資金計画よりも大事なこと

家づくりを具体的に進める前に

「資金計画」をすることは

徐々にどこの住宅会社でも

当たり前になりつつありますが、

この資金計画をするにあたって

なにより大事なことが、

「何を根拠にローンの返済額を

その金額に決めたのか?」です。

 

というのも

この根拠がしっかりしていないと、

あれよあれよという間に

予算が上がってしまいやすいからです。

あるいは、住宅会社の都合が良いように

予算を上げられてしまいやすいからです。

 

とりわけ原材料費のインフレによって

建築コストが上がりつつある現在は、

その度合いも大きくなりがちなので、

どこまでなら大丈夫で

どこからがダメなのかのラインを

自分自身が正確に把握出来るように、

資金計画をする前に

一手間かけていただくことをオススメします。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

というわけで今回は、

「資金計画の前準備」について

お伝えしていきたいと思います。

 

要は、資金計画では最初に

銀行からの借入額を決定するので、

借入額を決定するにあたり必要な三要素

「返済額」「金利」「年数」の中の

「返済額」をいくらにすべきなのかを

決定するための根拠を出す

ということですね。

 

✔️家計の収支と今後を考える

 

現実と向き合い過ぎると

やたらとブルーになるので、

ぶっちゃけ僕自身も

出来ればあんまり正確に

収入や支出を把握したくないのですが、

家を建てる時には

まずここから始めるべきだと思います。

 

現実的にそれぞれが手取りで

どれくらいずつ収入があって、

その中で何にどれくらいお金を使ってて、

どれくらいを貯金や保険に回してるのかを

全て洗い出して把握するということですね。

 

出費の内訳としては、

家賃、駐車場代、電気代、ガス代、

水道代(下水道代)、家の家財保険代、

車のローン、ガソリン代、車検代、

車の保険代、車の税金、車のメンテ代、

習い事代(塾代)、携帯代、ネット&TV代、

美容室代、外食代、衣料品代、旅行代、

サブスク代(音楽・本・新聞・映画など)、

食料品代、日用品代、小遣い、貯金、

生命保険代、医療保険代、学資保険代、

といったところでしょうかね。

どこの家庭でも共通して必要そうなのは。

 

あと、奨学金を使って大学に行ってた場合、

40歳ぐらいまで奨学金のローン返済と。

 

なので、まずはこれらそれぞれに

どれくらいお金がいっているのか

ある程度正確に把握することから

始めていただければと思います。

 

そして、次に考えていただきたいのが、

今後はもっと出費が増えるということと、

家を持つとさらに出費が増える

ということです。

 

出費が増える理由は、

子供の成長と共に食費も高くなるし、

外食や旅費も高くなるし、

習い事や塾代も高くなるし、

携帯代も高くなるからです。

 

とりわけ大学に行くとなれば、

県外なら学費の上に家賃と生活費が、

県内なら学費の上に車代とガソリン代、

車検代と保険代と税金が

それぞれ必要になってくるので、

早い段階からその備えをしておかないと

家計が火の車になるのは必至です。

 

ゆえ、子供の成長と共に

出費が増えていく中、

この難局にも備えていかないと

いけないというわけです。

 

「みんななんとかなってるから、

自分たちもなんとかなるだろう」

なんて考えてしまった暁には、

子供たちが巣立った後も、

ローン地獄から抜け出せなく

なってしまうだけですからね。

 

また、それと同時に

早い段階から考えておいた方がいいのが、

不透明な老後への備えです。

 

老後資金に関しては、

夫婦そろって75歳まで働き続け、

75歳から年金をもらうようにすれば、

年金だけで十分ゆとりを持って

暮らしていくことが出来るので、

この備えとは、

あくまで体調的な理由で

十分に働けなくなった時のための

保険的な意味合いなんですが、

まーこの先何があるかは

誰にも分からないので、

備えておくに越したことはないですもんね。

 

そんなこんなで、

こういった費用がこれから先

別で必要になるということを

覚えていてもらえたらと思います。

 

✔️家を維持していくためのお金

 

しかし話はこれでは終わらず、

家を持ったからには

当然、維持していくためのお金が

さらに必要となります。

 

まず、4月に納税通知が届く固定資産税。

(徳島市はこれに加えて都市計画税も)

次に、火災保険。(入るなら地震保険も)

そして、定期的な外壁塗り替え費用。

(15年に一度ぐらいにペースです)

さらに、水回りの入れ替えに伴う修繕工事。

(20〜25年に一度ぐらいのペースです)

最後に、家電製品の買い替え費用。

 

以上が家を持っている限り

ずっと付き纏い続けるコストなのですが、

要は先程の費用に加えて

これらの費用の積立資金も考慮した上で

毎月のローン返済額を決めないと

いけないというわけですね。

 

じゃないと、

子供たちの教育ローンよろしく

リフォームローンに頼ることになり、

死ぬまでずっと借金地獄から

抜け出せなくなってしまいますからね。

家計が厳しくなれば、

車だってローンで買うしかなくなる

でしょうしね。

 

というわけなので、

単純に家賃と比較して

いけるかどうかを決めるなんていう、

危険な賭けだけは

絶対にしないでもらえたらと思います。

 

家計の収支と今後の必要経費を

全てテーブルの上に出し把握した上で

返済額を決める。

 

めんどくさがらずこのルールに従って

家づくりを一歩一歩

進めていただければと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。