合理的で正しい家づくりの流れ

賃貸ではなく自己所有の住まいを持てば

日常がより豊かになるでしょうし、

子供たちを育てるのに申し分のない

環境を手に入れることが出来ます。

 

それゆえ、マイホームを持つことは

とっても素晴らしいことなのですが、

どっこい豊かな暮らしに欠かせない

経済面をないがしろにしたような

持ち方は絶対にすべきじゃない

というのが僕の持論です。

 

そんなこんなで、

経済面をないがしろにせずに

マイホームを持つ方法について、

これまでの記事で

お伝えさせていただいたのですが、

今回はその締めくくりとして

これまでの内容を

簡潔にまとめていこうと思います。

 

家を建てようと思ったら、

何をどのように

どういった順番で

進めていけばいいのか?

時系列でお伝えさせていただきます。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、早速。

 

(1)お金の預け先を見直す

 

まずやるべきことは、

家の予算を考える前に

お金の預け先を見直すことです。

 

つまり、家を建てると

団体信用生命保険に加入するので、

これを機に

現在の生命保険を見直すこと、

医療・ガン保険の金額を見直すこと、

学資保険を見直すこと、

そして貯蓄先に銀行を選択しないこと、

そして「iDeCo」と

「つみたてNISA」の口座を

夫婦そろって開設することです。

 

ポイントは

保険の掛け金を極限まで減らし、

その資金を「iDeCo」や

「つみたてNISA」に回すことです。

 

そして「iDeCo」や

「つみたてNISA」に積み立てるお金は、

社会保険料のごとく

強制的に天引きされるようなものだと

自分に言い聞かせて、

今後ずっと掛け続けるようにしてください。

 

(2)家の予算を計画する

 

この見直しの目処が立った上で、

初めて家の予算について

具体的に考えていきます。

 

そして、その順番としては、

まずは毎月の返済額を基準として、

銀行から借り入れする額を決めること。

続いて、これに自己資金

(貯金・贈与)を合わせて

家づくりの総予算を出すこと。

 

そこから家・土地・庭以外にかかる

全ての経費を差し引くこと。

その上で、土地・家・庭にいくらずつ

予算を振り分けることが出来るかを

算出すること。

といった流れですね。

 

こうすることによって、

自らの土地予算がいくらなのか?

その予算だと

どんな土地を買うべきなのか?

あるいは土地を買わずに、

実家の余った土地を使うべきなのか?

 

自らの家の予算がいくらなのか?

その予算だとどれくらいの

広さの家にすべきなのか?

その予算で家を建てるためには、

何を優先し、何に妥協すべきなのか?

 

といったことが

具体的に見えてくるようになります。

 

(3・4)土地を探す

プラン・見積もりをする

 

そして、土地にかけるべき予算と

自分がどんな家が建てたいか?

その予算でどんな家が建てられるか?

その家を建てるためには

土地の広さはどれくらいにすべきか?

が分かったら土地を探していきます。

 

そして、土地が見つかった場合、

すぐに契約をするのではなく

出来れば、契約をする前に

その土地に合わせて

プランを描いてもらうべきです。

 

その土地に理想的な家が

建つかどうか分からないまま

土地を買うのはリスクが高いからです。

 

なので、まずはプランをし、

その土地に納得のいく家が

建つことが分かってから、

かつ、その家が予算内で収まり、

資金的にも問題ないことを確認してから

土地の契約に進むようにしてください。

 

(5)土地&家の契約をする

 

以上のプロセスを経た上で、

土地や家の契約をするのが

理想的な流れです。

 

つまり、家づくりでは、

土地と家の契約は

ほぼ同時のタイミングでするのが

ベストな流れだということを

理解しておいてください。

 

これで暮らし面でも経済面でも、

安心しながらこれからずっと

暮らし続けられると思います。

家を持ちながらも、

子供たちの大学進学に備えた

準備も出来れば、

自分たちの老後に備えた

準備も出来るわけですからね。

 

6)太陽光発電の設置の可否を、

データをもとに判断する

 

そして、家の契約後に

必ずやってもらいたいことが、

太陽光発電を設置するかどうかを

データをもとに判断するということです。

 

もちろん、これに関しては、

どんな家を建てるのかと

立地条件によって異なるのですが、

周りの意見や先入観にとらわれず、

データ(数字)をもとに

判断してもらえたらと思います。

 

死ぬまでずっと払い続ける

電気料金だからこそ、

設置したかしなかったかで

住宅ローンの金利差なんて

比じゃないぐらい

経済的に差が生じるので、

その点を忘れないようにして下さい。

 

以上が、僕が個人的に推奨している

家づくりの進め方というか流れです。

 

ということで、

うちで家を建てるか否かにかかわらず、

暮らしの豊かさと経済的な豊かさを

同時に手に入れるために、

ぜひこの流れを

参考にしてもらえたらと思います。

 

そして、もしよろしければ、

うちにも一度詳しい話を

聞きに来てくださいね。

 

最後に珍しく宣伝をさせてもらいました。

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。