本当に大切な要望を打ち消す要望 その2

いつ起こるか分からない

東南海大地震に備えて

津波のリスクがない土地を選び、

大きな揺れから身を守ることが出来る

耐震構造にしたいというのが、

これから家を建てる方に共通した

大切な要望だと思います。

 

そして、それを実現するために

耐震等級3を取得することや

制震ダンパをつけることが、

現在の家づくりでは

当たり前になっているのですが、

それ以上に大切なことが

バランスのいい家を建てること

ではないでしょうか。

 

つまり、

耐震等級3や制震ダンパによって

高い安全性を担保するより前に

そもそもバランスのいい構造に

設計すべきなんじゃないか

というのが僕の持論です。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

というわけで今回は

バランスがいい家を建てるために

知っておいてもらいたいことについて

お伝えしていきたいと思います。

 

これを実現するためには、

お施主様の理解が必要不可欠なので、

最後までお付き合いください。

 

✔️バランスが悪くなる理由

 

家のバランスが悪くなる一番の理由は、

「2階建てありきの間取り」だと思います。

なぜそれがダメなのかと言うと、

1つは上下のバランスが悪くなるから、

そしてもう1つは、

南北のバランスが悪くなるから、です。

 

上下のバランスが悪くなる理由は、

LDKという大空間をつくる1階に対して、

2階は細かく区切って個室をつくるため

1階への荷重が大きくなってしまうからです。

 

しかも、明るくしたいLDKには

より多く窓をつくろうとする傾向があるので

なおのことバランスが

悪くなってしまいますしね。

 

南北のバランスが悪くなる理由は、

採光のために

南には窓をたくさんつくる反面、

北には窓をほとんどつくらないからです。

その上、多くの方が

南に突き出してベランダをつくりますしね。

 

これらの結果、2階建ての家は

どうしてもバランスが悪くなってしまうため、

それを補うために耐震等級3の計算をし、

バランスを整えるための補強をしたり、

制震ダンパをつけなければいけなくなる

というわけですね。

 

✔️バランスのいい家を建てるためには?

 

では、バランスのいい家を建てるためには

一体どうしたらいいのか?

 

それは、単純に

先程の2つをなくせばいいだけです。

要は「平屋」にしながら

南北の壁量バランスがいい家にすればいい

というわけですね。

 

平屋にすれば、

上からの荷重負担がかなり小さくなります。

その上、重心が低くなることによって

強風や重量車両通行による揺れを

大幅に緩和出来ます。

 

なので、平屋にすることが

一番高い安全性の確保だと思います。

そして、その上で

保険のために耐震等級3を取ったり

制震ダンパをつければいいのではないかと。

それでも不安であるならば。

 

「平屋は高い」とか

「平屋は土地が広くなきゃダメだ」という

先入観が市場に出回っていますが、

実のところ平屋も2階建ても

価格はそう変わらないし、

60坪もあれば十分大きな

平屋を建てることが出来るので、

これに関しても

決して正しい情報じゃありませんしね。

 

続いて、南北の壁量バランスがいい

家を建てるための方法ですが、

これに関しては、

そう簡単に実現出来るものではありません。

 

というのも、

これを実現するためには、

そもそもヒアリングのやり方から

180度変えなければいけないからです。

 

具体的には、

一般的なヒアリングが

部屋の広さから部屋数や部屋の配置、

動線から収納の位置や分量に至るまで

それだけで間取りが固定されてしまいそうな

要望を全て聞き出すのに対し、

これを実現するためのヒアリングとは、

間取りが固定されてしまいそうな要望は

基本的には聞かないというスタンスを

貫かないといけないという感じですね。

 

聞き出せば聞き出すほど、

その要望を実現せざるを得なくなり、

結果、本当に大切な耐震性よりも

要望の方を優先する形に

なってしまいますからね。

 

おまけに聞き出した要望自体が、

その土地に必ずしもフィットしている

とも限らないですからね。

 

いや、むしろ大抵の場合、

全くフィットしておらず、

それが結果的に暗さや住みにくさの

原因になってしまっているでしょうしね。

 

聞けば聞くほど家は大きくなり、

それはコスト面にも

必ず跳ね返っていくでしょうしね。

 

そんなわけで、

バランスがよく高い耐震性のお家を

少しでもコストを抑えながら建てるためには、

この2つ目の要素が

とってもとっても大事だということを

覚えておいていただければと思います。

 

部屋の配置や動線などは

土地によってベストな形が

全く違ってくるのですが、

その辺は安心して

プロに任せていただければと思います。

 

それが結果的に

自然と高い耐震性を持った

お家を建てる方法ですから。

 

それでは、、、

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。