小さな家の間違った思い込み

一般的に

家は30坪が最低ラインで

35〜40坪ぐらいが

ポピュラーだと思われていますが、

個人的には

25坪前後あれば充分だと思っているし、

弊社で家を建てる方の約90%が

25坪前後の大きさで家を建てます。

 

というのも、25坪前後あれば

子供たち一人一人の部屋もとれるし、

ゆったりとしたLDKもつくれるし、

家族みんなで暮らすのに

充分な広さがあるからです。

また、家を小さくした方が、

家の価格が安くなるからです。

 

そんなこんなで、

25坪前後という大きさが

弊社では最もポピュラーな

サイズになっているのですが、

とはいえ、みんながみんな

決して最初から25坪前後の家を

建てようと思っていたわけじゃなくて、

ほとんどの方が、

「35坪ぐらいの家にしたいなー」

から始まり、話をするにつれて

25坪前後という広さに

着地していったんですよね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、今回はコストを抑えながら

見た目も中身もカッコ良くて

サイコーな住み心地を誇る

「平屋」を建てるために、

乗り越えるべき2つの壁について

お伝えしていきたいと思います。

 

言い換えるなら、

この2つの壁をクリア出来れば、

人に自慢したくてしょうがない

家を手に入れることが出来るので、

そうしたいなーと思っている方は、

このまま読み進めてもらえたら幸いです。

 

よろしくどうぞ。

 

✔️収納が少ないんじゃない?

 

まず1つ目の心理的な壁がこれです。

家を小さくするとなれば、

真っ先に削られるのは

収納なんじゃないかと思ってしまう

ということですね。

 

なんせ賃貸暮らしで全く足りてない

収納問題を解決することは、

家を建てる上で

かなり大事なことの1つですからね。

 

しかし、家を小さくする場合でも

実は収納を減らす必要は全くありません。

 

例えば

35坪から25坪まで縮めるとなると、

10坪(=20帖)何かを

削ることになるのですが、

まず真っ先に削るのが「階段」です。

 

平屋にするなら

そもそも必要ないものですからね。

となると、実はこれだけで

2坪(=4帖)も削ることが出来ます。

 

また、平屋にすれば

トイレも1つでいいし、

設計によって無駄な廊下も

ほとんど削ることが出来ます。

そして、これによって

さらに2坪(=4帖)削ることが出来ます。

 

さらに、平屋になれば

全ての部屋と収納が1階にあるため

2階建ての家のように

余分な部屋を

1階につくる必要がなくなります。

結果、部屋1室分、

3坪(=6帖)を削ることが出来ます。

 

この他、寝室も

ただ寝るだけと考えるなら

6帖もあれば充分だし、

子供部屋も部屋そのものは

4.5帖ずつあれば充分なので、

おそらくこれらを削ることによって

3坪(=6帖)ほど

小さく出来るんじゃないかと思います。

 

そして、これら全てを合わせると

10坪(=20帖)削れたわけですが、

さて、この中に「収納」は

含まれていたでしょうか?

 

✔️住みにくいんじゃない?

 

家が小さくなれば、

住みにくくなるんじゃないかという

不安にかられるのもあると思います。

 

しかし、これに関しても

全く心配はありません。

 

先程お伝えしたように

まず「収納」不足に困ることもなければ、

平屋にすることによって、

家事時間がグンと短縮されます。

 

洗濯に関しては

上下を行ったり来たりする必要がないし、

掃除に関しても

ルンバを昼間動かしていたら

それだけで済むからです。

 

また、子供部屋が1階にあることによって

子供たちに自分の部屋を

活用してもらいやすくなるため、

そもそもリビングが子供のモノで

ごった返す可能性がグンと低くなります。

 

つまり、片付けもいくらか楽チンになる

というわけですね。

 

この他、弊社では

「中庭」をつくることが多いのですが、

これによって明るさや開放感も高まれば

プライバシーも担保されるため

格段に居心地が良くなるし、

なにより光や空を感じながら

四六時中過ごすことが出来るので、

とっても癒されるし、

とっても心が豊かになります。

 

こんな住まいが、

住み心地が悪いはずなんて

なさそうだと思いませんか?

 

この2つの懸念点は

実際に建った家をご覧いただいたり、

YouTubeでルームツアーをご覧いただくと

なおのことご理解いただけると思うので、

実際におうちが見たいなーという方は、

いつでもご連絡いただければと思います。

 

ただその場合は、

誠に申し訳ないのですが

4月の第2週目の土日まで

見学会を開催する予定がないので、

お手数ではありますが

電話かメールにて

ご連絡いただければ助かります。

 

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。