家づくりの前に考えるべきこと

前回、ご主人の手取りの30%以内の

返済額で家づくりをするとしたら、

土地や家の予算を削る工夫をするか、

あるいは、可能なら土地を買わない

という選択をした方がいい、

というお話をしたのですが、

では、そうしつつ、

老後資金や教育資金の準備をした人と、

その全くの真逆の人では、

一体どれくらい違いが出そうなのか、

今回はお伝えしていきたいと思います。

 

真逆の人とは、

借りられるいっぱいまで

お金を借りて家づくりをしつつ、

間違った方法で

老後資金や教育資金の

準備をし続けてしまった人です。

 

多分、かなり多くの方が

当たり前のごとく

後者の選択をしていると思われます。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

この違いを分かりやすく説明するために、

モデルとなる家族を

それぞれ30歳の共働き夫婦として

前者の方は、

・毎月の返済を75,000円(借入2600万)

・子供の大学費用を、夫婦共に3万円ずつ

20年間「つみたてNISA 」に積み立てる。

・老後資金の備えとして夫婦共に2万円ずつ

30年間「iDeCo」に積み立てると仮定し、

 

後者の場合は、

・毎月の返済を105,000円(借入3600万)

・子供の大学進学費用を、子供1人あたり

1.5万円ずつ20年間「学資保険」で積み立てる

(子供は2人いると仮定しすると3万円です)

・老後への備えとして、夫婦共に1万円ずつ

30年間「生命保険」に積み立てつつ、

銀行に毎月2万円貯金していくと仮定して

比較していってみますね。

 

使えるお金の原資は、

全く同じ175,000円なので

これがどれくらいの差になるのかに

着目してもらえたらと思います。

 

✔︎前者の未来

 

絶対にそうなるとは言えませんが、

仮に、つみたてNISAで積み立てたお金が

毎年3.6%ずつ増えていくとしたら、

20年後、積み立てたお金が2倍になります。

つまり、3万円×12ヶ月×20年=720万円

が、1440万円になるいうことですね。

かつ、夫婦共に積立しているので、

合わせて1440万円増える

ということになるのですが、

つみたてNISAは増えたお金に

税金がかからない制度なので、

この満額を受け取ることが出来ます。

 

となると、仮に子供たちが2人いて、

2人共県外の国立大学に進んだとしても、

元本は残したまま増えたお金だけで

大学に通わせてやることが出来るし、

学費が高い私立に進むとしても、

少し元本を切り崩してやれば、

大学に通わせてやることが出来ます。

 

要するに、

奨学金に頼る必要もなければ、

教育ローンを組む必要もないし、

家計が赤字に陥ることもない、

というわけですね。

 

また、老後資金の備えとして利用する

「iDeCo」も「つみたてNISA」同様に

お金が増えていくものなので、

30年後積み立てたお金が

2倍になると仮定してみると、

 

2万円×12ヶ月×30年=720万円

720万円×2人=1440万円

1440万円×2=2880万円という

老後資金が出来上がるということですね。

 

この「iDeCo」も

「つみたてNISA」同様に、

増えた分に対して税金が掛からないし、

受け取る時も、

退職所得控除の対象となるため、

受け取るタイミングさえ間違えなければ

全く税金がかかりませんしね。

 

その上、積み立てたお金が

全額所得控除になるので、

仮にご主人の所得税率が10%で

奥さんの所得税率が5%だとしたら、

住民税も合わせると、

ご主人が掛け金の20%、

奥さんが掛け金の15%、

毎年お金が返ってくることになるので、

この控除を30年間変わらず

受けられるとして試算すると、

ご主人が720万円×20%=144万円、

奥さんが720万円×15%=108万円、

お金が返ってくるということですね。

イコールその分もお金が増えた

ということになるわけです。

 

✔︎後者の未来

 

一方で、後者の場合、

2人の子供たちがいずれも

県外の国立大学に進学するとなると、

全くお金が足りません。

 

学資保険の満期保険金は、

掛け金とほとんど変わらないからです。

つまり保険によって積み立てた額が、

1.5万円×12ヶ月×20年=360万円としたら、

それをそのまま受け取るだけ

というわけですね。

 

となると、県外の国立大学に通う場合、

4年で1人720万円ぐらいかかるので、

1人あたり360万円ずつ

足りないということになり、

奥さんの収入の多くをつぎ込むか?

あるいは、奨学金を使ってもらうか?

あるいは教育ローンを組むか?

あるいは、老後のために

銀行に貯めているお金をおろすか?

この複数を選択せざるを得ません。

 

また、老後資金に関しても、

銀行の預金では全く増えないため、

学資保険同様に積み立てたお金を

そのまま受け取るだけになるし、

大学進学時や突然の出費などで

おろす可能性が高いことから、

思っているよりお金が

貯まっていないかもしれません。

 

銀行の口座は、いつでも簡単に

お金が引き出せてしまいますからね。

 

貯蓄性がある生命保険に関しても、

保険会社や保険商品によっては、

銀行や学資保険よりも

幾分お金は増えますが、

それでも20%ぐらいがいいところなので、

仮に2万円ずつ30年間、

毎月かけ続けたとしても、

2万円×12ヶ月×30年×1.2=864万円が、

満期保険金という感じです。

 

しかも、増えた分に対しては、

一時所得として税金がかかるので、

増えた144万円をそっくりそのまま

受け取れるわけでもありませんしね。

 

✔︎そんなこんなで結論

 

こんなに数字を並べ立てられて

お金の話をされたら、

頭が混乱してしまったかもしれませんが、

要するに言いたいことは、

お金の使い方一つで、

迎える未来が大きく違うということです。

 

もちろん後者とて保険や貯金によって

多少は人生の大きな出費を

カバーしているものの、

ぶっちゃけこれだけで安心だとは

どう考えても言い切れません。

 

また、これに加えて

住宅ローンや太陽光発電についても

勉強不足なまま家づくりを行ってしまうと、

さらなる差を生み出すことになります。

 

なので、ただ早く家が欲しいあまり

知識が不十分なまま

家づくりをすることだけは

絶対にやめてもらえたらと思います。

 

以上、豊かな暮らしのためには、

必要な知識をつけることが

とっても大事だという話でした。

 

ということで、次回は

これまでの内容をまとめて

お伝したいと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。