全体を見る力(知識)をつける

家の価格を比較する時、

単純に家の見積書だけを

横並びにして見てしまうと、

一番価格が高い家を建てる

可能性が高くなってしまいます。

 

というのも、

オプションとして必要となるコストが

そこには入ってなかったり、

実は、庭代がべらぼうに高かったり、

電気代やメンテコストといった

住んでから必要となるコストに

大きな差が生じるかもしれないからです。

 

それゆえ、

家の価格を比較する場合は、

もっと全体に目を向けること、

つまり、オプションや庭も含めた上で

一体いくらになるのかと、

住んでから必要となる維持費に

今後どれだけのコストがかかりそうなのか

にまで目を向けながら

考えなければいけません。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、この内容が

よりイメージしやすくなるように

一つ例を挙げて見ますね。

 

例えば、

延床面積30坪(100㎡)の

平屋を建てる場合、

中庭がある家とない家では、

家の価格がけっこう違ってくるのですが、

これは同じ30坪でも

工事面積が違ってくるからです。

 

真四角で家が建てられると仮定した時、

中庭がない家の場合、

縦横ともに10mで建てられるため、

壁の全周が40mで済むのに対し、

中庭がある家の場合、

仮に中庭を10㎡(=6帖)分

つくるとしたら、

中庭を含めた総面積が110㎡となるため

壁の長さがその分増えるし、

かつ、それにプラスして

10㎡ある中庭部分の壁も

工事しなければいけなくなるからです。

 

このような理由から、

中庭がある家はコストが

割高になってしまうのですが、

他方、中庭がある家は割安になり、

中庭がない家が割高になるものも

当然出てきます。

 

まずはカーテンにかかるコストです。

周囲の人からの視線を

一切気にする必要がない中庭には、

基本的にカーテンが必要ないからです。

 

また、メインの採光を

中庭から確保することが出来れば、

外周部に大きな窓を

設置する必要もなくなるため、

外周部に設置する窓にも

カーテンをつける必要がなくなります。

 

他方、中庭がない家は、

カーテンなしでは家の中が丸見え過ぎて、

よほどの田舎でもない限り、

とてもじゃないけど

リラックスして過ごすことが出来ません。

 

それゆえ、ほとんどの窓に

カーテンが必要となり、

高額なオプション費用が

必要となってしまいます。

 

そして、おまけに

家の中が薄暗くなってしまうという

オプションまで引っ付いてきます。

 

シャッターにかかるコストも

中庭がある家とない家とでは、

大きく違ってきます。

 

中庭の大きな窓には、

直風が当たらないのに対し、

外周部の大きな窓には、

台風時などの強烈な直風が

モロに窓に当たるからです。

 

その上、台風時の強風は

基本、南から直撃しますしね。

 

そんなこんなで、

中庭がある家とない家では、

単純に家の価格が

100万円違ったとしても、

オプション費用でトントンになる

可能性が高いのですが、

なにより大きな違いが生じるのが

「庭」にかかるコストではないでしょうか。

 

というのも、

中庭がある家には

建築代の中にウッドデッキの

工事代が含まれているのに対し、

中庭がない家の場合、

ウッドデッキ工事代が

建築代に含まれていないし、

(外構工事として見積るからです)

防犯性とともにデザイン性が高い

中庭がある家には

目隠しや防犯対策が必要ないと同時に、

家のデザインを引き立てるために、

庭をデコレイトする必要もないのに対し、

中庭がない家は、

目隠しや防犯対策とともに、

庭をデコレイトすることによって

家のデザインの悪さを

補充しなければいけないからです。

 

そして、おそらく

この庭の工事費用に関しては、

少なくとも100万円ぐらい

差が生まれるでしょうし、

場合によったら200万円以上

差が生まれるかもしれません。

 

ウッドデッキをつくるとなれば、

それだけで50万円ぐらいはするし、

そのウッドデッキを

使えるようにするために

目隠しを設置するとなれば、

さらに50万円ほど余分に必要となるし、

見た目にこだわって

塀を木目調でつくるとなれば、

50万円どころか100万円ぐらい

高くなってしまうかもしれませんからね。

 

以上のような理由から、

価格を比較する時は、

単純に家だけに目を向けるのではなく、

それに付随する工事やコストにまで

目を向けた方がいいというわけです。

 

✔️ランニングコストという落とし穴

 

また、家を建てた後にかかる

コストについても

建てる時に目を向けておくべきです。

電気代、メンテナンスコスト、

そして増改築コストですね。

 

これも分かりやすく一つ例を挙げると、

建売住宅によくある

総二階建ての家のことを

一般的に「ローコスト住宅」と言いますが、

これは単純に建築コストは安くなるものの、

先程ご説明したように

家に付随してかかるコストが

(カーテン、シャッター、ウッドデッキ、庭)

割高になるとともに、

将来、増築する可能性がグンと高くなるため、

老後を前に大きな出費が

必要になってしまうかもしれません。

 

将来、足腰が悪くなるかどうかなんて

今の段階では誰にも予想出来ませんが、

もしそうなってしまったら、

上下移動がとっても大変になるからです。

 

他方、平屋にすれば、

間取りのつくり方によっては、

2階建てよりも高くなってしまう

こともありますが、

とはいえ、平屋にしておけば

将来増築する可能性は

圧倒的に低くなります。

 

そもそも全ての部屋と収納が

同じフロアにあるわけだし、

やがて子供たちは家を出ていくので、

部屋も余っている可能性が高いからです。

 

この他、

電気代やメンテコストなども

知っているか知らないかで、

今後の出費に

大きな差が生じるかもしれないので、

これらについても

充分な知識をつけておくべきなのですが、

これらについては

また追々ということで。

 

というわけで、

家を建てる時は、

ある一部分だけを盲目的に見るのではなく、

全体的なところまで目を向けるように

してもらえたらと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。