住宅ローン選びで大事な2つのコト

家を建てるとなれば、

あなたも他の方同様に

住宅ローンを利用すると思いますが、

この住宅ローン金利は高いより

安いに越したことはありませんよね?

 

仮に3000万円借りるとした場合、

0.6%という金利で貸してくれるのと、

1.2%という金利で貸してくれるのとでは、

毎月の返済が8,302円も違うし、

利息を35年トータルすると、

3,486,840円も違いますからね。

 

なので、多くの方があっさりと

安い金利を選んでしまうのですが、

果たしてホントに

金利は安い方がいいのでしょうか?

そこに落とし穴はないのでしょうか?

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では今回は、

貯金・保険の話に引き続き、

住宅ローンのコトについて

お伝えしていきたいと思います。

 

貯金・保険同様に、

そう難しいコトじゃないので、

今回も最後まで

お付き合いいただければと思います。

 

✔︎理解しておくコトはたった2つだけ

 

住宅ローンで知っておくべきコトは、

たった2つだけ。

1つが、住宅ローンの種類と

そのメリットとデメリット。

そしてもう1つが、

それを踏まえた上で、

あなたがどれに向いているのか

ということです。

 

まず住宅ローンの種類ですが、

大きく分けると

「変動金利」と「固定金利」の

たった2つしかありません。

 

変動金利とは、文字どおり

途中で金利が変動するローンで、

固定金利はその逆で、

最後まで金利が変わらないローンです。

「フラット35」という住宅ローンが、

固定の代表的な商品ですね。

 

ちなみに、

阿波銀行や徳島銀行といった

地方銀行が取り扱っている

変動金利の住宅ローンは、

「3年固定」とか「10年固定」と

パンフレットに書かれているため、

固定と誤解しそうになるのですが、

変動金利なので

間違えないようにしてください。

 

では、まずは「変動金利」について

分かりやすく説明していきますね。

先程の3年固定や10年固定ですね。

 

これらの最大のメリットは、

固定金利よりも金利が安い

ということです。

 

つまり、冒頭でもお伝えした通り、

同じ金額を借りるとしたら、

毎月の返済が安くなるというわけですね。

 

そして、返済が終わるまでずっと

固定よりも金利が安い状態が続いた場合、

固定に比べて圧倒的に

利息が少なくて済むことになります。

 

しかし、そう上手くいくかどうかが

誰にも分からないのが

変動金利の怖いところであり、

デメリットでもあります。

 

過去にバブルがはじけて以来、

日本はずっとデフレが続き、

物価が上昇せず、

金利も低い水準を推移しているので、

もしかしたら、35年後も変わらず

こんな状態かもしれないんですが、

とはいえ、これから先のことなんて、

誰にも予測出来ませんからね。

 

また、変動金利で

知っておかないといけないことが、

3年や10年という固定期間が終わる時、

確実に金利が上がるということです。

 

それゆえ、変動金利を選ぶ場合、

その期間が満了する時に、

銀行と金利の交渉をするか、

あるいは他の銀行に借り換えるか、

あるいは繰上げ返済をすることで

返済負担が増えないようにする、

のいずれかを選択しなければいけません。

 

ざっと言うと、

これらが変動金利の特徴って感じですね。

あとは、銀行によって

設定されている金利が微妙に違っていたり、

交渉やその人の属性(仕事・会社・収入など)

によって金利が違ってくる

といったところでしょうか。

 

では、続いて「固定金利」について。

固定金利に関しては、

変動金利より金が高く設定されていて、

かつ、変動金利のように、

人によっては金利が安くなる

ということは基本ありません。

 

それゆえ、パンフレットやネットに

記載されている金利が

そのまま適用になるという感じです。

 

また、固定金利を選ぶ場合、

融資手数料という手数料が

どの銀行でも余分に発生するのですが、

この手数料は変動金利には存在しないので、

この分、家そのものに掛けられる費用が

減ってしまうというのも、

固定金利のデメリットとなります。

 

なので、固定金利を選ぶ場合、

変動金利を選ぶのに比べると

家そのものに掛けられる予算が

減るにもかかわらず、

返済額は大きくなってしまう

というわけですね。

 

そして、その変わりに

返済額はずっと一定となるため、

安心感があるって感じですね。

これが固定金利の特徴です。

 

いかがでしたか?

住宅ローンは大きく分けると

この2つしかないんですが、

自分はどっちが向いてるか

なんとなくお分かりいただけましたか?

 

では、次回は、

変動を選んだ方がいい人、

固定を選んだ方がいい人について

個人的な見解を

述べていきたいと思いますので、

ぜひ参考にしていただければと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。