実体験による失敗談

我が高根家は、

寝室と衣類クローゼットをどちらも

2階につくるという痛恨のミスを

犯してしまったがために、

まーまー不便でめんどくさい日常を

送っております。

 

まず、家に帰ってきて

パジャマに着替えた後、

今日着ていた衣類を全て

2階まで持って上がらないといけません。

 

これをしないと、

日々着々とダイニングチェアーに

パンツが積み重ねられていくし、

絶好のハンガーパイプ代わりとなる

今や誰にも使われていない

ランニングマシーンに所狭しと

上着を吊ってしまうからです。

 

つまり、僕の横着のせいで、

居間がガチャガチャしてまうわけですね。

あっ!?娘たちのパジャマや制服も

ソファーに転がっていますね。

 

そんなこんなで、

日々この行動をするように心がけている

自分に厳しい?僕なのですが、

実は、この行動は

更なるめんどくさい問題を

僕に与えてくれるんです。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

その問題とは、

朝起きて1階に降りる時に

今日着る服を全て準備して

持って降りてこないといけない

ということです。

 

だって、そのタイミングで

持って降りてこないと

身支度する時に再び2階に

上がらないといけませんからね。

めんどくさいったら

ありゃしないってわけですよ。

 

そんなこんなで、

夜寝る前に明日着る服を

きちんと準備するという

几帳面な暮らしをしている僕なのですが、

3回に1回は靴下やら上着やらを

2階に置き忘れてしまい、

泣く泣く2階に上がっているので、

つくづくこの間取りの不便さを

痛感している今日この頃でございます・・

 

というわけで、

今回はその解決策を

お伝えしていきたいと思います。

うちが提案するプランには

99.9999%含まれていることです。

 

✔️平屋にする

 

この上と下を行ったり来たり問題は、

2階さえつくらなければ一瞬で解決します。

なので、平屋が建てられる土地なら、

平屋一択にすべきだと思います。

 

想像してみてください。

寝室も子ども部屋も衣類クローゼットも

全てが居間と同じフロアにある暮らしを。

片付けるのも取りに行くのも

便利だと思いませんか?

 

きっと子どもたちも

自分の部屋をふんだんに

使ってくれることでしょう。

よちよち歩きの小さなうちから。

 

想像してみてください。

洗濯物を2階に干しに行くこともなければ、

洗濯物を2階に取り込みに行くこともなく、

洗濯物を片付けるために

上下を行ったり来たりする

必要がない暮らしを。

つまり家事動線なんて

全く気にしなくていい暮らしを。

 

きっと、それだけで

家事時間の短縮になるでしょうし、

子供から目を離すこともなくなるし、

なにより気持ちにゆとりが

生まれることでしょう。

 

というわけで、

弊社では見事なまでに平屋推しだし、

実際、約80%のお家が平屋なのですが、

とはいえ、土地の広さ的な問題で

平屋が建てられない場合もあるので、

そんな場合は、

 

✔️衣類クローゼットだけでも1階につくる

 

ことをオススメしています。

部屋は2階にせざるを得ない場合でも、

衣類置き場だけでも

1階につくっておけば、

僕が直面している問題は

99.9999%回避出来るからです。

 

上下移動は足腰が劣化しつつある

ジジイの僕だけじゃなく、

お若い我が家の娘さんたちも

随分めんどくさそーですしね。

 

というわけなので、

僕の実生活の経験談から

同じような失敗だけは

しないようにしていただけたらと思います。

 

ほんのわずかな違いのようですが、

暮らしやすさに大きな違いをもたらすので、

ぜひ参考にしてください!

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。