廊下が低下させる2つの機能

個人的には、出来るだけ

「廊下」をつくらないようにしながら

家を建てるべきだと考えています。

 

というのも、

ただ通るだけの機能しか持たない

廊下といえど、

つくるためには部屋や収納と

同じだけのコストがかかるからです。

 

かつ、廊下は

これからお伝えする2つの大切な機能を

低下させる原因にもつながりますしね、

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、

廊下が低下させる2つの機能とは何か?

まず1つ目が、

「断熱性と気密性」です。

 

といっても、

廊下があるからこれらの機能が低下する

という意味合いではなく、

廊下があることによって、

その本質的な良さを殺してしまう

という意味合いですね。

 

高断熱化する意味は、

外の空気の影響を受けにくくすること。

つまり、昔の家みたいに

「外と中の気温一緒やん!」

みたいな状況をなくすためですね。

 

そして、高気密化する意味は、

中の空気を外に逃さないようにすること。

つまり、昔の家みたいに

「これホンマにエアコン効いとん?」

みたいな状況をなくすためですね。

 

で、この2つの相乗効果によって

家の中全体に空気が行き届きやすくし、

どこにいてもそれほど温度差がない

住まいをつくる上げる

という感じなのですが、

この素晴らしい機能を殺してしまうのが

実は廊下です。

 

廊下へと通じるドアは

締め切ってしまいやすいからです。

つまり、そこで空気の流れを

断ち切ってしまうというわけですね。

たとえ、ドアの下から多少は空気が

流れるようになっているとはいえ、です。

 

また、廊下と同じような

役割を果たすのが「階段」です。

リビング階段が主流となった現在は、

冷暖房の効果が及びにくい

2階の廊下から冷んやりとした空気が

階段を通じて流れてきますからね。

 

そんなわけで、

廊下もなくした方がいいし、

階段もなくしたほうがいいと

思っている次第であります。

 

要するに階段と廊下が

必ずといっていいほどセットで出来る

2階建てではなく平屋にした方がいい

ということですね。

 

そうすればコストも安くなるし、

体積も小さくなり、

冷暖房効果がもっと良くなりますしね。

 

逆に、廊下も階段もつくりながら

超ハイコストな換気システムを導入する

という建築代がバカ高くなる

セレブリティな方法もありますが、

もちろん弊社では

こちらの解決策はオススメはしていません。

 

✔️みんなが大好きなアイデア

 

そして、廊下によって低下する

もう1つの機能が「収納力」です。

つまり、収納を通り抜けたいがために

収納の中に通路をつくってしまうことが

よくないということですね。

 

例えば、

3帖のウォークインクローゼットは

縦が2.6mで横が1.69mなのですが、

ここには棚1段あたり

約5.5m物を置くことが出来ます。

 

しかし、このクローゼットを

通り抜けるようにした瞬間、

物が置ける量が

半分まで低下してしまいます。

3帖のうち1.5帖は通り抜けするために

物が置けなくなるからです。

 

結果、収納をたくさんつくったはずなのに、

いざ荷物を置いてみると、

思ってた以上に置けなかった・・という

最悪な状況が待っている

というわけですね。

 

その上、ドアも1つ余分にいるし、

スイッチも1つ余分にいるので、

確実にコストも上がっていますしね。

 

いかがでしたか?

たった廊下1つの考えだけで、

家の機能性もコストも

ずいぶんと変わるということが

お分かりいただけたのではないでしょうか。

 

ということで、

「なんとなく2階建てにすること」と

「闇雲に通り抜け動線をつくること」

この2つには注意しながら

家づくりをしていただけたらと思います。

 

それでは、、、

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。