円ぐらいかかるとして、

合計100万円の予算をみておきましょう。

 

いわゆる、これら全てを合わせた金額が、

生涯メンテナンス費用としてかかる

というわけですね。

足してみると1280万円です。

 

では、これらのお金は

今後60年の間で必要となるお金ですが、

出来れば働けるうちに

このお金を貯めておきたいですよね。

 

歳をとり収入が減ったり、

あるいは、なくなった状態で、

大きなお金がまとまって出て行くのは、

精神的にもかなりキツイですからね。

 

となると、かなり高い確率で

健康で働くことが出来るであろう

これから30年の間で、

これらのお金を貯めて

いかなければいけません。

 

つまり、1280万円÷30年

=42.6666666万円

月に換算すると、

約3.5万円ずつは修繕費用として、

お金を置いていった方がいい

ということですね。

 

ねっ?

思っているより、

だいぶ多くお金がかかるでしょ?

 

そんなこんなで、

この積立資金のことも考えた上で、

毎月の返済金額を決めるべきだ

というわけですね。

 

もちろん、これだけじゃなく、

老後資金や教育資金のことも

一緒に考えないといけませんけどね。

(これについては次回また。)

 

✔︎間取りづくりの重要性

 

そして最後に、

もう1つ大切な考え方について

お話したいと思います。

 

それは、将来増築しなければ

いけないような間取りづくりを

絶対にしてはいけないということです。

 

将来、水回りも含めたリフォームの時、

増築までしなくてはいけないとなると、

さらに300万円〜500万円ほど

余分な出費が必要となるからです。

 

つまり、さらに毎月1万円以上の

お金を積み立てしていかないといけないか、

あるいは、大切な老後資金から

そのお金を捻出しなければいけなくなる

というわけです。

 

ということで、

今のことだけを考えて

家づくりをするにではなく、

間取りもお金も

将来のことまで見据えた上で

計画してもらえたらと思います。

 

そうしたのとしてないのとでは、

間違いなく絶望的な差が生まれるので、

気をつけてください!

 

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。