変動金利と3つの条件

毎月の返済額を70,000円とした場合、

金利が0.6%の変動金利だと

2651万円借りることが出来ますが、

金利が1.2%の固定金利だと

2399万円しか借りることが出来ません。

 

つまり、変動金利と固定金利では、

借りられる額が

252万円も違ってくるのですが、

これに加えて固定金利は、

銀行に融資手数料という余分な手数料も

最初に払わないといけないので、

さらに50万円ほど

家づくりにかけられる予算が

減ることになります。

 

それゆえ、

毎月の返済負担を上げることなく

固定金利を選ぶためには、

家づくりにかける予算を

圧縮しなければいけません。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

とまあ、

これが固定金利を選ぶ場合の、

基本的なセオリーなのですが、

どっこい現実はというと、

そう簡単には300万円も

予算を減らすことが出来ないという方が

ほとんどではないでしょうか。

 

なので、今回は、

この場合のように

仮に300万円思っていたよりも

予算オーバーしてしまった時、

どうすればいいのか?について

個人的な意見を述べていきたいと思います。

 

✔️固定金利にする?変動金利にする?

 

この場合、毎月の返済は上がるけど

ずっと返済が変わらない固定金利を選ぶか、

あるいは、途中で返済が上がってしまう

かもしれないけど、

とりあえずは予定通りの返済額となる

変動金利を選ぶかの

選択をすることになります。

 

固定にした場合、

ざっと1万円ぐらい

返済が上がってしまうことになる

という感じです。

 

さて、あなたなら

どちらを選択されるでしょうか?

安定・安心を優先するか?

はたまた目先の返済額を優先するか?

 

この場合、僕は固定金利よりも

変動金利をオススメします。

 

理由は簡単。

固定にしてしまうと、

毎月の負担が増えることになり、

その分積立投資に

お金が回せなくなってしまうからです。

 

つまり、銀行の利息の支払いを

圧縮するよりも、

積立投資に回した方が

よっぽど効率的にお金が増える

というわけです。

 

そんなこんなで、

個人的には、あくまで積立投資を

優先して欲しいと思っている次第です。

 

もちろん、

「つみたてNISA」や「iDeCo」といった

国が推奨する制度を利用しつつです。

 

✔️変動金利の2つの心得

 

では、変動金利を選ぶことを

前提とした場合、

どんなことに注意しておけばいいのか

について、ここからは

お伝えしていきたいと思います。

 

まず1つ目が、

金利の見直し時点で

必ず銀行と金利の交渉をすることです。

 

変動金利は、たとえ市場の金利水準が、

今と変わってなかったとしても、

金利の見直し時点では、

必ず金利が上がってしまうからです。

 

なので、金利見直しのタイミングで

銀行と交渉しないといけないということを

忘れず覚えておいて下さい。

 

そして、もう1つが、

常に健康管理に気を付けることです。

理由は、金利見直しのタイミングで

運悪く銀行との交渉が折り合わない場合、

他の銀行に借り換えするという

選択肢をとることになる

かもしれないからです。

 

つまり、再び住宅ローンを借りるにあたり、

団体信用生命保険という

掛け捨ての定期保険に

加入しなければいけないから

健康に注意しといてくださいね、

というわけですね。

 

大病を患ってしまっていたら、

入りたくても入ることが出来ない

かもしれないし、

あるいは、入ることは出来ても

金利アップの条件付きに

なってしまうかもしれませんからね。

 

いかがでしたか?

 

個人的には、

家づくりの予算を少しでも落とし、

固定金利を選べるようにした方が、

ローンのことや健康管理のことを

過度に気にしながら

暮らさなくて良くなるので、

絶対にいいと思っているのですが、

仮に変動金利を選ばざるを

得なくなったとしても、

以上の3つ(積立投資・銀行交渉・健康管理)

さえ心得ておけば、

別段何の問題もないと思っています。

 

とはいえ、金利が安い

変動金利を選んだにもかかわらず

積立投資が全く出来ないような予算で

家づくりをするのは、

99.9999%間違っているので、

家づくりの予算設定だけは

絶対にミスらないように

気を付けて資金計画を

行ってもらえたらと思います。

 

それでは、、、

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。