図面の正しい見方

プリントアウトされた

図面を見るということは、

上から間取りを見下す形で

見るということなのですが、

この状態で間取り図と

睨めっこをしていると

家のコストが上がりやすくなります。

 

というのも、

この視点から図面を眺めていると、

なんだか部屋が

狭いような気がしてくるし、

収納も狭いような気がしてくる上、

数も足りないような

気がしてくるからです。

 

つまり、

それらの不安を解消するために

家の面積が大きくしてしまいがちだ

ということですね。

 

収納に至っては、

現時点での自分たちの持ち物を

十分に把握出来ていないとなると、

なおのこと

「これで大丈夫だろうか?」

という不安に頭の中が

支配されてしまうでしょうしね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

というわけで、

今回は図面の正しい見方というか、

「収納」の正しい見方について

お伝えしていきたいと思います。

 

「とにかく収納はたくさん欲しい」

というのが、

多くの人に共通した要望ですが、

収納を増やしたとて、

それだけで収納力が上がるわけじゃなく、

なのにコストだけは

順調に上がってしまうので、

そんな無駄なことを防止するためにも

ぜひプランへと進む前に

知っておいて下さい。

 

✔️床の広さは重要ではない

 

収納は「床」の広さだけで

分量が決まるわけではなく、

「壁」の広さによっても

分量に大きな違いが生じます。

 

例えば、幅と奥行きが

どちらも91cmの収納と、

幅が2倍で奥行きが半分の

182cm×45.5cmの収納は、

床の広さは全く同じですが、

そこに置ける分量は、

棚の枚数が同じ場合、

単純に2倍違います。

 

ただ、奥行きが深い収納は、

横に陳列出来る数は少ないものの、

前後2列で荷物が置けるんですけどね。

 

基本的に、布団以外の荷物は

全て奥行きが浅いからです。

家電製品もどんどん

薄型になっていますしね。

 

そして、そう考えれば、

収納の中に置ける分量は

結局同じになるのですが、

しかし、果たして、

前後2列に並べて荷物を

置かないといけない収納は

使いやすいのでしょうか?

 

どう考えても使いにくいですよね?

奥の荷物を取り出すために

わざわざ手前の荷物を

一旦退けないといけないし、

この置き方をしていると、

奥に何を置いているのか

分からなくなっちゃいますしね。

 

言われなくても、

すでに今の賃貸アパートで

体験済みですよね。

超管理しにくい収納を・・

 

そんなこんなで、

収納は管理しやすくつくる

というのが鉄則であり、

そのためには奥行きよりも

棚の長さに重点を置いて

考えるべきなのですが、

コストを無駄に上げることなく、

それを実現する最良の方法が、

「壁」の数を最大化する

ということなんですよね。

 

なので、図面を見る時は、

収納が一体どれだけの広さなのか?

ではなく、

一体どれだけの壁があるのか?

に着眼していただけたらと思います。

 

✔️回遊動線のメリットとデメリット

 

また、収納の分量が気になる方が、

やらない方がいいのが回遊動線です。

 

玄関からリビングダイニングキッチンに

直接行けると同時に、

収納〜脱衣〜洗面を通して

リビングダイニングキッチンに

行けるようにした、

いわゆるグルグルと家の中が回れる

動線のことですね。

 

理由は、

収納を通り抜けることが出来る

ということは、

イコール収納の中に通路が

出来てしまうからです。

 

つまり、収納の中の壁量が

それだけでガクンと減ってしまい、

通り抜け出来ない場合の

半分以下の収納力に

なってしまうということですね。

 

その上、ドアの数が1枚増えるし、

スイッチの数も1つ増えるため、

コストは上がってしまいますしね。

 

洗面や脱衣に関しても、

通り抜けにすれば、

入り口が2ヶ所になってしまうため、

ドアとドアがかち合う

可能性が高くなり、

使いにくくなるかもしれないし、

これを避けようとしたら、

余分な廊下を増やさざるを得なくなり、

無駄にコストが上がってしまうだけ

ですしね。

 

なので、インスタや見学会などで、

回遊動線や通り抜け動線を見て、

その利便性の良さに

憧れを抱くかもしれませんが、

陽の部分だけじゃなく

その裏に隠れた陰の部分にも

目を向けられるように

しておいてもらえたらと思います。

 

この見方が出来るようになれば、

収納に対する不安を解消するために

無駄に収納を広げる

必要がないことが分かるし、

他の部分にも応用すれば、

無駄なコストをガンガン

削ることが出来るようになるので、

ぜひ覚えておいて下さいね。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。