資金計画の事前準備のやり方

ローン返済額を

根拠に基づいて決めたいと思ったら

まずは家計の収支を把握してください

というお話を前回しましたが、

では、あなたはどれくらい

家計の収支状況を

把握されているでしょうか?

 

ぶっちゃけた話、

僕もそうですが

どんなものにお金がいっているのかは

なんとなくは理解しているけど、

じゃあ具体的にどれくらいなのかまで

把握している方は

割と少ないんじゃないでしょうか。

 

なので、今回は予行練習がてら

僕個人の独断と偏見による

一般的だと思われる家庭(子供2人)

をモデルにして家計の収支を

洗い出していってみたいと思います。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc. 高根です。

 

というわけで、

今回は数字が飛び交いますが、

数字アレルギーにならず

最後までお付き合いいただければと思います。

かつ、自分ごとに置き換えて

シュミレーションしてみてください!

 

では、まずは収入からですが、

仮にご主人の年収が400万円で

奥さんの年収が300万円だとしたら、

おそらくご主人の手取りは

毎月平均24万円ぐらいで、

奥さんの手取りは

毎月平均18万円ぐらいだと思います。

つまり、合わせて毎月42万円ぐらいが

このご家庭の収入ということですね。

 

続いて、支出です。

前回お伝えした項目に

数字を当てはめていってみますね。

・家賃+駐車場代=月70,000円

・電気代=月平均5,000円、

・ガス代=月平均5,000円、

・水道+下水道代=月平均4,000円、

・家財保険代=月平均1,000円、

・車のローン(2台分)=月50,000円

・ガソリン代(2台分)=月平均30,000円

・車検代(2台分)=月平均8,000円

・車の保険代(2台分)=月平均8,000円

・車の税金(2台分)=月平均4,000円

・車のメンテ代(2台分)=月平均1,000円

・習い事代(2人分)=20,000円

・携帯代=12,000円

・ネット&TV代=7,000円

・美容室代(2人分)=月平均12,000円

・外食代=月平均10,000円

・旅行代=月平均10,000円

・サブスク代=月5,000円

(ネットフリックスやアマゾンなど)

・食料品代=月平均100,000円

(日用品代・化粧品代・衣料品代なども含む)

・小遣い(ご主人の分)=20,000円

・生命保険代=月10,000円

・医療保険代=月5,000円

・学資保険代(2人分)=20,000円

ざっとこんな感じでしょうか。

 

これらを合計すると

417,000円となったので、

仮にこれに加えて奨学金があるとしたら、

貯金が出来ないどころか、

これまで貯めた貯金を吐き出すような

状態になっているということになります。

 

それゆえ、このご家庭に関しては、

返済額をいくらにするかの前に、

この家計を矯正しなければいけません。

現状では、家賃並みの返済でも、

破産してしまうかもしれませんからね。

 

✔️見直すべき点は3つ

 

まず、見直すべきところは

車にかけるお金です。

上記項目の中で、

車に関連した費用を合計すると

1台所有すれば毎月5万円かかる

わけですからね。

 

なので、車の台数を1台にし

チャリか原付にするとか、

(これが最も効果があります)

あるいは、買う車を中古にし、

車体価格をグンと抑えるとか、

ランニングコストとなる燃費を

グンと抑えられる車にするといった

工夫をなるだけ早くすべきだと思います。

 

続いて見直すべきところは、

生命保険です。

理由は、家を建てると必然的に

団体信用生命保険という掛け捨ての

定期保険に入ることになり、

もしものことがあった場合、

住宅ローン返済がなくなるからです。

 

それゆえ、家を建てると同時に、

もしもの時に備えた生命保険は

解約してもらって問題ないというわけです。

もしものことがあれば、

遺族年金も国から支給されるし、

家計の負担もそれなりに減るわけですしね。

 

そして、最後に見直すべきところが、

学資保険です。

これをやめた方がいい理由は、

全くお金が増えないからです。

ゆえ、これも今すぐにやめてもらっても

全然問題ないかと思います。

 

というわけで、

まずはこの3つを

率先して見直してみてください。

おそらくこれで最低3万円、

うまくいけば8万円近く

お金が浮いてくるわけですからね。

 

✔️浮いたお金はどうする?

 

個人的には、

ここで浮いてきたお金は

まずは「つみたてNISA」に

注ぎ込むべきだと考えています。

 

それぞれ毎月33,333円ずつ

かけることが出来るので、

出来るだけここに

より多くの資金を投入してください。

 

細かい説明はここではしませんが、

要は、ここにお金を移すのが、

一番お金が増える可能性が高いからです。

かつ、必要なタイミングで

お金を引き出すことも出来るからです。

 

おそらく、子供たちが小さいうちから

真面目にコツコツと

ここで積み立てしていけば、

きっと子供たちの大学進学に関連する

一切の費用をここから捻出出来ると思います。

 

あるいは、場合によっては、

家の修繕費用までも

ここから捻出することだって

出来るかもしれません。

 

ゆえ、まずは

この「つみたてNISA」に問答無用で

浮いたお金を優先して注ぎ込んでください。

 

そして、それでも

まだ資金的にゆとりが出来たとしたら、

国民年金、厚生年金に上乗せして

入ることができる私的年金の

「iDeCo」にお金を注ぎ込んでください。

 

これも「つみたてNISA」同様に

お金が増える仕組みになっているし、

所得控除もしてくれるので、

ものすごく素晴らしい制度なのですが、

後回しにした理由は、

年金という性質を持っているがゆえ

60歳までお金を引き出せないからです。

 

ですが、これらはこれから先確実に

あなたの暮らしを助けてくれるはずです。

 

なので、先程の3つを見直すことで、

あるいはさらに家計の無駄を見直すことで、

「つみたてNISA」と「iDeCo」に

優先的にお金を回すようにしてください。

 

そして、その上で、

毎月のローン返済の額を

決めてもらえたらと思います。

 

先程リアルに数字をご覧いただいたので

すでにお気付きかと思いますが、

よほど突き抜けて収入が高くない限りは、

たとえ共働きといえど、

決して生活が楽なわけではないはずです。

 

なので

世間の当たり前にとらわれず、

資金計画の事前準備を

絶対に怠らないこと、

そして夫婦で未来の計画について

よく話し合ってもらえたらと思います。

 

こりゃ2人だけじゃどうにもならないな・・

と思ったら、

いつでもご相談に乗らせていただくので、

お気軽にご連絡ください。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。