理想的な返済額を実現する2つの手段

たとえ夫婦共働きだとしても、

住宅ローンの毎月の返済額は、

ご主人の手取りの30%以内に

抑えるのが理想的です。

 

というのも、

奥さんが稼いできたお金は、

家の維持管理費用の積立や

子供たちの進学費用の積立、

そして年金の上積み分(iDeCo)や

レジャー費、貯蓄などで

そのほとんどか、あるいは全てが

消えていく可能性が高いからです。

 

これまでの記事でお伝えしたように、

これからの暮らしを考えて

計画的にお金を避けていくとしたら、

家の維持管理費用に毎月約4万円、

子供たちの進学費用に毎月約6万円、

(この積立を「つみたてNISA」で

すればいいと思ってます)

年金の上積み分(iDeCo)に

1人あたり最大で毎月2.3万円

(2人共だと最大で4.6万円)

かかりますからね。

 

なので、たとえ夫婦共働きで、

現在、少し家計に余裕があるとしても、

少しでも毎月の返済を

抑えるようにすべきだし、

出来ることなら

ご主人の手取りの30%以内に

すべきだというわけですね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、手取りの30%を前提として

家づくりを行った場合、

どのようなコトになるか

お伝えしていきたいと思います。

 

理想(希望)と現実(予算)の間には、

けっこうなギャップがあって、

現実(予算)を優先した場合、

どんな家づくりをすべきなのか?

という話です。

 

✔︎予算圧縮の手段を知ることが肝

 

例えば、

ご主人の手取りが25万円だとしたら、

毎月の返済額の上限を75,000円以内に

抑えないといけないのですが、

この返済額を1.2%の固定金利、

35年返済で借りるとしたら、

借入出来る額は2570万円となります。

 

そして、これに自己資金を合わせた額が

あなたが家づくりにかけていい

総予算となるのですが、

仮に、あなたが出せるお金が130万円で

親からの援助が300万円あるとしたら、

あなたの総予算は3000万円となります。

 

一方で、銀行経費や火災保険費用、

そして登記費用などの諸経費や、

家具や家電などの購入費用、

地盤改良費用といったいわゆる

家・土地・庭以外に必要となる

別途経費に合計300万円かかるとしたら、

残りの2700万円という枠の中で、

土地を買い、家を建て、

庭を仕上げなければいけなくなります。

 

いかがですか?

なかなか厳しい予算だなと

感じたのではないでしょうか?

 

しかし、これが多くの方にとって

現実的な数字だと思うので、

この予算で家づくりをやりきるための、

2つの手段を知っておく必要があります。

 

まず1つ目が、

土地と家の予算を

いずれも圧縮するという手段です。

 

みんなと同じように家づくりをすれば

土地に1000万円、家と庭に2300万円、

合計3300万円ぐらいかかるところを、

土地と家(庭)をそれぞれ

300万円ずつ圧縮する

といった感じですね。

 

そして、そのための具体的な手段が

以前にお伝えした

・家を少しでも小さくする

・南向きの土地はあえて外す

・建てる家にフィットした土地を買う

といったことなので、

詳しくは、過去の記事を

ご覧いただければと思います。

 

続いての手段は、

「土地を買わない」という手段です。

つまり、実家に余っている土地があるなら

そこを使った方がいいということですね。

あるいは、土地を買わなくてはいけない場合、

土地代を身内からの贈与で賄うか、です。

 

個人的には、これが選択出来るとしたら

迷わずそうした方がいいと思っています。

 

仮に土地にお金がかからないとしたら、

先程の予算でも、思い通りの家を

建てることが出来るでしょうし、

あるいは、家の予算を圧縮すれば、

借入額をもっと減らすことが出来ます。

 

家と庭に2700万円フルでかけるか、

あるいは、家の広さにこだわらないなら、

家と庭を2200万円に抑えることで、

500万円借入を減らす、という感じですね。

 

とはいえ、実家の近くに住むのは、

どうしてもメンタル的に嫌だなーと

思ってしまうと思うんで、

さすがにゴリ押しは出来ませんけどね。

 

しかし、これからもずっと

共働きでガッツリ働き続けるとしたら、

近くにどちらかの親が居てくれた方が、

子供たちの面倒を見てもらえるため、

仕事の選択肢も広がるし、

安心して働きやすくなりますよね。

 

また、時折晩ご飯を

つくってもらえるかもしれないし、

野菜や米や食材などを

もらるかもしれませんよね。

 

そんなこんなで、

こういったことを合理的に考えつつ、

また、予算としっかり向き合いつつ、

家づくりをしてもらえたら

と思っているので、

一つの意見として、

ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

 

では次回は、

理想(希望)を優先して

家づくりをした場合と

そうじゃない場合では、

どれくらい違いが出そうなのか

考えていきたいと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。