家の予算が自然と上がる暗黙のルール

家を建てる人の約7割が、

土地から買わなければいけない

と言われているのですが、

そうなれば必然的に

銀行から借入する額が大きくなります。

 

そして、出来るだけ長い期間で

住宅ローンを借りることになるのですが、

この時やってはいけないことは、

住宅ローンで辻褄を合わせることです。

 

つまり、毎月の返済を

少しでも安くするために、

(現在の家賃に近づけるために)

金利が安い変動金利を選ぶべきじゃない

ということですね。

 

住宅ローンは、

返済期間が長くなればなるほど、

元本の減りが遅くなるため、

よほどの貯金をしていない限り、

途中で金利が上がってしまったら

一気に返済負担が上がってしまうからです。

 

それゆえ、

土地から買って家を建てる場合、

固定金利を選んだ場合でも、

毎月の返済がキツくならない予算で

家づくりの計画を立てるべきなんですよね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、固定金利を選びつつも

毎月の返済がキツく

ならないようにするためには、

どのように家づくりをすべきなのか?

これについて、

お伝えしていきたいと思います。

 

結論から言うと、

家づくりのコストを上げる原因となる

家は最低35坪は欲しい

土地は南向きじゃないとダメだ

土地は少しでも広く買いたい

この3つの考え方を

取り除くことが大事だという話です。

 

では、その理由について

1つ1つ説明していきたいと思います。

 

✔︎危険な暗黙のルール

 

家づくりでは、

そうしなければいけないわけでもないのに

知らず知らずの間に

こうだと決めつけてしまっていることが

たくさんあります。

 

例えば、

「家=2階建」や「子供部屋=2階」、

「部屋=南」や「水回り=北」

という暗黙のルール的なやつですね。

 

そして、この暗黙のルールに似たことで

よくお聞きすることが

「家は最低35坪欲しい」ということです。

 

おそらく足を運んだ

モデルハウスや完成見学会などで

「いいな」と思った家の多くが、

35坪以上広さがあったからか、

あるいは、それぐらいは必要だと

住宅会社から言われたからでしょうか。

 

その理由はさておき、

ではなぜ、この考え方は危険なのでしょうか?

 

✔︎ほぼ合致しない予算と要望

 

その理由は、

キッチリと資金計画を立ててみると、

実に多くの方が、

その大きさの家が建てられるだけの予算を

家に回すことが出来ないからです。

 

つまり、その大きさの家を建てるとなると、

予算オーバーしてしまう、

ということですね。

 

例えば、35坪の家を建てるとなると、

税込2500万円かかるとしましょう。

一方で資金計画をした結果、

毎月、返済していける金額が75,000円で

そこから逆算したローン額が2650万円、

それに自己資金として出せる350万円を足して

総予算が3000万円として、

家以外の費用に1200万円必要だとしたら、

家に掛けられる予算は1800万円となります。

 

となると、

35坪という広さにこだわって

家を建てるとなれば、

単純に700万円資金が足りないため、

この不足分を何らかの形で

補わないといけなくなります。

 

銀行から借り入れを増やしたり、

貯金をギリギリまで切り崩したり、

親から助けてもらったり、

することによってです。

 

そして、

借入を増やすという選択をすると、

毎月の返済負担が

大幅に上がってしまうことになり、

家計にゆとりがなくなる

大きな原因となります。

 

それゆえ、

この場合最も良い選択は、

1800万円という予算で

建てられる家にすることです。

たとえ、それが30坪にも満たない

家になるとしてもです。

 

とはいえ、30坪未満と聞くと、

一瞬「ちっちゃ過ぎるんちゃう?」

と思ってしまいますよね?

 

なので、次回は、

間取りのつくり方によっては

28坪の家でも

35坪の家よりも使いやすく、

より住みやすくなる、

ということについて

お伝えしていきたいと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。