パートナーとやるべき土地探し

基本的に、土地探しは

自分たちだけでやるべきではありません。

理由は、土地によって

建てられる家も違えば、

建てるべき家も違うからです。

 

つまり、あなたが暮らす家の間取りは、

その土地によって決まる

と言っても過言ではないことから、

また、建てる家によって

どんな土地が最適なのかが異なることから、

土地探しをする前に

建築のパートナーを決定し、

ともに土地を探すのが理想的だ

というわけですね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

例えば、南向きの土地は

一見、日当たりが良さそうに見えますが、

日当たりがよくなるように

部屋を全て南につくってしまうと

外から中が丸見えになるため、

必然的にプライバシーも低くなるし、

同時に間取りがバレバレで

防犯性も低いし、

結局カーテンを締め切っているので

明るい家にはなりません。

 

それゆえ、弊社では

日当たりの良さを活かしつつ、

プライバシーと防犯に優れた住まいに

なるよう間取りを考えるのですが、

そうなれば、必然的に

視線が気になる南面に、

窓をつくる必要がない間取りが

出来上がることになります。

 

つまり、せっかく日当たりがいい

南向きの土地を買ったのに、

全くと言っていいほど、

そうした意味がなくなるというわけです。

 

そんなこんなで、

弊社で家を建てる方には、

南向きの土地を買うだけ

お金がもったいないので、

出来ればやめといた方がいいですよ

とお伝えするのですが、

では、どんな土地をオススメするのか

というと、南向き以外の土地です。

 

南向き以外の土地だと、

仮に南向きに部屋をつくったとしても

道路から家の中が丸見えになりにくい

というのが1つ。

 

そしてもう1つが、

南向きの土地にこだわらなくても

南向き以外の土地でも、

リビングに直射日光が入る

間取りをつくることが出来るからです。

 

「中庭」や「吹き抜け」などの

手段を利用しつつです。

 

ただ、個人的にオススメしないというか、

絶対にオススメしたくないのが、

「2階リビング」ですね。

単純に歳をとったら

不便になる可能性が高いだろうし、

増改築が必要となれば、

余分な出費が必要になるからです。

 

まー、それはいいとして、

何が言いたいのかと言うと、

これはあくまで弊社の考え方であり、

工務店によって

建てる家の考え方も違えば、

そうなればその家に適した

土地も違ってくるということですね。

 

なので、まずは、

いきなり土地を探し始めるのではなく、

自分がどんな家に住みたいのか?

そして、どこでお願いするのか?

を先に決めてから

土地を探し始めることをオススメします。

 

土地によって

出来ることと出来ないことがあるし、

どんな土地が最適なのかは

工務店によっても違ってくるので、

この順番を覚えておいて下さいね。

 

それでは、、、

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。