頭金は入れた方がいいのか?

資金計画の時に

よく質問されることの一つが

「頭金を入れた方がいいのかどうか?」

ということです。

 

もちろん、入れなかった頭金を

そのまま銀行の口座の中に

ずっと眠らせておくつもりなら、

99.9999%入れた方がいいのですが、

(住宅ローン金利1%に対して、

普通預金金利が0.001%だからです)

今回は、少し違った視点から

この答えを考えていってみたいと思います。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、総予算を3500万円として、

500万円を頭金として入れる場合と

全く入れない場合とで

比較してみましょう。

それぞれ35年返済、

全期間固定型、金利1%で

数字をはじき出していきますね。

 

✔︎頭金を入れない場合

 

この場合、

毎月の返済額は98,799円となり、

総支払額が41,495.820円となります。

(98,799円×12ヶ月×35年)

つまり、支払利息は

6,495,820円だということですね。

 

一方で、一切手をつけてない、

頭金として準備していた500万円を、

今後35年間、毎月コツコツと

積み立て投資していくと仮定します。

500万円÷35年÷12ヶ月=11,905円を、

毎月積み立てていくというわけですね。  

 

そして、その運用利率が

毎年約2%だとしたら、

ざっくりと計算してみると、

この500万円というお金は、

35年後には約2倍の1000万円

にまで増えることになります。

 

では続いて、この比較対象として、

頭金として500万円入れた場合、

どうなるのかについて

計算していきたいと思います。

 

✔︎頭金を入れる場合

 

この場合、

借入額が3000万円となるので、

海月の返済額は84,685円となり、

3500万円借りた時よりも、

毎月の返済額が

14,114円少なくなります。

 

そして、総返済額が

35,567,804円となるので、

支払利息が5,567,804円となり、

3500万円借り入れする時よりも、

928,016円少なくなります。

 

では、毎月のフローとなる

この14,114円を先程と同じように、

今後35年間、毎月積み立てし、

同じ利率(2%)で

増えていったとしましょう。

 

となると、

14,114円×12ヶ月×35年=5,927,880円

が約2倍に膨れ上がることになるので、

ざっと35年間で600万円弱増えた

ということになります。

 

✔︎そんなこんなで結論

 

こうやって数字で表してみると

非常に分かりやすいのですが、

頭金は入れないよりも

入れた方がいいということが

お分かりいただけた

のではないかと思います。

 

この例で言うなら、

頭金を入れた方が

利息を約90万円圧縮しつつ、

積み立てによって約100万円

余分にお金が増えているわけですからね。

 

もちろん、この比較は、

選ぶ住宅ローンの種類や、

積み立ての方法によって

違ってくるので、

一概には言えないんですけどね。

 

とはいえ、

単純に理屈で考えてみたところ、

頭金は入れないよりは入れた方が

よりお金を手元に残しやすくなる

ということなので、

もし、それに迷っているようならば、

頭金は入れるようにしてもらえたら

いいんじゃないかなと思います。

 

ただし!

頭金を入れるからといって、

不用意に予算を上げて

しまわないようにだけ

注意していただければと思います。

 

手元に残る貯金はなくなってしまうわ、

毎月のフローもなくなってしまうわでは、

増やす元手がなくなってしまうだけ

ですからね。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。