ローン控除の今後

驚異的に安くなった

住宅ローン金利より

家を建てると10年間(今は13年間)

国が返してくれる税金の方が

パーセンテージが高いという

事実を是正するために、

ローン控除のパーセンテージを

1%から0.7%にしつつ、

その代わりに控除期間は

13年のまま維持するという議論が

年末までの決定を目処に

国会でなされています。

 

まー、仮に住宅ローンの金利が

0.7%だったとしたら、

払った利息に0.3%のおまけ付きで

国がお金を返してくれている

というわけですから、

財政が逼迫している日本では

こうなってもおかしくはないですよね。

 

言い換えたら、

「家を建てたら得をする」

ってわけですもんね。

 

そんなわけで、

いつかはこんな時が

確実にやってくるだろう、

いや、それどころか遅いぐらいだ

と思っていたこの見直しですが、

では実際のところ、

建てる人にとってどれくらいの

違いが生じるものなのでしょうか?

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

というわけで、

分かりやすく数字を当てはめて

その違いを見ていきつつ、

最後に、この結果を受けて

これから家を建てる人が、

どうすべきなのかについて

個人的な考えを

お伝えしていきたいと思います。

 

3000万円を金利0.7%にて

35年返済で借り、

10年間控除されると仮定し、

名義人の年収を500万円

納めている所得税を15万円

住民税を25万円と仮定して、

控除率1%と0.7%で

比較していってみますね。

 

ちなみに1月に融資実行した場合、

年末時点の借り入れ残高は、

1年目が2923万円、

2年目が2846万円、

3年目が2768万円、

4年目が2690万円、

5年目が2611万円、

6年目が2532万円、

7年目が2452万円、

8年目が2371万円、

9年目が2290万円、

10年目が2208万円なので、

これをベースとして試算していきます。

 

✔️控除率1%の場合

 

この場合の控除額は、

1年目が29.23万円、

2年目が28.46万円、

3年目が27.68万円、

4年目が26.90万円、

5年目が26.11万円、

6年目が25.32万円、

7年目が24.52万円、

8年目が23.71万円、

9年目が22.90万円、

10年目が22.08万円となり、

10年間ずっと所得税の

15万円も還付されるし、

住民税枠についても

ほぼ全額控除されることになります。

 

そして、

これらの金額を全て合わせると、

10年間の合計で256.33万円

住宅ローン控除によって

税金が控除されることになります。

 

✔️控除率0.7%になった場合

 

この場合の控除額は、

1年目が20.46万円、

2年目が19.92万円、

3年目が19.37万円、

4年目が18.83万円、

5年目が18.28万円、

6年目が17.72万円、

7年目が17.16万円、

8年目が16.60万円、

9年目が16.03万円、

10年目が15.45万円となり、

所得税は10年間

丸ごと返ってくるものの、

住民税の控除が

格段に少なくなってしまいます。

 

そしてその計算をしてみると、

先程の1%控除よりも、

合計で76.51万円も控除額が

減ってしまうという結果になります。

 

つまり、所得税と住民税を合わせた

10年間の合計控除額は、

179.82万円まで減ってしまう

というわけですね。

 

✔️所得控除の穴埋め対策

 

そこで、オススメなのが、

個人方確定拠出年金のiDeCoです。

この制度も、掛け金全額が

所得税と住民税の控除対象となるので、

控除率が0.7%になることによって

住宅ローン控除だけで

控除しきれなくなってしまった分を

これで補うという作戦です!

 

例えば、会社員の方は、

iDeCoに毎月2.3万円を上限に

かけることが出来るのですが、

そうなれば毎年27.6万円

年金の上積みが出来るとともに、

所得税と住民税がそれぞれ

2.76万円ずつ控除されることになります。

(住民税、所得税ともに

税率10%の計算ですが、

所得税は所得によって税率が変わります)

 

となると、

所得税2.76万円×10年=27.6万円、

住民2.76万円×10年=27.6万円、

合わせて55.2万円が

10年間で還付されることになるため、

控除率が0.7%になることによって

減ってしまった76.51万円の多くを

これで穴埋めすることが出来ます。

 

もちろん、これを実現するためには、

毎月23,000円の掛け金を

準備しないといけないので、

家計の中身を見直したり、

家づくりの予算設定を見直したり、

ということが必要にはなりますけどね。

 

というわけなので、

僕自身の個人的な意見としては、

これから家を建てる方は、

例外なく誰もが、ご夫婦そろって

「つみたてNISA」に入るとともに、

「iDeCo」にも入るように

していただければと思います。

 

そして、それが実現出来るような

ファイナンシャルプランを立て、

その上で家の予算を

出してもらえたらと思います。

 

確実に家づくりの予算は

減ってしまいますが、

これがこれからの家づくりでは

マストになる考え方ではないでしょうか。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。