住宅ローンの個人的見解

住宅ローンには、

途中で金利が変わる変動金利と、

ずっと金利が変わらない

固定金利がありますが、

個人的には、基本的にみんな

固定金利(全期間固定)を

選んだ方がいいと思っています。

 

そして、自己資金を可能な限り入れて、

借入額は出来るだけ減らした方がいい

と思っているのですが、

返済期間については、

出来るだけ長く借りておいた方がいい

というのが、住宅ローンについての

個人的な見解です。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では今回は、

なぜ僕がそう考えているのか?

その理由を書き連ねていきたいと思います。

 

あくまで、個人的な考えであり、

正解かどうかも分からないし、

これに従う必要もないので、

参考程度に読んでもらえたら幸いです。

 

✔️全期間固定がいい理由

 

まず1つ目の理由が、

返済金額がずっと同じだということです。

つまり、今後ずっとこの固定費に関しては、

狂いが生じないからです。

 

変動金利の場合、

途中で必ず金利が変わるため

そうなれば返済金額も変わることになり、

都度、銀行と金利の交渉を

しなければいないし、

仮に、その交渉がうまくいかず

返済金額が上がってしまうことになれば、

家計の収支が狂ってしまいますからね。

 

また、今の金利水準の低さも

固定を選んだ方がいいと思っている

もう1つの理由です。

 

もちろん、変動金利と比べると

幾分は高いものの、

それでも1%前後の金利というのは、

激安と言っても過言じゃありませんからね。

 

つまり、途中で金利が変わるかもしれない

リスクを背負ってまでして、

金利の低さにこだわる必要がない

というわけですね。

 

もっとも住宅ローン金利が

今後上がっていきそうな気配なんて

今のところは全くないですけどね。

 

この2点が、

僕が全期間固定を

基本的にオススメする理由です。

 

✔️自己資金を入れた方がいい理由

 

この理由は、

毎月の返済金額を

少しでも小さくするためです。

そして、手元に残るお金を

積立投資に回してもらうためです。

 

積立投資に回すべき理由は、

銀行に貯金するよりも

はるかにお金が増える

可能性が高いからです。

 

なので、出来るだけ

自己資金を入れることによって

返済金額を小さくし、

この浮いたお金を

「つみたてNISA」を利用しつつ

積立投資をしていって

もらえたらと思います。

 

完全には言い切れませんが、

まだお子さんが小さいなら、

今から積立投資を始めれば、

子供たちの進学資金の大部分が

賄えるぐらいお金が増えるかも

しれませんからね。

 

そんなこんなで、

現金を必要以上に手元に残したり、

銀行の口座の中に預けておかずに、

ギリギリいっぱいまで

頭金として入れるように

してもらえたらと思います。

 

✔️返済期間は長い方がいい理由

 

返済期間が長い方がいい理由は、

1つが毎月の返済金額が小さく出来ること。

先程も申し上げた通り、

積立投資に浮いたお金を

回してもらいたいからですね。

 

そして、もう1つの理由が、

おそらく35年後も当たり前のように

働いている可能性が高いことです。

つまり、35年後も安定収入がある

可能性が高いということですね。

 

これからは定年となる年齢も

どんどん伸びていくでしょうし、

年金をもらう年齢を遅らせたほうが、

もらえる年金額も多くなるし、

そもそも住宅ローンには

団体信用生命保険という、

借入名義人にもしものことが起こった場合、

ローンの残債がゼロになるという

定期保険が含まれていますしね。

 

以上の理由から、

返済期間を短くする必要はない

と思っている次第であります。

 

いかがでしたか?

ざっとしたご説明なので、

少し分かりにくい部分も

あったかと思いますが、

要は、例外なくみんな、

こうした方がいいんじゃないか

というのが僕の個人的な見解です。

 

とはいえ、日本は

基本的に金融教育がなされていないため、

投資に対するネガティブな印象があり、

なかなかこの考え方を

受け入れられないかもしれません。

 

あるいは、そうすべきだと思っていても

今一歩踏み出せていないという方も

結構いらっしゃることと思います。

 

なので、そんな方は、

ぜひ一度弊社にお越しいただければ、

詳しくお話しさせていただきますので、

お気軽にご連絡ください。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。