南向きの土地が損をする理由

あなたが

土地を買わないといけないとしたら、

確実に日当たりが良い土地にしたい

と、お考えになると思います。

 

そして、その代名詞である

南向きの土地を中心に

土地選びをすることと思います。

 

確かに、南向きの土地は

土地全体に日陰が全く出来ないため、

そうじゃない土地に比べると

抜群の日当たりをほこるわけですが、

一方で、大きなデメリットが2つある

ことも知っておく必要があります。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、そのデメリットとは、

一体どんなことなのでしょうか?

 

言われてみると「はっ!?」と

感じることなのですが、

案外みんな知らないので、

ぜひ、この機会に

覚えておいていただけたらと思います。

 

✔︎高い・高い・高い・高い

 

なぜ「高い」という言葉を

4つも並べたのかというと、

土地・家・外構・借入、

この4つが全て最も割高になるのが

この南向きの土地だからです。

 

1つ1つ紐解いていきましょう。

まずは土地から。

 

これは誰でも分かることですよね?

あなたが良いと思ってるものは

他のみんなも良いと思っているから。

あなたが欲しいと思っているものは、

他のみんなも欲しいと思っているからですね。

 

つまり、供給よりも需要が上回る

と予想される商品には、

自然と高い価格が設定される

というわけです。

かつ値引き枠も一切ない

って感じですね。

 

では、続いて家と外構について。

家と外構が割高になる理由は、

南向きの土地に建つ家を

ご覧いただくと一目瞭然です。

 

南向きの土地に建つ家は、

基本的に外から丸見えになってしまうため、

プライバシーを確保するための

工事が必要不可欠となります。

 

例えば、リビングの延長線には

ウッドデッキをつくるのが当たり前ですが、

外から丸見えのままのデッキでは、

落ち着いてバーベキューも出来なければ、

のんびりとリクライニングチェアに座って

日向ぼっこも出来ないですよね?

 

それゆえ、

デッキの周りに目隠しをつくるか、

あるいは、敷地の塀を高くするか、

あるいは木を植えないといけなくなり、

それらに余分なコストが

かかることになります。

 

また、南向きの土地に建つ家は、

間取りが一目瞭然で分かるため、

防犯にも配慮する必要があり、

住む地域によっては、

セコムやアルソックといった

セキュリティ会社にお願いすることも

検討する必要があるかもしれません。

となると、数十万円余分な工事費用と

その維持費用がかかります。

 

さらに、南向きの土地では、

南面に設置する大きな窓の数も

最も多くなりやすいため、

シャッター代金もバカになりません。

 

なんせ、南向きの土地は

最も台風の直風を受けやすいため

シャッターが必需品となるからです。

 

そんなこんなで、

家や外構にも余分な工事が必要となり、

土地に加えて家や外構まで

高くなりやすいのですが、

この結果、高くなるのが、

銀行からの借入というわけですね。

 

✔︎せっかく日当たりがいいのに・・・

 

そして、もう1つのデメリットが

ずっとカーテンが開けられないことです。

土地によったら

道路から家の中が丸見えになるため、

レースどころか遮光カーテンまで

ずっと閉めておかないといけませんからね。

 

この場合、家の中は朝からずっと

薄暗い状態になってしまいます。

一番メインの窓から

光を採り込むことが出来なくなるからです。

 

結果、朝からずっと

照明なしでは過ごせなくなってしまいます。

薄暗いどんよりとしたキッチンで、

料理を作らなくては

いけなくなってしまいます。

薄暗くジメジメとした洗面で

身支度をしなくては

いけなくなってしまいます。

 

悲しい現実ですが、

これもまた南向きであるがゆえに

起こりやすいことなんですよね。

 

以上の2つの理由から、

南向きの土地にこだわる必要は

一切ないと思っている次第です。

 

もちろん、南向き同様に、

その他の土地にも、

必ずメリットとデメリットの

両方が存在するわけですがね。

 

✔︎土地選びで重要な視点

 

それは、その土地で考えられる

デメリットまで先回りして

考えられるかどうかです。

南向きの土地の場合、

プライバシー問題と明るさ問題、

そしてなによりコスト問題ですね。

 

「えっ!?そんなことまで!?」

と思ったかもしれませんが、

ホントに住みやすい家をつくるためには、

そこまで考慮しながら土地を選び、

その土地に合わせて

間取りを考えなければいけないですし、

そんな家をあなたの予算の範囲内で

仕上げることがなにより重要なことです。

 

なので、土地選びは

自分たちだけでするのではなく、

また家の専門家でもない不動産屋さんに

意見を仰ぐでもなく、

必ず建築のプロである

住宅会社と一緒にしてもらえたらと思います。

 

土地選びに失敗しないためには、

あなたが土地に掛けられる予算と、

どれくらいの広さの土地が必要なのかと、

あなたが建てたい家の実現のためには、

どんな土地が理想的なのかを

知っておくことが必要不可欠ですから。

 

では、次回も

引き続き土地のことについて

お伝えしていきたいと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。