面積が重要じゃない理由

これから家を建てる多くの方が、

35坪ぐらいの広さにしたいと

口を揃えておっしゃるのですが、

ぶっちゃけ、ほとんどの人にとって

その広さは必要ありません。

 

家の面積が大きくなれば、

それに連動して

家の価格も上がってしまいますしね。

 

なので、今回は、

家の適切な広さについて

考えていきたいと思います。

 

あくまで

僕の個人的な意見にはなりますが、

実は、家は30坪ないぐらいで

丁度いいというお話です。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、まずは

35坪という広さの家が、

どれくらいの家なのかを

解剖していきたいと思います。

その上で、これっていらなくない?

という流れで進めていきますね。

 

✔︎最もポピュラーな家の内訳

 

35坪の家を総二階建てとするならば、

(1階と2階の面積が同じ家です)

この家は1・2階それぞれ17.5坪ずつとなり、

これを畳数に変換すると35畳ずつです。

 

そして、それぞれのフロアに必要な

部屋と広さを当てこんでいくと、

(1階)

玄関・ホール2畳、土間収納3畳、

LDK16畳、階段2畳、水回り6畳、

和室(洋室)6畳、

(2階)

階段2畳、廊下3畳、トイレ1畳、

寝室10畳、ウォークインCL3畳、

子供部屋7畳(クローゼット含)、

子供部屋7畳(クローゼット含)、

納戸(リモート部屋)2畳、

といった感じになります。

 

おそらく、等身大と

謳われているモデルハウスや

完成見学会でご覧になる家の

多くがこんな感じではないでしょうか?

 

では、仮にあなたが資金計画の結果、

ここから家の予算を

削らないといけないとしたら

この中の何をどのように

削ればいいのでしょうか?

 

住みやすさや使いやすさを

一切損なうことなく、

また将来も困ることなく

暮らし続けられる家にするためには、

どのように考えればいいのでしょうか?

 

✔︎用途を特定しない

 

まず、考えるべきことが、

部屋の用途を1つに絞り込まない

ということです。

 

例えば、この家では1階に

LDKとは別で部屋を1つつくっていますが、

その理由は、子供たちが小さいうちは、

この部屋をおもちゃ置き場や

遊び場にしようと思っているから、

そして、親御さんが泊まりに来た時に

使ってもらえるから、

さらに、老後2階に上がるのが

億劫になった時、

寝室として使えるから、

この3つだと推測出来ますよね?

 

しかし、こう考えれば、

この部屋を丸ごと削ることが出来ます。

「子供部屋をあえて1階につくる」と。

 

2階建住宅がまだまだ当たり前の中

この発想は一見非常識に感じますが、

こうすれば、子供たちの

おもちゃ置き場や遊び場を

子供部屋と別につくる必要がなくなるし、

親御さんが泊まっていく時も、

この部屋を使ってもらえます。

 

また、子供たちは

やがて家を出て行くでしょうから、

老後、その部屋を寝室や、

あるいは別の用途として

使えるようになります。

 

そんなこんなで、

発想1つで和室(洋室)を

6畳丸ごとカットすることが出来る

というわけです。

もちろん、この部屋がなくなったことで、

不自由になることもありませんよね?

 

また、この発想は

2階に出来る廊下もカット出来ます。

子供部屋が1階になれば、

廊下から出入りする部屋が

少なくなるからです。

 

ということで、

この発想の副産物として

2階の廊下も2畳カットしますね。

 

✔︎適切な部屋の広さ

 

では続いては、

部屋の広さについてです。

言及するのは寝室と子供部屋です。

 

部屋の広さを考える時に、

想像してもらいたいことが、

・その部屋で過ごす時間とタイミング

・その部屋にどんな家具を置くのか?

の2つです。

 

まずは寝室からいきますが、

寝室で過ごすのは、

おそらくというか確実に

「寝る時だけ」ですよね?

そして、置くものはベッドだけ

ではないでしょうか?

 

併設してウォークインCLがあるため、

荷物は全部そこに置くでしょうし、

スマホがある現在、

もはや部屋にテレビすら必要ないですしね。

 

なので、実は寝室に10畳もとる必要なんて

全くないんですよね。

モデルハウスが10畳もとっている理由は、

広い方が見栄えがするからと、

2階の余ったスペースの辻褄合わせのため、

だからです。

 

ということで、

あっさりと4畳削り、

6畳という広さに調整したいと思います。

 

子供部屋に関しても

寝室同様にホントにそれだけの広さが

必要なのかを考えるべきなんですが、

合理的な判断をする上で、

理解しておいてもらいたいことが、

「子供たちはいつか家を出て行く」

ということです。

 

つまり、LDKや寝室とは違って、

いつまでも1つの用途で使わない部屋だ

ということですね。

 

なので、そこにどんな家具を

置くのかも踏まえた上で、

広さを考えていただければと思います。

面積は価格に直結しますからね。

 

そんなこんなで、

子供部屋関しても6畳ではなく

4畳半で十分ではないでしょうか?

部屋と別にクローゼットもありますからね。

 

✔︎住みやすさが損なわれると感じますか?

 

ここまで考えてきたことを

全て合計すると、

実は面積が7.5坪小さくなります。

 

つまり、35坪から

27.5坪まで縮まったわけですが、

では、そうなったことで

住みやすさが損なわれるでしょうか?

使いやすさが損なわれるでしょうか?

 

ですよね。

LDKや収納には一切手をつけてないので、

住みやすさや使いやすさは

一切損なわれないですよね?

家の品質は維持したまま

上手くコストだけがカットされたわけですね。

 

このように、

部屋のつくり方や使い方、

そして間取りの発想一つで、

家づくりは大きく違ってくるので、

家を建てる時には、

「○○坪は欲しい」と勝手に決めつけたり

家の価値を大きさで計るようなことだけは

絶対にしないでくださいね。

 

では家の話は一旦ここまでとして、

次回からは、

土地の話をしていきたいと思います。

家の話については

まだまだたくさんあるので、

もっといろいろ知りたいという方は、

いつでもご連絡くださいね!

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。