図面の正しい見方 その2

家の間取りを考える時、

動線や広さばかりに

気を取られがちになるのですが、

周囲の環境も

同時に考えなければいけません。

 

というのも、

砂漠の真ん中にポツンと

家を建てるわけじゃなく、

基本的に家に囲まれた環境の中で

家を建てるからです。

 

つまり、

家はその土地が持つ環境、

言い換えるなら

近隣との兼ね合いを考えながら

間取りを考えるべきだ

ということなのですが、

これを怠ってしまうと、

暮らし面や金銭面において

なんらかの支障が生じることになります。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

例えば、南向きの土地では、

出来るだけ全ての部屋を

南向きでつくるのが一般的ですが、

ここで考えて欲しいのが、

その家で実際暮らした場合、

どんな風にして暮らしそうなのかです。

 

まず、リビングは

道を行き交う周囲の人たちから

丸見えになってしまうため、

それを防御するために

カーテンが必需品となります。

 

となると、リビングはまだしも

奥の方に配置されるキッチンには

ほとんど光が届かないため、

日中ずっと照明なしではいられない

キッチンが出来上がってしまいます。

 

また、リビングから続くウッドデッキも、

道路を行き交う人たちから

常に丸見えの状態となりますが、

さて、こんな場所で落ち着いて

バーベキューが楽しめるでしょうか?

リクライニングチェアーに座って

ひなたぼっこが出来るでしょうか?

子供たちはまだしも、

自分たちも水着になって

プールが出来るでしょうか?

 

このように、

南向きの土地に建つ家の多くは、

プライバシー性が

低くなってしまうのですが、

それと同時に

防犯面も悪くなってしまいます。

 

1つめの理由が、

窓を見ただけで間取りが

ほぼ完璧に分かってしまうから。

そしてもう1つの理由が、

夜、電気がついているかいないかで、

どこに誰がいるのかまで

分かってしまうからです。

 

そんなこんなで、

南向きの土地で

このような設計をしてしまった場合、

外構工事に想定外のコストをかけて、

これらを緩和するという方法を

取らざるを得なくなります。

 

目隠しをしたり、

植栽をしたり、

塀を強固につくったりすることによって。

 

それゆえ、計画した予算から

大幅にはみ出ないようにするためにも、

また、より暮らしやすい

住まいをつくるためにも

そもそも環境を配慮しながら

間取りを考えるべきだ、

というわけなんですよね。

 

✔️日当たりが悪い土地なのに?

 

そして、

この南向きにリビングをつくる

という当たり前は、

日当たりが悪い土地でも

最悪の状況を引き起こします。

 

南向きに窓をつくっても

前に建つ家によって光が遮断され

窓から充分な光が入ってこないからです。

 

さらに、この家は

前に建つ家の裏側を見ながら

毎日過ごすことになるため、

違う意味でカーテンが必需品となります。

 

なんせ、勝手口やゴミや

給湯器や室外機や汚れた壁を見ながら

過ごさないといけなくなりますからね。

 

それゆえ、どう考えても

日当たりが悪い土地では、

前に建つ家に隣接した場所に

陽光を採り込みたいリビングなどを

配置すべきではないんですよね。

 

でも現実には、

常識に囚われるあまり、

かつ動線や広さばかりに

気を取られるあまり、

こんな状況になってしまっている

家がたくさんあります。

 

なので、家の間取りを見る時は、

その周りの環境を想像しつつ

実際その家の中に立ったつもりで、

周りから自分の家がどう見えるのかまで

俯瞰しながら見るように

してもらえたらと思います。

 

これが出来れば、

間取りに対する考え方が

少し違ってくるはずですから。

 

前々回に引き続き、

今回も多くの方が

見落としてしまっている

家づくりの大切な視点について

お伝えさせていただきました。

 

ぜひ参考にして下さい。

それでは、、、

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。