本当に大切な要望を打ち消す要望

「こうしたい!」

という要望を伝えつつも、

同時にその要望から

遠く離れてしまうようなことを

伝えてしまうことが多いのが

家づくりの困ったところです。

 

例えば、

「温度差の少ない快適な家にしたい」

という要望を叶えるためには、

ただ単に断熱材や窓の

性能が良いだけではダメで、

それに加えて幾つかの条件を

備えておかないといけないのですが、

あまりに性能だけを重視する考え方が

浸透し過ぎたせいもあるのか、

実際建っている家の多くは、

その性能のポテンシャルを

殺してしまっているような気がします。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

というわけで今回は、

ハイスペック(高性能)住宅の

ポテンシャルを最大に引き出せる

3つの基礎的要素について

お伝えしていきたいと思います。

 

3つ全てを網羅出来れば

より快適な住まいになるのはもちろん、

確実にコストも安くなるはずなので、

必要な知識として

吸収していただけたらと思います。

 

✔️窓はより少ない方がいい

 

まず1つ目がこれです。

窓と壁とを比べた時、

確実に壁の方が断熱性能が高いからです。

 

ゆえ、出来るだけ不要な窓は

減らした方がいいのですが、

そうすると暗くなるんじゃないか?

という懸念点から

多くの方が窓を増やしてしまっている

というのが現実だと思います。

 

まー実際、

たとえ窓を増やしたとて

そのほとんどにカーテンをつけるので

明るくなるかというと

そうでもないんですけどね。

 

それどころか、

むしろ断熱性能を劣化させると同時に、

窓とカーテンに余分なコストがかかり、

経済的な負担だけが上がってしまっている

といったところでしょうか。

 

✔️家はコンパクトな方がいい

 

2つ目がこれです。

面積が小さくなれば体積も小さくなり

家全体に冷暖房が

循環しやすくなるからです。

 

ゆえ、なくても問題がない場所は

出来るだけ省くようにすべきなのですが、

先入観や見栄からか

部屋数や部屋の広さ、

そして家の坪数にこだわるあまり、

むやみやたらと

家を大きくしてしまっている方が

かなりたくさんいらっしゃると思います。

 

また、「廊下」は空気を遮断する

いわば断熱材のような

役割を果たしてしまうため、

ハイスペック住宅では

基本つくるべきではありません。

 

ゆえ、出来るだけ

廊下をなくすように設計することも

とっても大切なことなんですよね。

 

実際、廊下がなくなれば、

空気が循環しやすくなると同時に、

廊下分だけコストが削減出来るし、

それだけじゃなく

家の中のドアの本数だって

多少なりとも削減出来ますからね。

 

✔️家は平屋の方がいい

 

そして最後の要素がこれです。

2階建ては上下の空気が

確実に分断されてしまいますからね。

 

簡単に申し上げると、

夏は下が涼しいのに上が暑い、

冬は下は寒いのに上が暖かい、

という環境が出来上がってしまいやすい

というわけです。

 

ゆえ、2階建ての場合は、

この自然現象を緩和し

家の中の温度差を最小限にするために、

冷暖房と換気システムを利用した

空調システムを導入することを

オススメする住宅会社が

たくさんいらっしゃいます。

 

もちろん、この空調システムは

とっても良いものですし、

あるのとないのとでは

快適性がものすごく違うと思うのですが、

しかし、これにも莫大なコストがかかる

ということも決して忘れてはいけません。

 

安価なものでも100万円ぐらいはするし、

メーカーによっては2、300万円する

場合もありますからね。

しかも、電気製品なんで

ゆくゆくは故障する可能性が高いし、

その場合、また途方もない費用が

かかるかもしれませんしね。

 

そんなこんなで、

そんなものが必要なくても

そもそも温度差を生みにくい

平屋にすべきだと

思っている次第であります。

それだけでかなりコストが

削減出来ますからね。

 

というわけで、

これから家を建てようと思っている方は、

この3つをぜひ覚えておいて、

建てる時にこの3つと反対のことを

伝えないようにしてもらえたらと思います。

 

「カーテンがいらないコンパクトな平屋」

これにハイスペックが加われば、

とっても快適に暮らせること

間違いなしだと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。