リアルな現実と家づくり

「終身雇用なんて過去の話だし、

もはや年金であなたの老後を

支えることも出来なくなりました。」

 

ざっと言うと、

これが今の日本の流れであり、

これが意味することは、

「私たちはどうやら75歳になっても、

いや80歳になっても、

普通に働いていないといけない。」

にもかかわらず昔のように

「同じ会社で勤め続けることは

間違いなく出来ない。」ということです。

 

実際、大手企業では

中高年を対象とした

希望退職の流れが加速していて、

「45歳リストラ時代」と言われているし、

身近なところでも

それで退職した人が何人もいますしね。

 

要するに、今は

「まー、そこから先は各々頑張って!」

時代になったというわけですが、

家づくりだって、

もちろんこの流れを見越した上で

計画を建てるべきですよね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

また、コロナショックを解決するために

たくさんバラまいたお金だって、

今後、増税によって

回収していかないといけないこと、

少子高齢化がもっともっと進めば、

社会保険料の負担はさらに上がること、

そして、所得や手取りが上がらないのに、

物価だけがインフレになっていること、

さらに、インフレを抑えるために

金利が上がる可能性が高いことなども、

これからの家づくりでは

織り込んでおかないといけないことです。

 

そんなこんなで、

もはやこれからの家づくりは、

お金に対する考え方を変え、

その上で計画を立てていかないといけない

というわけですね。

 

たとえ、あなたの周りの人たちが

みんなそんなことお構いなしで

家づくりをしているとしても、です。

また、たとえ住宅会社の営業から

予算をもっとあげないとダメだと

言われたとしても、です。

 

✔️住宅ローン4000万円時代!?

 

仕事柄、銀行の方と

話をする機会が多いのですが、

その時よく耳にするのが

「この頃は4000万円ぐらい

借りる人が増えた」ということです。

しかも、このご時世なんで

ボーナスなしで、とのことです。

 

これを聞いた瞬間

「えっ!?冗談でしょ!?」

と言ってしまった僕ですが、

どうやら紛れもない事実のようです。

 

つまり、当たり前のように

月11万円以上もの返済を

(固定金利ならもっと高くなります)

これからずっとやり続けていくつもりだ

ということなんですが、

どう考えても僕には、

これは自殺行為にしか思えません。

 

例えば、

ご主人の年収が500万円だとしたら

この方は所得税で約10%(5%かも?)、

住民税で約10%、

社会保険で約13%ほど天引きされるため、

手取り金額は約335万円ほどになり、

これを12ヶ月で割ると、

毎月の平均手取りは

約28万円となるのですが、

ここから先程のローン返済を差し引いた

残りの額だけで生活していけるでしょうか?

 

車を維持し、食費に雑費、

携帯代に水道光熱費に塾代、

保険代に外食代に娯楽費、

その他諸々を17万円で

やりくり出来るでしょうか?

 

この他、家を持つと、

これまで必要じゃなかった

税金や火災保険、家のメンテ費や

将来に向けての修繕積立金なども

必要になるわけだし、

これに加えて、

子供たちの進学資金だって

積み立てしていかないといけない

わけですからね。

 

おそらく、

というより確実に無理ですよね。

貯蓄や積立をする余裕どころか、

必要なお金さえも

残らないかもしれませんよね。

 

つまり、この時点で

奥さんも働き続けることが

前提となってしまうのですが、

個人的に男性はここに頼り過ぎない

ようにすべきだと思っています。

 

奥さんは、働きたくても

思ったように働けない状況に

いつ遭遇するか分からないからです。

出産や育児、介護といった要因によって。

自分だって、その給料を

ずっとキープ出来る保証なんて

どこにもないわけですからね。

 

冒頭にもお伝えしたように、

これから先は、

これまでよりも厳しい時代を迎えるでしょう。

 

所得は思ったように上がらない中、

物価と税金と社会保険と金利が

上がることによって、

可処分所得は下がり、

さらに脱炭素というとんでもない

約束をしてしまったことによって

電気代だって想像を絶する価格にまで

跳ね上がるかもしれません。

 

なので、家を建てるにあたっては、

勢いと直感に任せて

楽観的に突き進まずに、

社会・経済の流れも勉強しつつ

現実を見つめ、将来を考えた上で、

「これならいける!」

という資金計画のもと

進んでいただければと思います。

 

いつも以上に余計なお世話の記事を

書いてしまって本当にすみません。

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。