平屋のススメ(強度編)

高い耐震性を備えた

家を建てることは

今や当たり前のことですが、

そのために弊社では

「2階建て」ではなく

「平屋」をオススメしています。

 

というのも、2階建ての家は、

平屋に比べて家のバランスが

悪くなりやすい傾向があるからです。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

まず2階建ての家は、

2階の壁量に対し

2階を支える1階の壁量が

少なくなりやすいという特徴があります。

 

2階にはプライベートルームを

細かく区切ってつくるのに対し、

1階には大空間のパブリックスペースを

つくるのが一般的だからです。

 

つまり、

2階に柱や壁の数が増えることによって

上からの荷重が大きくなるにもかかわらず、

それを支える1階に

柱や壁が少なくなってしまうから、

というわけですね。

 

圧倒的に過ごす時間が長い

パブリックスペースを、

明るくしたいという気持ちから

どうしても1階には窓を

必要以上につくりやすいですしね。

 

また、一般的に

南には出来るだけたくさん窓をつくり、

逆に北には出来るだけ窓を

つくらないようにしていると思いますが、

これも家のバランスが悪くなる

原因の一つとなります。

 

南には壁がほとんどないのに対し、

北にはたくさん壁が出来るからです。

つまり、南と北の壁のバランスが

悪くなってしまうからですね。

 

その上、2階建ての場合、

2階の南にはベランダやバルコニーを

張り出してつくることが多く、

支える壁が少ない南に

より大きな負荷を

かけてしまうわけですしね。

 

✔️2階建てならではの制約

 

それゆえ2階建ての場合、

高い耐震性を維持するために

何らかの皺寄せを

飲み込まざるを得ません。

 

例えば、耐震等級3を取りたい場合、

間取りに何らかの制限が

発生することがあります。

せっかくの大空間のド真ん中に

柱や壁が必要になったり、

南の窓のサイズを

小さくすることになったり、

という感じですね。

 

また、その制限を飲み込んだ上で

さらに「制震装置」も

設置しなければいけないかもしれません。

 

2階建ての場合は、

台風の時や爆弾低気圧の時に、

強風の影響で家の2階部分が

グラグラと揺れやすいし、

トラックや工事車両のような

大型車両が通行した時にも

同じように2階部分が

グラグラと揺れやすく、

それらを小刻みにくらうことは

地震を小刻みにくらっているのと

同じようなものであり、

それはつまり耐震金物を緩めてしまう

原因となる可能性が高いからです。

 

そして、そのために、

40万円〜50万円のオプション費用を

半強制的に払わざるを得なくなってしまう

というわけですね。

それで安心を買っていると考えたら、

そりゃあ、出さざるを得ませんよね。

 

そんなこんなで、可能であるならば

「平屋」を建てた方がいい

と思っている次第であります。

 

平屋にすれば、

強風や車両振動の影響を受けにくいし、

地震の影響も受けにくいため、

基本、制振装置を設置する必要がないし、

上からの荷重も少ないし、

ベランダやバルコニーといった

さらに耐震性を悪くするものを

つくる必要もありませんしね。

 

後は、南と北の壁量バランスが

悪くならないようだけ気を配りながら

間取りを考えていけば、

天然で耐震性が高い家が完成する

というわけですね。

かつ、家が長持ちする耐久性の高さも。

 

✔️土地に合わせることが重要!

 

そして、建てる家を土地に合わせることが

耐震面において

とっても大切なことではないでしょうか。

 

例えば、交通量が多い

幹線道路に面した土地で家を建てる場合、

通行車両の振動の影響を受けやすいため、

出来るだけ家の重心を下げるべきだし、

海に近い場所で家を建てる場合も、

日常的に強風にさらされるため

出来るだけ重心を低くすべきです。

つまり、可能なら

「平屋」にすべきだということですね。

 

また、周囲に家が建っていない場所で

家を建てる場合も、建てられるなら

「平屋」にすべきだと思っています。

 

台風の時や爆弾低気圧の時、

風を遮ってくれる建物がなければ、

モロに強風の影響を

受けることになるからです。

 

そんなこんなで、

立地という点も建てる家に

大きな影響を与えるということも

覚えておいていただけたら

と思っている次第であります。

 

まー、個人的には、

たとえ日当たりが悪い土地で

平屋を建てるにしても、

99.9999%採光の心配をする

必要もないので、

そこそこ住宅が密集している土地の

日当たりが悪い売れ残り的な土地が、

土地も無駄に広くなさそうだし

価格面も優遇してくれそうな気がするんで

一番オススメなんですけどね。

 

とはいえ、密集地の場合は

近隣に建っている家には

気を付けないといけないんですけどね。

 

ボロボロの家だった場合、

地震の時に

家が倒れかかってくるかもしれないし、

シロアリの巣窟にみたいになっていたら

シロアリが飛んでくるかもしれないし、

万が一の火災の時に、

飛び火してくるかもしれませんからね。

 

というわけなので、

家はどんな土地でも出来るだけ

「平屋」にした方がいいということ、

そして建てるお家は、

立地や近隣環境などにも目を配りつつ

考えなければいけないということも

覚えておいていただけたらと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。