住宅ローンよりも恐ろしい電気料金

個人的には、家を建てる時、

太陽光発電を設置した方がいい

と思っているのですが、

10年前に比べて買取金額が

随分と下がったことから、

設置しても元が取れないという理由で

設置に後ろ向きな人が

けっこういらっしゃいます。

 

また、10年もしたら

発電がメチャクチャ悪くなるとか、

廃棄処分料がベらぼうに高いとか、

廃棄が環境に悪いという噂を

人から聞かされてしまったとしたら、

これも設置に後ろ向きになる

大きな要素ではないでしょうか。

 

しかし、もしあなたが

これらを理由として設置せず、

結果的に35年後手元に残るお金が

設置した人より400万円以上

少なくなってしまうとしたら、

一体どちらの選択をされるでしょうか?

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

ということで、

今回は賛否両論ある太陽光発電について

お伝えしていきたいと思います。

 

これも知っているか知らないかで、

あなたの懐事情に

大きな差を生じさせてしまうので、

マネーリテラシーを高める意味でも、

お付き合いいただければと思います。

 

✔︎電気代が高くなっている2つの理由

 

太陽光発電を設置した方がいい理由は、

ズバリ電気代が高くなっているからと、

これからもさらに高くなっていく

可能性が高いからです。

 

では、なぜ電気代は

高くなっていってるんでしょうか?

 

まず1つ目の理由が、

売電金額の原資となるお金を

電気代にプラスして

国民全員が払わされているからです。

 

電気料金の明細を

ご確認いただくとすぐ分かるのですが、

「再生可能エネルギー賦課金」

と書かれている項目ですね。

 

そして、この賦課金は、

売電制度が始まって以来

毎年値上がりし続けていっており、

電気使用量が多い家庭では、

月3,000円〜4,000円も

電気代にプラスして

この賦課金を払っているんですよね。

 

そして、脱炭素が進むと共に、

太陽光発電はさらに普及するでしょうから、

間違いなくこの賦課金は

ますます大きくなっていくと思います。

 

2つ目の理由は、

そもそもの電気料金自体が

どんどん高くなっていっているからです。

 

なんせ、現在の四国電力の基本料金は

オール電化住宅でも7773.34円もするし、

それに加えて、夜間・休日料金の単価も

10年前に比べて3倍ぐらい

上がっていますしね。

 

この理由は、ザックリ言うと

発電コストが安い原発が

東日本大震災をきっかけに

停止になってしまったからなのですが、

現在の社会の流れを見る限りでは、

脱炭素の流れが加速することから、

電気代はどんどん高くなっていくと

考えた方がいいのではないでしょうか。

 

脱炭素の目標を実現するためには、

火力発電の比率を大幅に減らし、

再生可能エネルギーによる発電を

増やしていくことになるのですが、

再生可能エネルギーは、

発電コストが火力発電より高いからです。

 

では、もし仮に

今後電気料金が毎年3%ずつ

上がっていってしまうとしたら、

一体どうなるのでしょうか?

 

恐ろしいことに24年後には

電気料金が2倍になってしまいます。

あなたの電気代が

毎月15,000円だとしたら

30,000円になってしまうかもしれない

ということですね。

 

「いやいや、そんなんありえへんやろー」

と思った方もいらっしゃると思いますが、

リアルにそれぐらいの比率で

電気代が上がっていっているのが現実です。

 

そんなこんなで、

もはや太陽光発電の設置は、

買取金額がどーのこーのじゃなくて、

また元が取れるとかどーとかじゃなくて、

高騰していく電気を

電力会社から買わないようにするために

設置しなければいけない

というわけですね。

 

✔︎省エネ住宅では全くの無意味

 

ここで、勉強不足な住宅会社は、

断熱性や気密性を強化することによって

省エネルギー性を高めて

電気料金を抑えましょう

という提案をしていますが、

実は、家の性能を高めただけでは、

電気代はほとんど安くなりません。

 

家庭に占める電気使用量の中で、

エアコンをはじめとした

冷暖房機器が占める割合は、

たった10%にも満たないからです。

 

つまり、仮に毎月平均で

電気代が15,000円かかっているとしたら

そもそも冷暖房機器には、

わずか1,500円しかかかってない

ということですね。

 

なので、例えば断熱を強化することで、

この電気代が20%カット出来るとしても、

毎月たったの300円しか

節約効果がありません。

 

年換算して3,600円、

60年そこで住むとして

216,000円だとして、

断熱強化にこれ以上のコストが

かかるとしたら、

それこそ元すら取れないという感じです。

 

なので、省エネ住宅は

確かに快適性は増してくれるものの、

決して電気代を安くする家ではない

ということを、

覚えておいてもらえたらと思います。

 

一方で、太陽光発電は、

冷暖房機器はもちろん、

給湯器や冷蔵庫、照明、テレビといった

全ての電気をまかなうことが出来ます。

 

そんなこんなで、

これをご覧になったあなたが、

無駄なお金を払いたくない、

そして豊かに暮らしたいと思われたなら、

太陽光発電の設置を前向きに

検討してもらえたらと思います。

 

もちろん、

設置方法や載せるパネルの品質、

そして建てる家によって享受できる

経済効果の恩恵はバラバラですが、

まずは太陽光に対する偏った見方だけは

頭の中から取り除いてください。

 

太陽光パネル自体の保証も25年もあるし、

パワコンの保証も15年もあり、

たった1年しか保証がない

食洗機やIHクッキングヒーターなどの

電気製品とは比べものにならないぐらい

手厚い保証が付いていますしね。

 

終わりがある住宅ローンと違い、

電気代は生涯払い続けるものである

ということを忘れないでくださいね。

 

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。