数とコストと管理のしやすさと

家を建てる時、

明るくて開放的にしたい・・

風通しを良くしたい・・

という願いから

ついつい窓の数が多くなってしまいます。

 

しかし、窓が多くなれば

耐震性も悪くなるし、

断熱性も悪くなるし、

掃除も大変だし、

外壁も汚れやすくなるし、

収納も減る原因になります。

 

また、窓が多いと、

これまでになかった心配事が生まれ、

それが窓をつくった意味を

さらに殺してしまうことになります。

 

なので、窓をつくりすぎて

後から「ミスったーーー!!!」

なんてことにならないためにも、

今回は、窓をつくり過ぎた人が

どんな風に暮らしているのかを

お伝えしたいと思います。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

多くの方が家を建てる前は

賃貸アパートかマンションに

住まれていると思いますが、

これらの住まいには、

そもそも窓がそれほどありません。

 

おそらく、

ベランダに出られる窓が1つか2つと、

玄関脇の共用部分に面した窓が1つの、

計2つか3つといったところでしょうか。

 

なので、賃貸住宅では、

窓の管理が全然大変じゃありません。

 

一方で、家を建てると

窓の数が一気に増えます。

賃貸では2方向しか

窓がなかったのに対し、

東西南北4方向全てに窓が出来るし、

かつ、それが1・2階両方となるからです。

 

また、防犯性や意匠性を考慮してか、

小さなデザイン窓をたくさん使うので、

なおのこと窓だらけになってしまいます。

 

そんなこんなで、

これまで2、3ヶ所だった窓が

一気に20ヶ所以上になってしまう

というわけです。

(下手したら30ヶ所ぐらいある家もあります)

 

そして、最初のうちは、

風通しを良くするために、

こまめに窓を開けたりするのですが、

これが新たな心配事を発生させます。

 

「あれっ?あの窓閉めたかしら?」

「あれっ?あの窓鍵かけたかしら?」

という心配事を。

 

そして、いつの間にか

窓を開けなくなっていきます。

開けてしまうと、

いつも閉めたかどうかが

気になるからです。

 

そして、いつしか決まった窓しか

開けなくなってしまいます。

それどころか、開けない窓は、

カーテンも閉まったままになり、

光すら入ってこなく

なっているかもしれません。

 

✔︎窓も収納も管理出来る範囲でつくる

 

この事実から言えることは、

窓はやみくもに増やすべきではない

ということです。

増えたら増えた分だけ、

管理が行き届かなくなり、

しなくてもいい心配事が増えるからです。

 

また、冒頭でもお伝えしたように、

確実に耐震性も悪くなるし、

確実に断熱性も悪くなるし、

確実に家も汚れやすくなるし、

確実に掃除も大変になるからです。

 

そして、窓が増えれば、

それに反比例するかのように、

収納も減ってしまいます。

 

窓が増えるということは、

イコール家の壁が減ることであり、

家の壁が減れば、

設置出来る棚の範囲が

必然的に少なくなるからです。

 

で、その結果、

思っていたよりもモノが置けず

全然収納が足りないなんてことになり、

収納の中に所狭しとギュウギュウ詰めに

モノを詰め込まざるを得なくなり、

どこに何があるのか、

分からなくなってしまいます。

 

つまり、収納までも

管理しにくくなってしまう

というわけですね。

 

また、窓同様に収納も

やみくもにたくさんつくり過ぎるのも

決していいことではありません。

 

家中の至る所に

収納をつくってしまうと、

それこそどこに何を置いたのか

分からなくなってしまうからです。

 

なので、窓同様に収納も、

つくり方をよく考えないといけない

というわけですね。

つくり過ぎは、ただただ管理が

大変になるだけですからね。

 

ってことで、

これから家を建てるあなたは、

これらに注意しつつ

家づくりをしていただければと思います。

 

窓も収納も厳選してつくれば、

その分コストも落ちるわけですしね!

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。