家を建てるタイミングで生命保険を見直すべき理由

家を建てる時、

銀行からお金を借りるとしたら

団体信用生命保険という

掛け捨ての定期保険に

加入することになるのですが、

この瞬間、ほとんどの方が、

現在加入している

生命保険の全てがいらなくなる

と言っても過言ではありません。

 

また、生命保険の仲間に

医療保険や学資保険などがありますが、

ぶっちゃけこれらにも

入る必要もないのではないでしょうか。

 

今の学資保険は、

昔のように掛け金以上にお金が増えて

返ってくる商品なんてありませんしね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、その理由について

お伝えしていきたいと思います。

まずは、生命保険からです。

 

✔︎保険はお金が増えるのか?

 

生命保険には、

「定期保険」「養老保険」「終身保険」

の3つがあり、

後者2つは死亡保障と同時に

貯蓄機能を備えているのですが、

もしもの時の保障にも備えつつ、

リスクをはることなくお金が増える

という魅力に惹きつけられ、

銀行にお金を預けるぐらいなら

こっちの方がいいなと思い、

加入している人も決して少なくない

のではないでしょうか?

 

確かに、これらの保険は

中長期的に保険料を

払い続けていくことによって

それなりにお金は増えるので、

銀行よりはマシな商品なのですが、

正味の話をすると、

自分自身でiDeCoやつみたてNISAに

このお金を預けていった方が、

比べものにならないぐらい

お金が増えていきます。

 

これらの商品も保険同様に、

リスクが限りなく低いし、

かつ節税効果の恩恵も

同時に受けることが出来るからです。

 

とはいえ、これらの商品には

保険商品のように

死亡保障がついていないし、

リスクも全くないわけじゃないんで、

それも考慮したら

保険の方がいいんちゃうの?

って思っちゃいますよねー。

 

✔︎死亡保障はそこまで必要ない?

 

しかし、実際のところは、

そこまで死亡保障を手厚くする

必要なんて全くありません。

 

家を建てる時に、

債務者にもしものことが起こった時、

ローンが全額返済される

掛け捨ての保険に入るからです。

 

では、不謹慎な話ではありますが、

仮にあなたのご主人が

単独名義でローンを借りた数年後、

不幸にも亡くなってしまったとしましょう。

 

この場合、あなたのご主人の給料は

全くなくなってしまいますが、

逆に必要じゃなくなる費用も

たくさん出来ます。

 

まずは、住宅ローンの返済です。

そして、ご主人に掛けていた

保険も全ていらなくなるし、

車の維持費もいらなくなります。

また、携帯代や食費、雑費、

交際費、小遣いといった費用も

全ていらなくなります。

 

これに加えて、あなたには国から

遺族年金が支給されることになります。

(お子さんが18歳以下だとしたら

18歳になるまで上乗せ分が支給されます)

 

となると、どうでしょうか?

おそらく、トントンか

あるいは、今より家計に

少しゆとりが生まれるかもしれません。

あるいは、あなたが

ガッツリ仕事をしているとしたら、

もうちょっとゆとりが

生まれるかもしれません。

 

さらに、お子さんが成長し、

大学に行きたいとなった時も、

最悪、その家を売却し、

実家に帰り親御さんと一緒に暮らせば、

その資金の多くを捻出してやれるでしょう。

 

そんなこんなで、

家を建てた瞬間に、

無駄な生命保険は全て解約してもいい

と思っている次第です。

 

あるいは、もし入るとしたら、

子供たちが大学を卒業するまでの間、

掛け捨ての定期保険に

ちょっとだけ入っているぐらいでいい

のではないでしょうか。

もはや、子供たちが巣立てば、

もしもの時に備える

必要なんてありませんからね。

 

そして、お金を増やしたいなら、

そのお金をiDeCoや

つみたてNISAに回し、

長期的に積み立てしていくべきです。

 

こっちの方が、圧倒的に

増える可能性が高いので、

老後に備えていくとしたら、

99.9999%こっちが正解だからです。

 

✔︎医療保険もいらない理由

 

医療保険に関しても、

国民健康保険が充実している

日本では入る必要がないと思います。

 

治療費はわずか3割しかからないし、

そもそも医療費自体、

65歳以降に集中しているわけですしね。

 

また、日本には

高額療養費制度があるため、

国民健康保険さえきちんと払っていれば、

大きな病気をしたとしても

そのほとんどを国が負担してくれます。

 

そんなこんなで、

基本的には医療保険にも入る必要がないし、

不安だから入るとしても、

高額療養費では賄えないものにだけ

入るぐらいでいいと思います。

 

そして、そのお金も

iDeCoやつみたてNISAに回し、

とにかく効率的にお金を増やすことを

全力で考えた方がいいと思います。

 

ということで、

保険会社の人たちからは、

もっともらしいことを言われて

心がぐらつくかもしれませんが、

その誘惑に負けないように、

してもらえたらと思います。

 

保険で得するのは、

間違いなく保険会社の人ですからね。

それをお忘れなく!

 

では次回は、

家づくりでとっても大切な

住宅ローンについて

お伝えしていきたいと思います。

 

これも、安易な理由で

間違った選択をしている人が多いので、

この機会にぜひ知識を

つけてもらえたらと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。