設計の考え方と土地を見る視点

この写真の土地は

弊社の近くにある売り土地で、

法務局に備え付けられている寸法図によると

間口約9.25m×奥行き約16.75m 、

面積約47坪の北向きの土地なのですが、

さて、あなたがこの土地で

家を建てなければいけないとしたら

どんな家を想像するでしょうか?

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

というわけで今回は、

この土地に

家を建てなければいけないとしたら

弊社ではどんな住まいを

提案するのかについて

お伝えしていきたいと思います。

 

あくまで

弊社ならではの考え方ではありますが、

これから土地選びをする方はもちろん、

すでに土地を買ってしまった方も

多少なりとも参考になる内容だと思うので、

最後までお付き合いの程

よろしくお願い申し上げます。

 

✔️考えられるデメリットを解決する

 

まず、家を建てる方みんなに

お伝えしていることが、

間取りは建てる方の要望だけじゃなく

環境を考慮しておかないといけない

ということです。

 

環境を無視して家を建てると、

いざ住んでみると

「あれっ?こんなはずじゃなかったのに」

ってなることが起こってしまうからです。

 

その代表的なことが、

日当たりも良いし

窓をたくさんつくったにもかかわらず

照明なしでは過ごせないという状況です。

 

この土地は北向きであり

かつ奥行きも深めであるため、

リビングを道路と反対側に配置しやすいし、

採光も確保しやすいし、

南向きの土地に比べて

プライバシーも担保しやすいものの、

通過する汽車や

その向こうのにある教習所から

見られてる感が出やすいことから

単純に南に大きな窓をつくり

そこからの採光を頼りにし過ぎると

そのような状況になりかねませんからね。

 

また、今は両隣ともに平屋であるため、

東・西そろって採光が確保しやすいのですが、

この古さを見る限り

いつ建て替えが行われてもおかしくないので、

それも考慮しておくべきです。

 

2階建てが建つとなると、

比較的太陽高度が低い東、西は

採光にモロに影響が出るでしょうし、

西側の平屋に至っては空き家なので

もしかしたらすぐに売りに出されて

建て替えられるかもしれませんからね。

 

さらに、この土地は

間口がそれほど広くないため、

居室の日当たりを優先し

水回りを北にまとめて

配置しがちになってしまいますが、

これも大きな後悔を引き起こす

原因となります。

 

北に水回りをまとめると、

窓や換気扇や給湯器が

全て北に存在することになり、

これらが家を汚す原因となるからです。

北は直射日光が当たらない分、

ただでさえ汚れやすいのに、

それに拍車をかけてしまうわけですからね。

 

結果、家の正面が汚くなりやすく、

メンテナンス周期が早くなる

可能性が高くなるというわけです。

家の正面だって

カッコよく設計しにくいわけですしね。

 

そんなこんなで、

考えられるこういったデメリットを

全て解決する方法も考えながら、

どんな家にしたいのかという要望を

お聞きしていくという流れになります。

 

これが土地が決定した時点で行う

「ヒアリング」という作業ですね。

 

✔️敷地を有効に使う

 

そして、どんな土地であっても

弊社では「平屋」に出来ないかを

優先して考えるようにしています。

 

この土地の場合、

車を3台置きつつ駐輪場もつくれて、

かつ最大89.43㎡(約27坪)という

(間口8.19m×奥行き10.92mで計算)

建築面積の平屋を建てることが出来ます。

 

仮に玄関ポーチを0.5坪(1帖)

中庭を3坪(6帖)つくるとしたら、

延床23.5坪の平屋なら

建てることが出来るというわけですね。

 

では、この平屋は

一体どれくらいの広さなのか?

1坪=2帖なので、

23.5坪×2=47帖だとして、

どれくらいの家になるのか

考えていってみますね。

 

玄関とホールに2帖、玄関収納に1帖、

LDKに16帖、

寝室に6帖、子供部屋に4.5帖ずつ、

トイレに1帖、洗面に1帖、

脱衣に2帖、風呂に2帖、

ウォークインクローゼットに3帖、

子供部屋に合計2帖のクローゼット、

パントリーに2帖、

これで合計47帖(=23.5坪)ですが、

仮にあなたが

「あれっ?全然これで住めるやん!」

「っていうか、これで充分やん!」

と感じられるのであれば、

実は、この広さの土地でも

全然平屋を建てることが

出来てしまうんですよね。

 

いかがでしたか?

たった47坪しかないのに

「平屋」が建つなんて

何だかビックリでしょ?

しかも、6帖の中庭付きで。

 

これに加えて、

敷地に無駄な余白を残さなくなる分、

外構面積も小さくなるため、

外構費用だって抑えられますしね。

 

というわけで、

今回は弊社の家づくりの考え方を

具体的に土地に落とし込んで

お伝えしてみました。

 

みんながみんな

参考になるかどうかは分かりませんが、

なるほどと思ったことは

参考にしてみてください。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。