家づくりの現実

「昔は1500万円〜2000万円ぐらいが

住宅ローンの相場だったけど、

この頃は、徳島市やだったら

4000万円ぐらい借りるんが

当たり前になってきとるわよ。

年収の5倍ぐらいって言われとった

融資の限度額も下手すりゃあ

7倍ぐらいまで貸すことやってあるしね。。」

 

先日、とある銀行の方から

このようなお話をお聞きしたのですが、

確かに原材料費高騰の影響もあって

どんどん値上がりする家の価格を考えると、

土地から買って家を建てる方は、

自己資金がなければそれぐらいの借入に

なってしまうのかもしれません。

 

しかし、個人的には、

たとえ共働き世帯だったとしても、

会社勤めである方たちには、

この予算設定はオススメ出来ません。

返済だけでいっぱいいっぱいに

なってしまう可能性がかなり高いからです。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

例えば、4000万円のうち、

3000万円をベタ払いで、

1000万円を年2回のボーナス払いにし、

35年返済で1.4%の固定金利で

銀行から借入したとしましょう。

 

この場合、毎月の返済は、

90,392円となり、

年2回のボーナス返済は181,193円

となるのですが、

仮に現在の家賃が70,000円だとしたら、

出費が今よりも20,000円も

上がってしまうことになります。

 

また、賃貸では

火災保険を自分の家財にのみに

掛けておけば良かったのですが、

家を持つと建物本体にも

火災保険を掛けることになるし、

それにプラスして賃貸の時は必要なかった

固定資産税を毎年払わなければいけません。

(徳島市はこれに上乗せして都市計画税も)

 

さらに、家を維持していくためには、

定期的に家のメンテナンスを

してやらないといけないのですが、

そのための費用も

今のうちからコツコツと

積み立てていっておかないといけないし、

同時に、やがて老朽化し

入れ替えが必要となる水回りの

工事費用も積み立てていっておくべきです。

 

そして、これらを合計すると、

毎月約20,000円〜25,000円ぐらいは

必要となってくるわけですが、

さて、現在暮らしよりも

一気に40,000円〜45,000円も

負担が上がるとしたらいかがですか?

 

✔️ボーナスはずっとあるのか?

 

そして僕が一番懸念するのは、

ボーナスがずっとあるのだろうか?

というところです。

 

ボーナスというのは

給料と違い企業の業績に応じて

支払われるものであるため、

今後35年間良い業績が

ずっと続くかどうかなんて

現時点では誰にも分かりませんからね。

 

そして、もしボーナスがなくなる

なんて事態が起こってしまった時は、

(業績悪化や転職といった要因によって)

年2回分のボーナス上積み分を

毎月除けていかないといけなくなります。

 

となると、さらに毎月の負担が高くなり、

とてもじゃないけど

家族で旅行に行く余裕なんて

全くなくなってしまう

のではないでしょうか。

 

✔️贅沢な暮らしを諦める覚悟

 

これは銀行の方が話していたことで、

僕も全く同感なのですが、

家にこれだけのお金を

かけるつもりなのであれば、

家以外のことを

「ずいぶんと我慢して暮らす覚悟」

が必要だと思います。

つまり、贅沢はしないということです。

 

例えば、

外国車や高級車といった

いわゆるいい車は絶対に買わないとか、

基本的には外食には行かないとか、

旅行に行くのは年1回にして、

その旅行も泊まりでは行かないとか、

あるいは行き先を

飛行機に乗らなくて良い場所にするとか、

時計やバイクのほか、

お金がかかる趣味は全て諦める、

といった感じですね。

 

理由は、子供たちを育てていくためには

想像以上にお金がかかるから、

そして、今後は天引きが増えるため、

よほど給料が上がらない限りは、

確実に手取り金額が減っていくから、

でも、そんな中でも老後に向けて

積立もしていかないといけないから、です。

(年金はなくならないにしても、

支給が遅れたり減ることになるからです)

 

これから35年間、

つまり住宅ローンに縛られている間、

ずっとそれでも我慢出来ると

断言出来るのであれば、

家に全身全霊を捧げてもいいと思います。

 

しかし、それはちょっと嫌だなー

とお考えだとしたら、

家づくりの予算を

もっと現実的に考えるべきだし、

もっと踏み込んで言うなら、

家づくりの予算を計画する前に、

これから必要となるコストを知り、

その備えをしていくために、

現在の自分たちの状況を見直すべき

だと思っています。

 

家にかける予算を失敗してしまうと、

間違いなく一生かかっても

取り戻すことが出来ません。

それどころか、

不測の事態が起こった場合、

家を手放すことなるかもしれません。

 

なので「みんながそうしているから」

という理由だけで、

同じような選択をするのは

絶対にやめていただければと思います。

 

家を建てることが目的ではなく、

家は家族が幸せになるための

一つの手段であることを

決して忘れないでください。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。