両極な平屋の考え方

世間一般的には、

「平屋を建たいなら

土地は60坪以上は最低でも必要だ!」

と言われていますが、

土地面積が大きくなればなるほど

土地価格は高くなるし、

外構代も高くなります。

また、固定資産税も高くなります。

 

かつ、平屋を建てるなら

正方形(真四角)ではなく、

長方形(横長)で建てるべきだ

と言われていますが、

家の形は縦横のバランスがいいほど、

コストが抑えられるため、

この建て方は逆に家のコストを

押し上げてしまう要因となります。

 

そんなこんなで、自然と平屋は

家代も土地代も外構代も高くなり、

いつしか金持ちの家的なイメージが

出来てしまっているというわけですね。

 

で、ホントは平屋にしたいのに、

自分たちには無理なんだろうなーと

最初から諦めてしまっている人たちが

割といらっしゃるのではないでしょうか。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では今回は、

「平屋を建てるなら

最低でも60坪以上は必要だ!」

と言われている理由と、

「正方形(真四角)ではなく

長方形(横長)で建てるべきだ!」

と言われている理由について考え、

その後で正反対の考え方について

お伝えしていきたいと思います。

 

どっちが正しいとか

どっちが間違っているかという話ではなく、

あくまで「選択肢はそれだけじゃないよ」

というお話なので、

知識の幅を広げると思って、

読んでいただけたらと思います。

 

では、いきましょう!

 

✔️土地が60坪以上必要な理由

 


 

この図は、

60坪の土地に2階建てを建てた場合と、

同じ面積の平屋を

60坪の土地に建てた場合こうなるよ。

ということを記した図なのですが、

ご覧いただければ一目瞭然。

 

2階建ての家は南側の

境界までの距離が6mもあるのに対し、

平屋の家はわずか1mしかないため、

確実に南向きの部屋に

直射光が入ってきません。

 

それゆえ、平屋を建てる場合は、

2階建ての家のように、

南側の境界までの距離を

充分にとらなければいけない

というわけなんですが、

そうなれば点線で囲った分だけ

余分に土地を買わざるを

得なくなってしまいます。

この図だと約30坪ですね。

 

これが平屋を建てる場合、

「60坪では全然ダメですよー!

80坪〜100坪ぐらいは買ってきて

もらわないと話になりませんわ!」

と言われている理由ですね。

 

まー、赤のラインのところに

メインの採光を取る大きな窓を

つくるのが前提となっているなら、

いた仕方ない話です。。

 

✔️長方形(横長)じゃないとダメな理由

 


このロジックも至って簡単。

図のAとBを見比べていただくと

一目瞭然ですが、

正方形より長方形の方が

南向きの部屋をより多くつくれますよね。

 

また、真四角の場合、

家の中心付近には光が届きにくいのに対し、

横長にすればどこの部屋にも

満遍なく光が入ってきそうな気がするので、

その問題もあっさり解決出来るような

感覚に陥ります。

 

まー、実際のところは、

丸見え窓には全部

カーテンが閉まっているので、

「明るいのか?」と言われると、

「どーでしょーねー」

という感じなんですけどね。

 

そして、もう1つ

注目してもらいたいところが、

家の外周の長さです。

 

このAとBは形は違えど、

面積は全く同じなのですが、

実は外周の長さが違います。

足し算をしていただくと分かりますが、

Aが48mなのに対し、

Bは52mありますからね。

 

つまり、同じ面積でも、

正方形より横長になった方が

家のコストは上がってしまう

というわけなのですが、

これだって言われてみないと

案外誰も気付かないこと

だったりするんですよね。

 

✔️正反対の平屋の考え方

 

ではここからは、

これまでの話と

全て正反対の話をしていきます。

 

結論を先に述べると、

土地は60坪以下で充分だし、

かといって家が暗くなるわけじゃなく、

むしろ比較にならないぐらい

格段に明るくなるし、

土地代も家代も外構代も

全て抑えられますよー、という話です。

 

まず、土地が60坪以下でいい理由は、

日当たりが悪い土地なら

日当たりが悪い土地なりの

採光の取り方をするからです。

 

先程の図で言うと

南側の境界からわずか1mしか離れていない

赤ラインの位置に

LDKを持ってくるのではなく

南側の境界から充分な距離を取った場所に

LDKを配置するという感じですね。

そして、LDKの南側に中庭をつくり

たっぷりと直射光を確保する

という感じでしょうかね。

 

そして、どうしても

直射光が入らない場所には、

直射光が必要じゃない部屋を配置する

という感じですね。

太陽が昇っている間は使わない寝室とか、

自然な明るさの方が心地いい

子供部屋とか玄関とかですね。

 

これらの部屋には、

明るさは必要ですが、

かといってそれが直射光である必要はなく、

中庭からの間接光でもいいわけですからね。

 

そして、中庭があることによって

採光が安定するため、

採光のために家の外周部に

大きな窓をつくる必要がなくなります。

 

結果、間取りが分かりにくい

家が出来上がります。

スッキリした美しいデザインの

家が出来上がります。

家の外壁が塀代わりになる

家が出来上がります。

 

つまり、防犯やデザインのために

外構に費用をかける必要が一切なくなる

というわけですね。

これで、土地代と外構代を

グンとカット出来ましたね。

 

では、最後は家代です。

ぶっちゃけ家に関しては、

中庭をつくるとコストアップします。

外壁面積が中庭の分だけ

余分に必要になりますからね。

 

ゆえ、そのコストアップを相殺するために、

必要ないものを無くしたり、

あるいは必要なものでも

サイズを見直したり、

という工夫が必要となります。

 

とはいえ、大きな家をつくっても

実際使っている場所は限られているし、

やがて子供たちだって出て行き

後々は夫婦2人だけで住むわけなので、

冷静に考えてみるとこの見直しも、

そう難しいものでもないんですけどね。

 

要は、なんとなくの固定概念さえ

打破出来ればいいだけのことです。

これが出来ればコンプリートです!

 

無駄に多額のお金をかけることなく、

カッコよくて

メチャクチャ住みやすい平屋を

無理のない予算で

手に入れることが出来ます。

 

というわけで、

一口に平屋と言っても、

これだけ両極なタイプが存在することも

頭の片隅に置いておいて

もらえたらと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。