可処分所得の使い途

大学にさえやれれば、

「万事オッケー!」とは

全く思わないものの、

子供たちの未来の可能性を

少しでも広げてやるために

大学には行かせてやりたいと思うのが、

親ってもんですよね。

 

しかし、そこに立ちはだかるのが、

やはり金銭的な問題です。

 

大学に進学するとなると、

授業料はもちろん、

場合によったら、

というよりかなり高い確率で、

家賃・光熱費・生活費を

親が払ってやらないといけませんからね。

 

それゆえ子供が生まれたと同時に、

多くの方がなんとなく

学資保険に入るように、

出来るだけ早いタイミングから

大学進学を見据えて

定期的にお金を積立していくことを

オススメしています。

 

つまり、家づくりをする時には、

この費用も考慮した上で、

毎月の返済額を考えた方がいい

というわけですね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、具体的に、

どれくらいの費用がかかり、

どのように積立していけば

いいのでしょうか?

一緒に考えていきたいと思います。

 

この費用を考慮しないまま

家を建ててしまうと、

子供たちの将来の選択肢を

縮めることになり、

子供たちが経済的にしんどい道を

歩む引き金になりかねないので、

ご夫婦で話し合う

材料にしてもらえたらと思います。

 

✔︎一気に跳ね上がる子供へのコスト

 

大学と一口に言っても、

国公立か私立かでも

授業料が大きく違うし、

私立でも文系か理系かでも

大きく違います。

(医学系はさらに上を行きます)

 

ざっと言うと国立の場合、

4年間の授業料を合わせると

約243万円が必要で、

私立文系の場合が約398万円で

私立理系の場合が

約542万円といった感じです。

 

毎月にならすと、

国立の場合でも約5万円、

私立文系になると約8万円で

理系にもなると約11万円

ってことですね。

 

高校の授業料が毎月1万円弱なので、

そう考えると、

とんでもないぐらい跳ね上がる

というわけですね。

その分、大学では塾代が

いらなくなりますけどね。

 

また、これに加えて、

子供たちが県外に行くとなれば、

家賃・光熱費・生活費を

払ってやらなくてはいけません。

 

となると、

行く大学にもよりますが、

授業料にプラスして

毎月10万円ぐらいの支出が必要だと

考えておいた方がいいですよね。

 

つまり、4年間を合計すると

480万円、授業料と別で必要だ

ということになるわけです。

 

そして、この2つを合計すると、

国立の場合、毎月約15万円、

私立文系の場合、毎月約18万円、

私立理系の場合、毎月約21万円

もの費用が必要となるのですが、

とてもじゃないけど、

夫婦2人で働いたとしても、

給料だけで追いつく数字では

ありませんよね?

 

子供たちが大学に進む時は、

親の介護と被ることも多い

と言われており、そうなれば、

収入も不安定になりやすいわけですからね。

 

なので、その負担を

今のうちから準備していくことで、

軽減していくべきだ、

というわけです。

 

そして出来れば、

奨学金や教育ローンなどに頼らず

大学に行かせてやりたいところですよね。

この2つはいずれもローンなので、

利息の支払いが必要になるからです。

 

では続いて、

積立ての計画を立ててみますね。

 

仮にあなたがお子さんが2人いるとして、

下のお子さんが現在2歳だとしたら、

下のお子さんが

大学を卒業するまでの期間は

20年ということになります。

 

なので、20年という期間で、

この費用を積立ていくとして、

2人とも国立大学に

進学してくれるとしたら、

(243万円×2人)+(480万円×2人)

=1446万円を20年間ずっと

毎月積み立てていくことになります。

 

つまり、毎月6万円ずつ

現時点から積み立てていくべきだ

ということですね。

 

いかがですか?

ごくごく簡単な計算ですが、

ちょっと突っ込んで考えてみると、

けっこうリアルな感じがしません?

 

個人的には、

学資保険や定期預金で

これを積み立てていくのではなく、

前々回お伝えした「つみたてNISA」にて

これを積み立てていき、

増えた資金によって

大学費用をまかなってもいいと

思っているのですが、

もし資金的に余裕があるなら、

「つみたてNISA」とは別枠で、

この資金を積み立てていくのも

いいと思います。

 

とはいえ、投資への抵抗が

どうしても拭えない方もいると思うので、

積立方法は自分が思うように

するので全然オッケーだと思います。

 

とにかく、結論としては、

家づくりをする時には、

前回のメンテ費用と

今回の教育費用のことも考えた上で、

毎月の返済額を考えてください

ということでした。

 

では次回は、

これらを踏まえた上で、

どれくらいが返済額としては

妥当なのかについて

お伝えしていきたいと思います。

 

次回もまた、

かなり現実的な数字が並びますが、

家を建てる前に知っておくべき

大事なポイントなので、

ぜひ次回もご覧いただけたらと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。