ローンの返済期間は短い方がいいのか?

住宅ローンの支払利息は、

返済期間が長くなるほど

大きくなっていきます。

 

例えば、3000万円を銀行から

1%の金利で全期間固定で

借り入れする場合、

35年返済にすれば、

毎月の返済金額は84,685円となり、

総返済額は35,567,804円となります。

(84,685円×420回払い)

 

一方で、30年返済にしてみると、

毎月の返済は96,491円と

先程より11,806円上がるものの、

総返済額は34,736,908円となり、

先程より830,896円減ります。

 

そんなこんなで、

そもそも返済が可能だとしたら

35年返済でローンを組むよりも

30年返済で組んだ方が

いいんじゃないかと

普通は思ってしまうのですが、

実はそうでもないので、

今回はその理由について

お伝えしていきたいと思います。

 

いつも同様、

僕自身の個人的な見解なので、

あくまで参考程度で

お聞きいただければと思います。

 

おはようございます。

SIMPLE Imc.高根です。

 

では、分かりやすく数字で

お伝えしていくので、

面倒くさがらずに

ついてきてくださいね!

大事な大事なお金の話です。

 

✔︎11,806円の使い方

 

先程35年返済と30年返済では、

毎月の差が11,806円あると

お伝えしましたが、

このお金の運用方法によって、

30年選ぶべきなのか

35年を選ぶべきなのかが

違ってきます。

 

・銀行に定期預金をする人

「貯金=銀行」

という選択肢しかない人は、

出来るだけ返済を短くすべきです。

理由は、銀行の預金金利より

住宅ローン金利の方が高いからだし、

銀行にお金を預けてても

全くお金は増えないからです。

 

では、銀行の定期預金金利は

0.002%なので、

それでどれくらいお金が増えるのか

簡単に試算してみますね。

 

(年間貯金)

11,806円×12ヶ月=141,672円

(年間利息)

141,672円×0.00002=約2.8円

かつ、ここから税金が

約20%引かれるので、

2.8円×0.8=約2.3円

 

ねっ?

金利が低くてお金が増えないことを

知っている人は多くても、

さすがにここまで酷いとは

思ってなかったことないですか?

 

なので、無難に銀行にお金を預ける

という選択肢しかないぐらいだったら、

返済期間を短くして

金利を圧縮した方がいいというわけです。

 

・積立投資を始めたいと思っている人

こう思っている人は、

返済期間を35年に設定し、

投資資金を捻出することをオススメします。

 

では、仮に先程の11,806円を

35年間ずっと毎月(毎日)積み立てていき

年平均2%ずつお金が増えていくとしたら、

いったいどうなるのでしょうか?

 

(1年目)

11,806円×12ヶ月×1.02=144,505円

(2年目)

(144,505円+11,806円×12ヶ月)

×1.02=291,900円

(3年目・・・)

という風に計算していってみると、

35年後には預けたお金が、

2倍近くまで膨れ上がることになります。

 

つまり35年間の総投資額の

11,806円×12ヶ月×35年=

4,958,520円が約992万円に

なっているということです。

 

もちろん、

この場合も増えた分には、

約20%税金を取られるので、

これも考慮すると増えたお金は

ざっと396万円ぐらいですけどね。

 

そんなこんなで、

個人的には、

無理に返済を短くするよりも、

余力をつくり、その資金を

積立投資に回した方がいいと

思っているというわけです。

 

人生100年時代になると考えると、

老後生活がそんなに長くなっても

毎日退屈でしょうから、

私たちの世代は、

35年後も当たり前のように

仕事をしてそうですしね。

 

住宅ローンには

もしもの時に備えて、

掛け捨ての生命保険だって

含まれていますしね。

 

ってことで、

家づくりをする時には、

積立投資をする余力を残した上で、

返済額を決めてもらえたらと思います。

 

もちろん、先のことなんて

誰も分からないし、

積立投資と言えど

多少なりともリスクはつきものです。

 

しかし、今は「iDeCo」や

「つみたてNISA」といった

税金を優遇する制度もあり、

これらを利用しないなんてことは

メチャクチャもったいないことです。

 

なので、こういった

お金のことも勉強した上で、

住宅ローンの商品選びや、

返済額や返済期間の設定を

してもらえたらと思います。

 

それでは、、、

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。